元彼から、「別れても友達でいたい」「友達に戻ろう」と言われると、どういう心理でそんなこと言ってるの?と疑問に思うものです。
あなたに気持ちが残っている場合、残酷だと思うかもしれません。

とはいえ、友達に戻って関係を続けていれば、復縁できるかも。という淡い期待もしてしまうもの。

そこでここでは、元彼が友達に戻りたがる9つの男性心理や、復縁できるパターンをご紹介します。

元彼が友達に戻りたがる9つの男性心理

恋愛
元彼とは恋愛関係が終わった時点で一切の関わり合いを持たないということもあるでしょう。
その一方で、元彼の方が友達に戻りたがるというケースもあります。

人と人との関係性に正解はありませんが、なぜ元彼は友達に戻りたいと思うのでしょうか。
考えられる9つの男性心理についてまとめていきます。

ad by google

1.ただの別れる口実で友達に戻るつもりはない

別れ話の際に「友達に戻ろう」という言葉を使う男性もいます。
しかし、その大半は友達に戻ることはまずないのです。
いわゆる「口実」です。

女性と比較をすると、目の前にある事象を何とか丸く収めようという心理が男性にはあります。
それが働いた結果、友達という言葉を使うのです。
また「戻る」というフレーズを使用することにより、これまでの関係性全てを無かったことにはしていないというアピールを無意識に行う心理も芽生えます。

2.元彼の優しさ

元彼の優しさが生み出した言動。
と聞くと、不必要な優しさだと感じる女性も少なくありません。
余程の喧嘩や、泥沼化に至る過程がない場合にはたらく男性心理です。

男性は、恋愛関係は終わり仮に元彼女に対して感情が無かったとしても「以前は好きだった」という感情を忘れにくいのです。
女性は、終わりともなると一切をゼロにします。
男性は新規保存・女性は上書き保存と言われるゆえんがここにあります。

好きだったという感情を忘れていない以上、優しい気持ちを最後まで持っておくべきだという気持ちが「友達」という言葉につながります。

別れた後、男性側から連絡はないものの女性から連絡をすれば返事はあるというケースもこれに該当します。

3.自分を好きな女を近くに置いておきたいハーレム願望

元彼女である女性が自分の事をまだ好きだという自覚がある。
別れたくないと女性側が伝えている状況で男性が別れを押し通した。
というケースにある心理が「近くに置いておきたい」という気持ちです。

モテないよりモテた方が良いというのは男女共通する心理です。
しかし、自分に対して好意的な異性を「できるだけたくさん」近くに置いておきたいという感情を抱きやすいのが男性心理なのです。
ハーレム願望があるために、元彼女に対して友達でいようと話をします。
その結果、本当に友達関係に戻れればラッキーだと考えるのです。

男性は元来、狩猟的な思考があります。
多くの女性が自分の近くにいることが、強さや権力があると捉えます。
男性自身、そのような考えは持っていないという場合でも、無意識にこの心理が働いているのです。

4.寂しさを感じない為のキープ

女性側から別れを伝えた場合はよりその傾向が強くなるのですが、男性側から別れを伝えたケースでもはたらく男性心理。
それが「寂しい思いをしたくないから」というものです。

いかなる理由であっても、別れてしまうことで実質的な時間が増えたり精神的に孤独感を抱くことも増えてきます。
過去の恋愛経験があれば、余計に不安になります。
その時、無意識に寂しくない手段を選ぶのです。
これが、友達に戻りたいという男性心理なのです。

女性に対して人間的なつながりを求めているというのではなく、自己防衛的な手段としての言葉と理解すると良いでしょう。
また、寂しいと感じた瞬間だ連絡がくるなど、都合よく扱われる可能性も含んでいますので気を付けたい男性心理でもあります。

5.あわよくば…下心から

恋愛
元々、恋人同士だったパートナーとは割り切った関係を持ちやすい。
ずるずるとした体の関係を持ちやすい。
そのような傾向があるととらえている男性も実は多いのです。

恋人としての関係は終わったけれど、あわよくば…という下心が芽生えた時に友達という言葉を用いるのです。
ストレートに下心を伝えても上手くいかない事は元彼も理性で判断できます。
ただ、オブラートに包んで事を運べばという心理は本能的な部分ではたらいてしまうのです。

恋愛関係があったころから、男性主導で進んでいた。
元彼の意見を最優先にしていたという場合はくれぐれも注意したい男性心理です。

6.付き合う前からかなり仲が良かったから

元彼と「お付き合いスタート」する前を思い出してみてください。
友達機関が多かった。
幼馴染だった。
クラスメートだった。
など、仲良い友人期間があると「あの頃の2人になろう」という意味合いで、友達に戻ろうと提案することがあります。

恋愛関係ではない2人に戻ることで、また楽しくコミュニケーションが作れるのでは・作りたいという心理が男性に生まれるのです。

7.性格的に別れた事をあまり気にしないタイプ

元彼の性格的な理由で、友達に戻ろうという発言につながるケースもあります。

そもそも、男女に対する性差にフラットである男性に多い心理です。
過去や未来ではなく、今現在の関係がベターであれば良いという思考の持ち主といえるでしょう。

別れはしたものの、嫌いなわけではないし…とラフにとらえていることが言動に表れたと考えることもできます。
関係性というものに無関心であるということもあります。

8.過去の元カノも友達になっているから

元彼がこれまで付き合ってきた女性も友達として関係している。
という場合、友達に戻ろうと話すことがあるでしょう。
男性にとっては、それが最も自然な別れ方なのです。

恋愛経験から学び記憶していきます。
過去の恋人たちと友達に戻ったという経験が多いほど、そのような心理がはたらきます。

下心があったり、打算的な言動ではないケースともいえるでしょう。

9.あなたに「未練」がある

女性側から別れを切り出して、元彼は別れたくないというスタンスだった。
男性側から別れを切り出したものの、途中で心残りに気が付いた。
という場合、未練が芽生えます。

恋人同士として同じ時間を過ごすことはできなくなったものの、せめて相手との関わり合いを少しでも持っておきたいという願いを抱くと、友達に戻りたいと思うようになっていきます。
もしここで友達に戻れたら、復縁も実現できるのでは?と「もっと」を願うケースも少なくありません。

別れに至るまでの道程を考えてみてください。
もし、男性に未練を感じられるような言動が見受けられたら、その心理が友達というワードにつながっていると判断できます。

きっぱりと縁を切りたいものの、元彼の気持ちも少しは汲んであげようなどと優しさを見せてしまうのは危険です。
トラブルの原因や、元彼がストーカー化してしまう恐れもありますのでご注意ください。

以下の記事も役に立ちます。

元彼と友達になる3つのリスクとは?

なぜ 恋愛 うまくいかない元彼とどのような関係になるのか?
という部分については、それぞれの同意と納得があれば自由です。
2人が良いと思う関係を作るのが最善でしょう。

しかし、関係を決定づける前に考えてほしいことがあります。
それが、元彼と友達になることに対するリスクです。
ここでは、そんなリスクを3つほどご紹介していきます。

1.元彼のことが忘れられなくて辛くなる

女性側に少しでも恋愛感情やそれに限りなく近い思いがあると、それを断ち切ることが難しくなります。

友達に戻るという事は、連絡を取り合うことになります。
もしかしたら、食事やお酒を楽しんだりということもあるかもしれません。
声を聞くたび・顔を合わせるたびに「やっぱり好きだ」という感情を自覚し続けてしまうのです。

忘れられなくて辛い・苦しいという気持ちもその一方で大きく重くなっていくこともあるでしょう。

2.新しい恋愛に邪魔

今後一切、恋愛はしない。
と、別れを迎えた瞬間に感じることはあっても、新しい恋愛をしたいと思うこともいずれはあります。

新しい恋愛に踏み出せなかったり、良いなと思う異性と出会っても元彼が邪魔になってしまう。
そんなリスクも生まれるのです。

友達という近しい距離感にいるので、ついつい新しい恋愛チャンスの時に元彼と比較をしてしまったり、躊躇してしまうということもあるでしょう。
なかなか新しい一歩が、「元彼と友達になっている」という事が原因で踏み出せなくなります。

3.都合の良い女にされる可能性がある

男性側にあわよくばという下心が皆無とは言い切れません。
元々恋人同士ですから、体の関係を持つことに強い抵抗感を抱きにくいという点も女性側にはあります。

それだけに、都合の良い女に陥ってしまうリスクも高くなるのです。
何となくずるずると会っている。
元彼から連絡があると、ついつい時間を空けたりスケジュール調整をしてしまうという恐れがあればなおさらです。

以下の記事も役に立ちます。

元彼と復縁するには親友になるか離れるか

恋愛元彼と親友になるのか離れるのか。
曖昧な関係を続けないためにも、もし直面しているのであれば考えてみるのがオススメです。
自分自身の中で、ハッキリとした意思を持つことによって都合の良い関係やトラブルを防ぐことにもつながるでしょう。

別れて日が浅かったり、元彼にネガティブな感情がないと判断しにくいかもしれません。
感情が落ち着くまで保留にしておくのも悪くはないのですが、できるだけ早めに決めておいてください。

1.元彼の親友になって新しい恋もサポートできる唯一無二の存在になる

恋人としての関係は望まずに「親友」になるという判断です。
友達の中でもより特別な存在が親友です。
一度、親友になればもう揺らぐことのない関係と言っても過言ではありません。

唯一無二の存在になって全力で元彼をサポートをしていきましょう。
時には、元彼が新しい恋愛に踏み出す瞬間に立ち会うかもしれません。
相談を受けることもあるでしょう。
それらすべてを受け止め応援する気持ちと覚悟があれば、目指してみてはいかがでしょうか。

少しでも不安や苛立ち・感情的になるようであれば親友という存在にはなれないかもしれません。

2.友達には戻らない・連絡を取るのを一切やめる

唯一無二のゆるぎない存在になることはなかなか難しいものです。
恋愛関係があったという過去は消せませんし、その時の気持ちを忘れきれないということもあるでしょう。

元彼との関係を不安定な感情のまま続けてしまうと、精神衛生上よくありません。
決断の瞬間は苦しく辛いかもしれませんが、一切の連絡を取らないようにしてみましょう。
友達にもならない・無関係の人になりましょう。

元彼と過ごした時間が長いほど、それ以外の日常などやってこないような気持にもなってしまいます。
しかし、「時間薬」は必ず効果を発揮してくれるのです。
1ヶ月・半年…その期間は人それぞれですが、必ず新しい恋愛に踏み出そうと思えたり、好きな人ができることもあるものです。

どうしても、元彼と復縁したい、その具体的な方法が知りたい方は以下の記事もおすすめです。

元彼の今の気持ちがすぐ知りたいなら

恋愛

元彼が、本当はあなたのことをどう思っているのか今すぐ知りたい場合、電話占いヴェルニを利用するのも1つの方法です。

わたしは、好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、さらにたった3分で鑑定してもらえました。

初回の鑑定には、最大2500円の無料通話特典があるので、実質、無料で占ってもらえかなりスッキリしましたよ。

とはいえ、電話占いは怖いというイメージしかなかったので、あなたも「怖い」と感じているなら、是非、以下の記事もご覧になってみてください。

↓別れた元彼と波動修正で復縁する方法は以下の記事をどうぞ
波動修正で復縁する方法
↓別れた元彼とLINEで復縁する方法は以下の記事をどうぞ
復縁LINEアプローチSPECIALEdition女性版レビュー【悪い口コミあり】

Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです