2014年4月よりドラマ「花咲舞が黙っていない(仮)」がスタートします。
原作は半沢直樹でも有名な
池井戸潤さんの小説「不祥事」です。



主人公は、花咲舞という人物で
「女性版、半沢直樹」とも言われています。

女性版 半沢直樹

出典:TBS

ドラマでは、
女優の杏さんが花咲舞を演じます。

花咲舞 杏
今回は、杏さん演じる
花咲舞が銀行で就いている「臨店(りんてん)」という仕事についてご紹介します。

半沢直樹をご覧になっていた方は、
臨店(りんてん)と聞くと「裁量臨店(さいりょうりんてん)」の事を
思い出すのではないでしょうか?

裁量臨店とは、銀行本部が支店に訪れて
「融資が正しく行われているかどうか?」を審査することです。
準備期間は、通常1週間ほど支店に与えられます。

半沢直樹では、半沢が、裁量臨店が行われる事実を2日前に知らされるという
嫌がらせを受けていた事が、記憶に新しいかと思います。

今回の、花咲舞の就いている「臨店(りんてん)」の仕事は、
上記のような融資部門を監査するものではありません。

支店の「事務部門・窓口業務」を監査し、
実際に仕事を見て業務改善できるよう指導・時には支援するというお仕事です。

事務の効率化や、管理能力を向上させるための監査と言えるでしょう。

花咲舞は、20代の若手社員ですが、
実際に「臨店(りんてん)」という仕事は
支店長や、課長など管理者としての経験がある人が普通は就くそうです。

原作の「不祥事」を読んだ人の多くは、
「嫌な事があったりストレスが溜まったときに読むとスカッとする!」
と語っています。

ドラマ「花咲舞が黙っていない(仮)」も、現代のストレス社会で
ストレス発散できるドラマとしてヒットするのでしょうか?

半沢直樹の原作者でもある小説のドラマとあって、期待も今から高まっています。
最初から、ハードルが上がってしまった「花咲舞が黙っていない(仮)」ですが、
ストーリ及び、視聴率がどうなっていくのか、今後楽しみですね。

私が、翌日から便秘から解放された方法とは?

翌日からどっさり出た
・しかも、お腹が痛くならない
3年以上続けて飲んでいても毎日スッキリ
便秘薬から解放された

その方法が知りたい方は以下よりご覧ください。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです