長野県の郷土料理である「円(つぶら)揚げ」とはにじますを水揚げ後、
2~3時間新鮮なうちにからっと揚げたお料理です。

長野県 つぶら揚げ

出典:安曇野の腹いっぱい!

つぶら揚げは頭から尻尾まで食べる事ができ、身がくるくるっと丸くなっており、
その形から「ますます円満に」という願いが込められて「円(つぶら)揚げ」
と名付けられたそうです。(安曇野の腹いっぱい!より)

カルシウムたっぷりで栄養価が高く長野県の学校給食でも重宝されているとの事。

何故、「つぶら揚げ」が長野の郷土料理かといいますと、
日本でのにじますの養殖発祥の地が長野県の安曇野市(あづみの)であるからです。

現在も、にじますの生産量の多くを占めています。

余談ですが、安曇野市(あづみの)と言えば、
以前、井上真央さん主演で放送されたNHK連続ドラマ「おひさま」の舞台にもなりました。
「つぶら揚げ」ですが、以下のサイトより通販でも購入が可能です。

おかしな夢いちば▼
akashina-yumeichiba.jp

※安曇野市にある「あかしな夢いちば物産センター」の食堂では、
つぶら揚げ定食が食べられます。

LJマルシェ▼
ljmarche.jp

通販ではなく、実際に地元に行って食べたいという方には
「つぶら揚げ」を扱っているいくつかのお店をご紹介します。

松本あさま温泉▼
imotoya.net

あかしな夢いちば物産センター▼
akashina-yumeichiba.jp

川船(蕎麦屋)▼
tabelog.com

長野といえば「信州そば」「野沢菜漬け」など有名な郷土料理が多くあります。
また、温泉地としても有名です。

筆者は長野県には1度しか行った事がありませんが、
空気が澄んでいて食べ物の美味しいところです。

長野の友人が「東京の水は合わない」と言っていたのも納得です。

もし機会があれば、長野を訪れて是非、「つぶら揚げ」を食してみては
いかがでしょうか?


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです