ラグビー元日本代表、湯原祐希さんが亡くなりました。
死因はまだ明らかにはなっていませんが、トレーニング中に倒れて意識不明となられたようです。

なお、既に湯原祐希さんはご結婚されていますので、嫁・子供についてもご紹介します。




湯原祐希の死因は?

元日本代表フッカーで、ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝チームのFWコーチである湯原祐希(ゆはら・ひろき)さんが29日に死去されました。
死因については明かされていませんが、どのような形で亡くなったかは既に公開されています。

30日に発表した東芝によると、29日の朝にクラブハウスで自主トレーニングしていた際、突然意識を失って倒れたという。近くにいた人間がAED(自動体外式除細動器)など可能な限りの救急措置を施した上で119番。

救急搬送されたが、搬送先の病院で息を引き取った。
死因、診断名については現時点で情報が入っておらず公表していない。持病はなく、亡くなる前日の28日も普段通り練習で指導していた。チーム全体には29日に伝えられ、同日の練習は急きょ中止になった。
(引用元:日刊スポーツ

トレーニングをしている際に突然意識を失い、そのまま処置をしたものの搬送先の病院で息を引き取ったということですので、突然死の可能性が高いと思われます。

ad by google

運動中の突然死とは?

湯原祐希さんは運動中に意識を失い、その後亡くなっています。

では、運動中の突然死の主な原因は何なのでしょうか。

主な原因としては、心筋梗塞、脳卒中、重篤な心室性不整脈などがあります。
とはいえ、湯原祐希さんは持病はなかったとのこと。

しかしながら、明らかな心疾患を持たない人であっても事故を起こす可能性があるそうです。

運動によって急性のストレスがかかると心筋虚血や致死的不整脈の誘発に至ることがあります。また、突然に運動終了した際には、心筋虚血を起こすことや、致死的不整脈の誘発に至ることもあります。

メタボリックシンドローム、肥満、糖尿病、インスリン抵抗性のある人においては交感神経系の機能亢進と副交感神経系の機能低下が認められ、運動中の血圧過上昇や心電図以上のリスクが高いとされています)。
(引用元:健康長寿ネット




湯原祐希は結婚して家族がいる

湯原祐希さんの私生活はあまり公にはされていませんが、東芝のHPのプロフィールに以下のような記載があります。

尊敬する人
妻・子供 【理由】自分の力になり、支えてくれる。
(引用元:東芝

調べたところ2008年3月にご結婚されていますので、24歳という若さで結婚されていることになります。

なお、プロポーズは以下のようなロマンチックなものだったとか。

彼女と行った沖縄のホテルのプライベートビーチで、夜歩きながら「一緒にいたい」とプロポーズしたそう。
(引用元:キコの日記

既にご結婚されており、息子さんか娘さんかは分かりませんが、お子さんがいることは確かなようです。




世間の声

湯原祐希さんの突然の訃報にたいし、「突然すぎて状況が飲み込めない」「若すぎる」「これからだったのに」という声が多数見られました。

トレーニング中に意識不明のまま死去

湯原祐希さんの死因は明らかにはなっていませんが、トレーニング中、何らかが原因で意識不明となりそのまま亡くなられたとのこと。
36歳という若さでした。

既にご結婚されており奥さんもお子さんもいらっしゃいます。ご家族は突然の死に戸惑い受け入れられない状態でいらっしゃるのではないでしょうか。
ファンからも愛されている湯原祐希さん。

本当に残念ですがご冥福をお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです