NHKの和久田麻由子アナウンサーが
結婚されました。

現在の夫とは、友人を介して社会人になってから出会ったと言います。
結婚式には、箱根駅伝時代の監督も招待されていたとか。

和久田麻由子アナの、結婚したお相手は、

フライデーによると、

「2011年の箱根駅伝選手」
「山の神とデッドヒート」
「早稲田大学」
「現在は、商社に勤務」

ということを頼りに調べてみました。

ad by google

和久田麻由子の夫は猪俣英希?

和久田麻由子 夫出典:早稲田大学入学センター

「2011年の箱根駅伝選手」
「山の神とデッドヒート」
「早稲田大学」
「現在は、商社に勤務」

この情報を頼りに調査していくと、ある1人男性が、浮かび上がってきました。

その名前は、猪俣英希(いのまた ひでき)さんです。

猪俣英希さんは、福島県立会津高校出身で、早稲田大学のスポーツ科学部卒業。
2011年第87回箱根駅伝では、5区走者として出場。

山の神と呼ばれた東洋大学の柏原竜二選手とデッドヒートを繰り広げました。

当時は、イケメン選手として騒がれたようです。

現在は、5大商社である、「三菱商事」に入社し、船舶・宇宙航空事業本部船舶部に配属され、
船舶取引などを中心に携わっておられます。

高校時代も陸上部

猪俣英希さんは、高校時代も陸上部に所属し、長距離を行なっていました。
大学では、箱根駅伝で走りたいという憧れを持って、競争部に入部しましたが、

全国大会などを経験したライバルばかりで圧倒されるばかりだったそうです。

ただひたすら練習を続けて、徐々にメンバー争いに食い込めるだけの力をつけてきました。

結果的に、箱根駅伝に出場できたのは、山の神とのデッドヒートを繰り広げた大学4年生の時のみ1回でしたが、
猪俣英希さんは、初めての箱根駅伝出場と優勝を経験しました。

その経験は、今でも生きていると語っています。

(引用元:早稲田大学入学センター

猪俣英希選手に関する世間の声

和久田麻由子の夫は猪俣英希?まとめ

猪俣英希さんは、世間の声を見ても、人々の記憶に残る「走り」をし感動を与えた選手です。
決して、早稲田大学時代はエリートではなく、必死で努力し、4年生でやっと箱根駅伝のメンバーを勝ち取った
努力家でもあります。

そんな彼は、初の箱根駅伝で初優勝を飾り、卒業後は5大商社の三菱商事に入社されました。

イケメン、高学歴、スポーツマン、努力家、本当に誰もが羨むような男性です。

和久田麻由子の夫であるかどうか100%確実ではないですが、
フライデーの情報を見ると、恐らく、和久田麻由子さんの夫は、猪俣英希さんでほぼ確実ではないでしょうか。

お二人ともお幸せに。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです