ラッパー「zao」として活動する塗装業谷口晴基容疑者(33)と、会社員山本元基容疑者(33)を大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕し、13日発表しました。

ただし、容疑を否認しています。

広島のラッパー?と思っていたのですが、ラッパー「zao」さんを調べてみると、かなりレベルの高いラッパーでした。

楽曲もカッコ良いので調べたところ、映画の主題歌を担当されており、これから全国区のアーティストとして活躍してもおかしくないアーティストでした。

そんなzaoさんの経歴や楽曲をご紹介します。




ラッパーzaoの経歴と顔画像

zao ラッパー
https://okmusic.jp/news/346823

 

広島発異色のスタイルでHIPHOPを伝える孤独なラップシンガーzao。
本名は、谷口晴基さんで塗装業をされているのだとか。

 

ZA0は、広島出身で1986年生まれ。
2003年より地元の広島にて活動を開始し、クルーを経て現在はソロとして活動中。

MVJI竿(マジザオ)の名前で、MVJIMOB、LAZYとのBAD MONDAYのメンバーとしても活動。

2019年GYAOとアミューズが主催した新人発掘オーディションのミュージシャン部門で見事グランプリを受賞し、映画『五億円のじんせい』の主題歌「みらい」を提供しシングルリリース。

 

 

今後、より全国的な活動が期待されるアーティストです。

 

 

YouTubeの動画を視聴しましたが、かなりレベルの高いラッパーだと思います。
かなりファンも多いラッパーのようです。

 

 

こちらは、zaoさんの動画です。

 

 

 

zaoさんは、オフィシャルHPもあり、広島のただのラッパーというよりは、これから全国区になってもおかしくないようなアーティストのようです。

 

zao 広島
https://www.legendelta.com/zao/index.html

zaoの動画

「鉄板えれじい」zao

zaoに関する世間の声

zaoは容疑を否認しています

zaoさん、めちゃくちゃかっこいい楽曲を作られているので、こんなところで逮捕はされて欲しくないですが。
実際、zaoさんは「大麻とは思わなかった」と否認していますが、それが本当であって欲しいと願うばかりです。

すごくいい曲を作っているのに、もったいないとしか言いようがない。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです