お笑い芸人のなだぎ武(49)さんが、舞台女優の渡邊安理(36)さんと結婚したことを報告しました。
渡邊安理さんはどんな女優さんなのかわからないので、調べてみました。




なだぎ武と渡邊安理が結婚

なだぎは直筆コメントで「私事で大変恐縮ですが、この度、舞台女優の渡邊安理さんと、入籍させて頂きました。ここ何年かは、有難い事にたくさんの舞台を経験させてもらっており、その中での共演がきっかけです」となれそめを紹介。

「いろいろな事がまだ始まりに過ぎませんが、共に時間を積み重ね、その財産がお互いの成長につながればと思っております」と決意を新たにし、「これからも益々、公私共に頑張っていきますので、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。
(引用元:oricon)

渡邊安理となだぎ武の馴れ初めと共演作

 

2017年に、なだぎ武さんと渡邊安理さんは舞台で初共演していますが、ツイッターで「何かこいつとはウマが合う…」とコメントしています。

このツイートは2017年の6月ですので共演したのはなだぎ武さんが主演を務めたミュージカル「ソーォス!」だと思われます。
このミュージカルは、ヨシダグループを成功に導いた実業家・吉田潤喜さんの半生をミュージカル化したもので、主人公の吉田潤喜をなだぎ武さんが演じています。

そのため2人の出会いは2017年頃だと思われます。

その後、2018年には一緒に劇団ユニットを結成されています。

渡邊安理さんとなだぎ武さんは、演じることに欲求不満♡なメンバーが集まったユニットと説明されるユニット「あかりけした」のメンバーです。

なだぎ武、渡邊安理、小野川晶、成島秀和の4人で構成されており、あかりけしたpresentsとして舞台「手をつなぐには近すぎる」などの公演を行っています。

もともと「馬が合う」と言っていたので、舞台で共演するうちに仲が深まっていったのでしょう。




嫁・渡邊安理の経歴と顔画像

渡邊安理(わたなべ あんり)さんは、1984年8月15日生まれの千葉県出身で2020年8月現在、36歳です。

関東国際高等学校演劇科卒業後、2003年キャラメルボックス俳優教室1期生を経て、演劇集団キャラメルボックスに入団されています。

舞台を中心に活躍している女優さんで、「ゲームが好き」とのこと。

デビュー作は舞台「ブラック・フラッグ・ブルーズ」で、ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」、NHKドラマ「純情きらり」などテレビドラマに出演経験もあります。

 

 

ちなみに兄弟はお姉さんがおり、お姉さんは既に結婚していて甥っ子さんがいるようです。




ad by google

渡邊安理、少し友近さんに似ている

渡邊安理さんへのインタビュー動画がYouTubeに公開されているのですが、動いている渡邊さんを見ると、雰囲気がなんとなく元カノの友近さんに似ています。ネットでも、「なんとなく友近さんに似ている」と話題になっています。

男性は女性のルックスの好みがあまり変わらないといいますが、なだぎ武さんの女性の好みがわかりますね。

 

世間の声

渡邊安理さんとは馬が合うのでしょう

なだぎ武さんの元カノといえば、友近さんが有名です。

なだぎ武さんは、結婚相手の渡邊安理さんと「馬が合う」と評していますが、2017年が最初の出会いだとするととんとん拍子で結婚という流れになったのでしょう。

お二人ともお幸せに。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです