ヨーデルの名曲「スイスの娘」で一世を風靡したウィリー沖山さん。
ウィリー沖山さんの幼少期の経歴などの詳細、若い頃の画像。

そして、結婚して嫁・子供がいるのかも調査しました。




ウィリー沖山の経歴・若い頃の顔画像

ウィリー沖山 若い頃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200706-07050212-sph-ent.view-000

ウイリー沖山(ウイリーおきやま)さんの本名は、沖山 宇礼雄(おきやま・うれお)。
1933年2月25日、神奈川県横浜市生まれ。

父親は、アメリカ人の船員で母親は日本人のハーフ。戦争が始まり、父親は日本に入国できず生き別れに。

その後、母親はインド人男性と再婚し、戦後、沖山さんはミッション系のインターナショナルスクールに進学します。

その学校の生徒の多くが、各国大使館の子弟という格式の高い大学だったとか。定年時代

抜群の歌唱力と発音の良さを買われ、ヨーデルの曲「スイスの娘」でレコードデビューします。

ad by google

40代半ばでラスベガスへ

40代半ばで、40人以上の歌手と踊り手とラスベガス に渡米し、ステージで活躍。

帰国後は、「オレたちひょうきん族」などのバラエティーでも活躍。
1985年には、横浜にあったバンドホテル」のナイトクラブ「シェルルーム」の支配人を務めることに。
定年時代

ウィリー沖山の嫁や子供(娘)について

ウィリー沖山さんが結婚したなどの情報は出回っていません。
しかし、娘さんがいることから、結婚してお子さんがいることは間違いなさそうです。

現在は娘や弟子らに助けられ歌手活動を行っているという沖山さん。定年時代

膠原病(こうげんびょう)とは?

2014年8月に膠原病を患った沖山さん。

膠原病(こうげんびょう)とは、「免疫機能」が、自分の身体を「異物」だと認識し、身体組織の一部を攻撃する難病です。

膠原病の症状は様々ですが、以下のような症状がみられるようです。

疲れやすい・発熱・筋力低下・皮膚の効果・特徴的な発疹の出現、抜け毛・空咳(DF)

世間の声

誰もが1度は聞いたことのある名曲

ヨーデルの名曲「スイスの娘」は、沖山さんの名前を知らずとも誰もが1度は聞いたことのある楽曲ではないでしょうか。
今後も、沖山さんの残した楽曲は次の世代にも受け継がれていくでしょう。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです