この記事では以下の内容を解説します

①若山弦蔵の画像と息子の写真と職業について
②息子の名前はコゲンちゃんでTBSラジオ勤務
③若山弦蔵が担当した吹き替え映画や俳優

スポンサーリンク

【顔画像】若山弦蔵の息子の写真と職業

若山弦蔵(わかやま げんぞう)さんには、息子さんが居ることが分かっています。

若山弦蔵の息子はTBSラジオで働いている可能性大

若山さんの息子さんはTBSラジオで働いているようで、生島ヒロシさんからは、「コゲンちゃん」と呼ばれています。

息子さんの顔写真についても、生島ヒロシさんのツイッターに掲載されています。

この呼名が愛称なのか、それとも下の名前なのかは不明ですが「弦蔵(げんぞう)」さんの息子さんなので、コゲンと呼ばれている可能性もあります。

アナウンサーではないのですが、TBSラジオでニュースを読んでいるのだとか。
恐らく、プロデューサーだと思われます。

2017年時点では、日曜深夜と月曜の早朝にニュースを読んでいたとのことですが、最近のツイートを見ると、現在はその時間帯には読んでいないようです。

「久しぶりに声を聞いた」という投稿もあるので、たまにニュースなどを読まれているのかもしれません。

そのニュースを読む声は、「渋い」「低音」だと評価されており、コゲンさんもかなりいい声をされています。

息子コゲンちゃんの年齢は50代以上?

父・若山弦蔵さんは、1932年9月27日生まれの88歳(2021年現在)です。
写真とお父様の年齢を考えると、既に50代以上である可能性が高いのではないでしょうか。

もし、弦蔵さんが20代の時に息子さんが生まれていれば、60歳も超えている可能性もあります。
TBSラジオに務めている・もしくはいたとはいえ、一般の方ですので、写真以外はあまり詳しい情報は分かっていません。

スポンサーリンク

若山弦蔵の担当した吹き替え映画や俳優

若山弦蔵さんといえば、「007」シリーズの、ショーン・コネリーの吹き替えを担当していることで有名です。
007以外でも、数多くのショーン・コネリー出演作品の吹き替えをこなしています。

「スパイ大作戦」で知られるピーター・グレイブスの声も担当しています。

ジーン・バリー、リー・マーヴィンの声も担当。

そのほか、TBSラジオのパーソナリティー、映画やドラマのナレーション、アニメ、ゲーム、CMまで幅広い活動を行われています。

スポンサーリンク

【まとめ】若山弦蔵の息子もいい声

今回の記事の内容をまとめると以下の通りです。

・若山弦蔵の息子は、コゲンちゃんと呼ばれている
・TBSラジオで働いている(プロデューサーの可能性あり)
・ニュースを読んでいたor現在も読んでいる
・息子の声も低く渋い声をしている
・若山弦蔵はショーン・コネリー、ピーター・グレイブスの吹き替えなどを担当

息子さんは、アナウンサーではないもののTBSラジオでニュースを読むこともあり、いい声なのだとか。
1度は、その声を聴いてみたいものです。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです