ビヨンセのモノマネ、インスタ女王で
おなじみの渡辺直美さん。

今回は、芸人・エンターテイナーとして
魅力を放ち続ける渡辺直美さんの生い立ちについて
ご紹介します。

ad by google

渡辺直美の生い立ち


渡辺直美さんは、日本人の父親と台湾人の母親の間に生まれました。

出生は台湾で、お姉さんが1人いらっしゃいます。

お姉さん↓
渡辺直美ブログ

幼少期にご両親が離婚し、母親に引き取られ、台湾で幼少期を過ごしました。

 

当時、貧しい生活をしていたそうで、
母親は、パチンコで一時期、生計を立てていたといいます。

 

パチンコで勝ったときは、レストランに。
負けた時は、ちらしに載っているおかずを見て、ご飯を食べていたとのこと。

また、台湾では、「志村けんのだいじょうぶだぁ」が放映されており、
それを見て、志村けんさんのファンにになったと言います。

 

渡辺さんは勉強ができなかったことから、
高校には進学せず、夢庵でアルバイト生活を送っていました。

 

ちなみに、アルバイト生活時代は、
小学生からの大親友の男性と同居生活を送っていたそう。

ちなみに、渡辺さんのブログによると、
渡辺さんの家族は、誰も太っていなくて、
渡辺さんだけが、太っているとのこと。

(参考文献:SWITCHインタビュー達人達(たち)・A-Studio)

親の反対を押し切りNSCに入学

 

アルバイトで貯金したのち、親の反対を押し切り、
東京NSCに入学(12期生)。

 

初めてコンビを組んだのは、望月愛子さん。

渡辺の「わた」と、望月の「もち」を組み合わせて、
コンビ名は「わたもち」として活躍。

 

ちなみに、望月愛子さんは2017年の「ナイナイのお見合い大作戦!」に出演。
その際は、人材派遣会社で働いていると紹介されました。

 

「わたもち」解散後は、

NSC同期のササキりなさんと「フレッシュライム」というコンビを組んでいましたが、
次第に仲が悪くなってしまい、2007年にコンビ解消。

喧嘩別れのようになった2人は、5年もの間、音信不通。

しかし、2016年の『お願い!ランキング』で2人は再会。

ちなみに、ササキりなさんは、
バーの店長と出会い、結婚。芸人をやめて、広島に移住し、
洋菓子店で働いているとのことです。

(参考:お願い!ランキング)

まとめ

渡辺直美さんのエンターテイナーとしての志は、
本当に高いなと素人ながらも、「すごい女芸人さんがでてきた」
と感じています。

売れっ子時代に、ニューヨークに留学。
海外でも笑いの取れる芸人さんに成長し、帰国。

現在は、インスタ女王として、たくさんの人々に
「笑い」を与えているカリスマ女芸人と言えるでしょう。

これからも渡辺直美さんの活躍を期待しています。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです