ラッパーのZeebraさんが、自身のツイッターで息子・長男に第1子男児が誕生し、49歳で、おじいちゃんになったことを明かしました。

Zeebraさんは、1991年に結婚した奥さんとの間に、長男を含む2人の男児を設けますが離婚。

2002年にはモデルの中林美和さんと結婚し、女子2人のパパでもあります。
1991年に結婚した奥さんは一体、誰なのでしょうか。

息子さんや娘さんの画像についてもご紹介します!

 




 

Zeebraの元嫁は誰?2歳年上の女性

Zeebraさんは、1991年、20歳のときに2歳年上の女性と結婚しています。

1992年に次男のRen Yokoiさんが生まれていますので、長男さんは年子なので、出来ちゃった結婚かもしれません。

こちらは、次男のRen Yokoiさんの画像です。

この投稿をInstagramで見る

 

Ren Yokoi(@renyokoi)がシェアした投稿

その後、元嫁とは離婚しましたが2人の息子さんを引き取り、シングルファザーとしての道を歩き始めます。

子供を育てるために、一旦、ラップをやめてアルバイトしていたという一面もあります。

ad by google

2002年に中林美和と結婚

当時、ZEEBRAさんは6歳と7歳の息子を育てるシングルファザー。
中林美和さんは、19歳で2人のママになることに。

その後、中林美和さんは2人の娘さんを出産。

娘の横井里茉さん

お二人の娘さんである横井里茉さんは、「虹プロ(Nizi Project)」というオーディションに参加。
JYPエンターテイメントの練習生に選ばれました。

JYPといえば、2PMやTWICEが所属する韓国の大手芸能プロダクションです。

現在、nizyuメンバーとして活躍。

ZeebraとKjの問題と現在とは?

ZeebraとDragon AshのKj(降谷建志)は、1999年「Grateful Days』(Dragon Ash featuring ACO, Zeebra」で共演し、「オレは東京生まれHIPHOP育ち、悪そうなヤツはだいたい友達」という有名なフレーズを生み出しました。

2人は良好な関係だったものの、Zeebraは『Grateful Days』と同時発売された『I LOVE HIPHOP』を聴いた時、Kjに不信感を抱く。

ぶっちゃけ聴いて、「えっ?」ってちょっと思った。「そこまで言っちゃうの?」みたいな。しかもそれが意図されていたのか、偶然だったのか、判断つかないんだけど、オレの曲と共通する部分がかなりあった(Zeebra自伝書182p)

さらに、Dragon Ashが2000年に『Summer Tribe』を発表。

「Zeebraの新曲か?」とリスナーが思うほど、kjのラップはZeebraのラップにそっくりだったといいます。

その後、2002年のZeebraが再結成したキングギドラの楽曲『公開処刑』にて「覚悟決めるのはオマエだkj」と名指しで痛烈に批判。
ミーティア

Zeebraさんは、Kjに「真似はやめてね。」と言ったらやめてくれたから、もう過去のことだし何も思っていないと明かしています。

2019年のインタビューでは、Kjに「久しぶり」と声をかけるものの、Kjは気まずそうだったとか。

ただ、お嫁さん同士が仲良しなので、それきっかけでいつか和解できればと語っています。

49歳の若さでかっこいいパパ!

息子さんや、娘さんも音楽に携わる仕事をされています。
49歳という若さで祖父となったZeebraさん。

こんなかっこいいおじいちゃんがいるなんて羨ましいですね。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです