シンガー・ソングライターの山崎ハコ(63)の夫でギタリストの安田裕美(やすだ・ひろみ)さんが、6日午後2時33分、大腸がんのため死去したことが7日、分かった。72歳でした。

そこで今回は奥さんの山崎ハコさん、及び安田裕美さんについて調査しました。




山崎ハコの若い頃の画像

この投稿をInstagramで見る

 

★☆ひでみ☆★(@axyzhidemi)がシェアした投稿

上記の画像は、山崎ハコさんが若い頃の写真です。
山崎ハコさんは、1957年5月18日生まれの大分県日田市出身。
本名は安田初子(やすだ はつこ)で、旧姓は山崎です。

10代でデビューし、40代で事務所が倒産し極貧生活を送ることになります。
それまで、山崎ハコさんは独身を貫いていましたが、2001年山崎ハコさんが44歳の時に、安田裕美さんとご結婚されています。

ご結婚されたのが、44歳頃ですので、調査したところお子さんはいらっしゃらないようです。

安田裕美の経歴

この投稿をInstagramで見る

 

tokikoBox(@tokiko2019)がシェアした投稿


安田裕美(やすだ ひろみ)さんは、1948年4月7日生まれ、北海道小樽市出身。
井上陽水さんを中心に、数々のアーティストの楽曲に参加したギタリスト。

世間の声

ご冥福をお祈り申し上げます

井上陽水さんの盟友とも言えるギタリストの安田裕美さん。
今回の訃報で安田裕美さんのお名前を知りましたが、数々のアーティストの楽曲になくてはならない人だったのでしょう。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです