人気ドラマ「こいつづ」でヒロインの良きライバル・友人を演じた吉川愛さん。
実は、吉川愛さんは、吉田里琴(よしだ りこ)名義で子役として活躍。

しかも、子役時代はかなりご活躍されていました。

子役時代のドラマや、その時の画像・動画などをたっぷりご紹介します。

吉川愛の子役時代のドラマの画像・動画

ad by google

吉川愛、3歳で子役に

吉川愛さんは、3歳で芸能界入り。
5歳のときに、コカ・コーラの爽健美茶のCMでデビューしました。

当時は、吉田里琴(よしだ りこ)という名義で活躍していました。

吉川愛の子役時代(7歳):ドラマ山田太郎ものがたり

こちらは2007年放送のドラマ「山田太郎ものがたり」です。

めちゃくちゃ美少女です!

吉川愛の子役時代(9歳):ドラマメイちゃんの執事

続いて子役時代の代表作とも言える「メイちゃんの執事」です。
2009年公開のドラマです。
佐藤健さんと共演しています。
当時、9歳くらいと19歳くらいですね。

吉川愛の子役時代(12歳):映画ひみつのアッコちゃん

2012年公開の映画「ひみつのアッコちゃん」に出演し、宣伝したときの動画です。
このとき、吉川愛さんは12歳。

主演は綾瀬はるかさんでした。
このとき、共演者の岡田将生さんに「一緒に住まない?」と誘われたエピソードが当時話題となり、「岡田将生がプロポーズした美少女」で有名になりました。

吉川愛は1度、芸能界引退し高校ではパン屋でバイト経験

吉川愛さんは、高校生の時に1度、芸能界を引退しています。
3歳から子役として活動してきた吉川さん。
何か思うことがあって引退を決めたのでしょう。

引退理由としては、これまで学業がおろそかになっていたため、学業を優先させたいということでした。

今から4年前のことですが、当時も多くの人から引退を嘆く声がたくさんありました。

芸能界引退後、パン屋でバイト中にスカウトされる

高校で学業に専念するほか、芸能界を引退してパン屋でアルバイトをしていました。
しかし、子役の吉田里琴であることを知らなかった大手芸能事務所「研音」のスタッフにスカウトされました。

それをきっかけに、引退後、わずか1年で復帰されています。

どんなに芸能界を引退しようと、やはりそのオーラは一際際立つものだったのでしょう。

復帰後の出演作ドラマ:ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室

吉川愛の高校は日出高校?

吉川愛さんの出身高校は、芸能人も多く通う日出高校で、中学校も日出中学校の可能性が高いです。
吉川さんは子役でしたから、芸能活動に理解のある日出中、高校であってもおかしくはありません。

日出高校に通いながらパン屋でバイトしていたのでしょうか。

吉川愛の子役時代まとめ

こいつづの吉川愛さんを見た時、「新人の可愛い女優さん」だと思っていました。
まさか、あの美少女・子役の吉田里琴(よしだ りこ)ちゃんだったとは。

吉川さんは、佐藤健さんとメイちゃんの執事で共演しています。
2人は10歳ほど歳が離れていますが、「佐藤健さんに覚えてもらっていて感激」とインタビューで語っています。

可愛かった女の子が、まさか10年経ってこんなに美人に成長するとは。
そして、共演するとは佐藤さんも思ってなかったのではないでしょうか?

大人びた顔立ちですが、若干20歳。
これからの吉川愛さんの活躍を期待しています。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです