スポンサーリンク


 

この記事では以下の内容を解説します

①元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方4選【準備編】
②元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方6選【実践編】

元彼に復縁したいと思わせたい、元彼を追わせるLINEの送り方を知りたいという女性は是非、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方4選【準備編】

1.冷却期間を置く

男性と女性の恋愛心理は全く違います。
元彼が、あなたを振った直後、元彼に寂しさはありません。「ようやく、彼女から解放された!」と喜びでいっぱいです。

一方、振られたあなたは、振られた直後が最も辛くて寂しくて、仕事も手に付かない状態に陥ります。
ですから、あなたは1日でも早く「復縁したい!」「彼氏の気持ちを取り戻したい」と思うでしょう。

そして、即効LINEを送ってしまいがちですが、元彼は、あなたと別れたで解放感を感じていますから、あなたからのLINEは迷惑でしかありません。

元彼と復縁したいなら、振られて直後にLINEは送らない事です。
男性には「冷却期間」が必ず必要です。男性心理として別れた直後は喜びでいっぱいなのですが、別れて時間が経てば立つほど、元カノの嫌な思い出は忘れていきます。

そして、良い思い出だけが思い出されるように。1ヶ月ほど経った頃には、別れた事を後悔したり、寂しいと感じるようになります。
人によって、後悔したり寂しさを感じる期間に違いはありますが、だいたい1ヶ月〜3ヶ月だと言われています。(長い人は6ヶ月とも)

元彼を追わせたい・復縁したいと願うのなら最低でも、2〜3ヶ月の冷却期間は必要です。
この期間中、LINEは元彼に送らない、元彼に「元カノは何しているんだろう?」と気にしてもらう為にSNSなどの更新も一時停止しましょう。

男が別れを後悔する時期&期間についての記事も役に立ちます。

男が別れを後悔する時期&期間は2〜6ヶ月|冷却期間を置く事が復縁成功のポイント

2.復縁成功までに時間がかかる事を覚悟する

男性心理として滅多な事では女性の事は嫌いにはなりません。
何故なら、男性は自分の子孫を多く残す為にも、出来るだけ多くの女性を「好き」になっておくほうが好都合だから。

多くの子孫を残す事が男性の本能なので、女性が目の前に10人いれば8人は「アリ」だと判断しますし、よっぽどの事がない限り女性を嫌いになれないのです。

このような男性の本能が理由で、男性は1度好きになった彼女を滅多な事では振ったりしません。
元彼があなたを振ったなら、彼は相当に悩んで出した結果だということです。

人間の感情を「マイナス・0・プラス」の3段階で表すなら振られた直後のあなたは、元彼にとって「マイナス」の存在。

元彼を追わせるには、付き合う前の「プラス」に戻す前に、まずマイナスから「0」に戻す必要があります。
これらの理由から、復縁には時間が掛かる事を理解しておく事が大切です。

3.1つ上のレベルの自分に成長する

あなたが彼氏に振られた側なら、彼氏はあなたを自分よりも下のレベルだと思っている可能性が高いです。
今の状態で、元カレに復縁を迫ったとしても彼からすればあなたのことを尊敬できないので、なかなかもう一度好きになるのは難しいものです。

また、万が一、復縁が成功してもあなた自身が成長していなければ、彼との復縁してからの関係は長くは続かないでしょう。復縁成功のためには、あなた自身を磨き1つ上のレベルの自分に成長することです。

そのためには、まずあなたが彼氏に振られた原因について自分自身と向き合ってみることです。

もしこれまでに、彼氏を束縛したり不安になることが多く重いという理由で振られた場合には、まずあなた自身が自分を大切にして自分に自信を取り戻し自立することです。

一方で、彼氏にワガママ・ついていけないなどと言って振られた場合は、相手の気持ちを考える練習が必要となってきます。
人それぞれ課題は違うものの、自分の課題と向き合い成長しようと努力することで1ランク上の自分になることができます。

4.外見を磨く

男性は視覚から恋をする生き物なので、外見を磨いて得はあっても損はありません。
例え同一人物であっても、まるで違う人かのように変身するとそれまで「なし」だと判断していた女性が「あり」になることはよくあることです。

ただ男性は、女性のちょっとした変化にはほとんど気が付きません。

これまであなたが垢抜けないタイプだったのであれば、プロにお願いするなどしてファッションやヘアスタイル、そして化粧などを一新して垢抜けることで、もう一度、元カレに恋をしてもらえる可能性が高くなります。

できることなら徹底的に女や外見を磨いておきましょう。

スポンサーリンク

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方6選【実践編】

スポンサーリンク

1.LINEのアイコンを変更する

元彼にLINEを送る前に、あなたが美しく変身した姿を写真に撮りアイコンを新しくしておきましょう。
男性は視覚から恋をする生き物なので、同一人物だと頭では分かっていても別人のように美しくなった女性のことはどうしても気になってしまうものです。

新しくなったアイコンで、あなたが別人のように変わった事をアピールできれば、今の時点で未練がなくても「彼女、なんか可愛くなったな。どんな風になってるんだろう?」と今のあなたが気になってつい返信してしまうこともあるのです。

2.絶妙なタイミングにLINEを送る

冷却期間を置いて、いざ元彼にLINEを送ろうとしてもタイミングが悪ければ復縁が失敗する可能性が高くなります。以下の、元彼が喜びそうなタイミングを狙ってLINEを送りましょう。

①元彼の誕生日

冷却期間を経て元彼の誕生日が近いのであれば、元カレの誕生日にLINEを送りましょう。
よっぽどあなたの事を嫌いになっていない限り、自分の誕生日を祝われて嫌な人間はいません。

ただ、この時のLINEはあくまで元カレの誕生日を祝うものです。
間違っても相手に復縁したいという下心が伝わらないようにしましょう。

「誕生日おめでとう。素敵な誕生日を過ごしてね」などシンプル内容に留めておいて返信は期待しないことです。

ただ、返信を期待しないとは言っても、誕生日LINEを送ることで今の時点で、どれだけ復縁の可能性があるかどうか知ることができます。

男性からあなたを振ってしまって後悔しているものの、自分から振った手前、自分からは連絡できないといった状態の元カレであれば、誕生日LINEをきっかけに、やり取りがスタートするということもあります。

また、ありがとう等の一言でも返信があれば、少なくともあなたへの「嫌い」という感情が薄れてきている等と判断できるのです。

今の彼の気持ちの状態を知る上でも、誕生日LINEを送るのは効果的です。

②寂しいと感じている時期or別れてから2カ月以上

あなたと別れたものの、予想以上に新しい彼女ができない男性も少なくありません。
彼女がいない期間が長くなると、元カノのあなたの事を思い出したり寂しいと感じる時間も増えていきます。

とは言え、あなたと彼がLINEのやり取りをしていない場合、新しく彼女が出来ているのかどうか知るよしもありません。

もし共通の友人や知人がいれば、元彼の状況を聞いてみるのもいいでしょう。
友人や知人がいない場合には、別れて少なくとも1カ月。だいたい2〜3カ月以降に「寂しい」と思うことが多いので、そのタイミングを狙いましょう。

3.返信をもらいやすい内容のLINEを送る

せっかくLINEを送るなら、LINEのラリーが続くことを目指しましょう。
少なくとも、できるだけ返信をもらいやすい内容のLINEを送ることです。

男性から返信をもらいやすいLINEの内容としては、以下のようなものがあります。

①教えて欲しい

LINEを送る時に1番返信をもらいやすい内容は、相手に質問することです。

ただ、「彼女できた?」など未練を匂わせるような質問だと元彼に無視される可能性が高いので、元彼とは関係ないことで質問を送りましょう。

例えば、元彼がパソコンに強いタイプであれば「パソコンが異常に重くなってしまって使いづらい」など彼氏の得意分野での質問をしてみます。

ただ既に2人は別れている関係性なので、「突然、LINEしてごめんね」「他にパソコンについて質問できる人がいなくて」「あなたなら、パソコンに詳しいと思って」などワンクッションの一言を添えることを忘れないようにしましょう。

また、彼の得意分野だけでなく趣味があるのであればその趣味に関する事で質問してみるのも1つの方法です。

②友人としてご飯に誘う

元彼と円満に別れていたり、付き合う前に仲の良い友人だったのであれば冷却期間が明けてから、友達としてご飯に誘うのも1つの方法です。

この時のポイントとしては、あくまで「友達に戻りたい」「友達として会いたい」というスタンスでLINEを送ることです。

元カレも、友人としてあなたを大切にしたいと思っている場合なら、一緒に食事に行けるまでの関係に戻ることができるでしょう。

 

4.復縁したい事を悟らせない

元カレに振られて冷却期間を置いた後、LINEを送るにしても復縁したい事を悟らせないことです。
冷却期間を置いた場合でも、元カレのあなたへの気持ちはまだ「マイナス」であることを忘れてはいけません。

まずは、「0」に戻す事が大切なのです。
それには、あなたを女性として好きになってもらうのではなく人間として友人として好きになってもらう事が必要になります。

友人として好きになってもらい仲良くすることができれば、復縁も不可能ではなくなります。

一方で、あなたの「復縁したい」という下心が相手に伝わってしまうと男性は、あなたと距離を取ろうとするので友人にすらなれず復縁も叶いません。

復縁を成功させるためにも、一足飛びに復縁を望むのではなくまずは友人になる事です。
そのためにも、元カレに復縁したいという気持ちを悟らせないようにしましょう。

友人関係から「俺にはコイツしかいない」と思わせるには会話が重要になってきます。

最終的に男性が本気で好きになる女性は、容姿の良し悪しではなく自分の弱みをさらけ出せる事ができ、そんな自分を受け入れてくれる女性です。

とはいえ、ほとんどの男性は自分の弱みを見せたり深い話をすることはありません。

しかし、世の中には自然と、男性に深い話をさせ自分の弱みをさらけ出させる会話をすることができる女性が存在し、彼女たちは男性に「俺には、彼女しかいない」と思わせてしまうのです。

彼女たちが持つ男性の心を開いてしまう会話術は、実は難しいことは1つもありません。ただ、ほとんどの人が気づいていない「あること」をしているだけなのです。

 

その会話の秘密については、以下の記事について詳しくご説明していますので、興味のある方はご覧になってみてください。

▶「人に好かれる会話術」詳細はこちら

 

▼以下の記事も並行してご覧頂くと更に分かりやすいです。

年齢・外見関係なく好きな男に一生深く愛される女になる方法

5.長文のLINEは送らない

別れた女性から、想いを綴ったような長文のLINEは元カレからすると「重い」だけです。
また、長文LINEは、「ああ、彼女はまだ自分に未練があるんだな」と復縁したいという下心を悟らせてしまう可能性が高くなります。

どんなLINEを送るにせよ、今の時点では彼はあくまで他人です。
他の友人や知人に送るように、簡潔でシンプルな内容のLINEを送りましょう。

6.礼儀を忘れない

例え、長年付き合った間柄でも別れてしまったら他人です。
そのため、相手に対する礼儀やマナーを忘れないことです。

夜遅くにLINEするなら「夜遅くにごめんね」、忙しい彼が返信をくれたなら「忙しいのに、教えてくれてありがとう」など感謝や礼儀を忘れないようにしましょう。

ここまで元彼 復縁したいと思わせるLINEの仕方について解説してきました。

しかし、「こんな時にはどんな文章を送ったらいいの?」「このタイミングでLINEを本当に送っていいのだろうか?」などと困ることも多々あるかと思います。

そんなときに役に立つのが▶「復縁大学」のレポートです。

 

どのようなきっかけでLINEすればいいのか、どんな内容のLINEを送ればいいのか、事細かく復縁まで行うべき具体的な対策が解説されています。

 

あなたが、元彼と復縁したくて失敗したくない、何から手をつけていいのかわからないのであれば1度、ご覧になってみることをおすすめします。

 

たった35日で復縁する事ができるという復縁大学のレポートは以下より詳細を御覧ください。

▶復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版」はこちら

 

以下、わたしが読んでみた感想もご紹介していますので興味のある方はご覧になってみてください。

復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版レビュー【悪い口コミあり】

スポンサーリンク

【まとめ】復縁成功には冷却期間が必要

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方10選は、以下の通りです。

■元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方4選【準備編】
1.冷却期間を置く
2.復縁成功までに時間がかかる事を覚悟する
3.1つ上のレベルの自分に成長する
4.外見を磨く
■元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方6選【実践編】
1.LINEのアイコンを変更する
2.絶妙なタイミングにLINEを送る
3.返信をもらいやすい内容のLINEを送る
4.復縁したい事を悟らせない
5.長文のLINEは送らない
6.礼儀を忘れない

元彼に復縁したいと思わせるLINEを送るには、まず「冷却期間を置く」などという準備期間が重要になります。
そして、相手があなたとの別れを後悔していない場合には復縁が成功するにしても時間がかかってしまう事を覚悟の上でのぞみましょう。

【関連記事】元彼+LINEの記事はこちら

元彼がLINEの未読無視をする9つの理由と男性心理|駆け引きの可能性も?

元彼とLINEが続く時の6つの男性心理|毎日連絡するのは復縁したいから?脈なし?

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです