秋から、冬にかけてOzzfest JapanRADIO CRAZYCOUNDOWN JAPANなど、魅力的な冬フェスが目白押しです。
音楽好きなら、夏だけでなく冬にだってフェスに参戦したいところ。

でも、今年冬フェスに行くのが初めて!という人は、『冬フェスってどんな格好で行けばいいの?』
『何を持っていけばいいの?』と疑問があるかと思います。

そこで、冬フェスにマストな持ち物と、服装を、ここではご紹介していきたいと思います。

冬フェスの服装

ad by google

会場までの服装

とりあえず、普段と同じように防寒着は必須です。
行き帰りは冷えますので、温かい服装で会場へ向かいましょう。

また、夏フェスより重要なのがクロークやロッカーの確保です。
なぜなら、分厚いコートやジャケットは、持っているととっても邪魔になるからです。

さらに、冬フェスは寒さと暑さの繰り返し。
夏フェスのように噴き出るように汗はかきませんが、地味~に汗かくんですよね。
これが、乾くと思って放っておくと風邪をひくこともおおいので、汗をかいたらこまめに着替えましょう。

わたしは、RADIO CRAZYで見事に風邪をひきました。

 

会場内での服装

ライブ以外は、ほとんどの人が、パーカーやアウトドア用の薄手のパーカーを身に付けています。
冬フェスの服装のポイントは「いかに温かく、かつ軽量にするか?」だと思います。

パーカーであれば、ライブ中、腰に巻ける薄手のパーカーがおすすめです。

ライブ中、人の汗が気になる。もっと軽量化をすすめたい!という人には、
パタゴニアのフーディニ・ジャケットのように、軽くて多少の雨風はしのげるウェアがオススメです。

ランニングジャケットも軽くていいですね。

わたしも、会場内は、パーカーで過ごそうとフェスのグッズでパーカーを購入しようとしました。
しかし、まさかの売り切れ・・・・。

パーカーや、ジャケットは事前に用意しましょう。

ライブ中の服装

ライブ中の服装は夏と、同じで問題ないと思います。
しいていえば、半袖の下に長袖を着るとなおよいといったところでしょうか。

しかし、女性で、短パンをはく場合下に厚手のレギンスやタイツは必須アイテムです。

冬フェスに持っていくと良い持ち物

1:ホッカイロ

ライブ中、熱いから邪魔だと思われるかもしれませんが、足の裏が異常に冷えます。
せめて、足の裏だけでもホッカイロを貼っておくのがベストでしょう。

特に冷え性の女性には強くおすすめします。
あとは、手が冷たくなるので、ポーチなどに貼らないホッカイロを忍ばせておくといいでしょう。

2:汗ふきシート

冬フェスの汗はとてもやっかいです。汗を一気にかいて寒い所にでると体温はぐっと下がり風邪をひいてしまいがちです。
こまめに、汗ふきシートで汗を拭きとることが大切です。

お目当てのバンドで、めちゃくちゃはしゃぐ予定のある人は、ライブ終了後は、着替えることを想定してタイムスケジュール計画を
たてるといいと思います。

着替の服装

汗をかく予定の人も、そうでない人も、1枚は着替えの服装を用意しておくといいと思います。

冬フェスの服装と持ち物のまとめ

冬フェスで重要なことは、「寒さ対策」と「荷物の軽量化」これにつきると思います。
1:会場までは温かく。2:会場内は、ライブ中でも腰に巻けるくらいの薄手のパーカーをはおって移動。
3:汗をかいたら着替える。この3つのポイントを押さえておけば、快適に冬フェスを楽しむことができるでしょう。

今年の冬フェスを存分に楽しんでください!


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです