内野聖陽と元嫁・一路真輝の和解は子供の一言がきっかけだった。


俳優の内野聖陽さんの元嫁は元宝塚のトップスター一路真輝(いちろまき)さんです。

内野聖陽 一路真輝 子供

スポンサーリンク

内野聖陽と元嫁・一路真輝の馴れ初め

私生活では、3歳年下の俳優の内野聖陽さんと2006年に婚約・結婚。
内野聖陽さんと一路真輝の出会いは、ミュージカル「エリザベート」でした。
一路真輝さんは、主演のエリザベートを演じ、内野さんは相手役のトートを演じました。
このミュージカルがきっかけで、2人はお付き合いを始めるように。

2006年5月に婚約を発表し、7月に入籍。
内野さんが3歳年下なので一路真輝さんは姉さん女房となります。

2006年10月には第一子となる娘さんを出産。当時、一路さんは41歳と高齢出産でした。

一時期、育児と家庭生活を優先させるため、女優業を無期限付きの長期休業する旨が発表されます。
しかし2010年3月には舞台復帰。

同年、夫である内野聖陽さんが女性と車内でキスする様子がフライデーに報じられます。

離婚は、この報道がきっかけとも言われていますが実は、
この写真が報道される7ヶ月前から別居をしており一路さんと娘さんは2人でマンションにて暮らしていたといいます。

内野さんは良くも悪くも役にのめり込むタイプ。娘さんの夜泣きなどで
セリフ覚えに集中できなかったため一路さんは家を出たとNEWSポストセブンでは
報じられています。

しかし、妻からしてみれば、どれだけ仕事のためとはいっても子育ては夫にも協力して
欲しいところだろう。この頃から夫婦間に亀裂が入っていたとしても不思議ではない。
現に、一路さんのブログでは
以前より内野さんとは話し合いを続けていたと語られてます。

実は、私たち夫婦の中ではそんな記事が出る以前から、真摯に話し合いを続けていました。

結婚して子供が産まれ、お互い必死で生きる中、多くの夫婦が抱えるであろう問題にも沢山直面し、理想と現実の狭間で悩みました。

・・・・・
そんな中、私たち家族にとって何が一番良い道なのかをなんとか見つけ出したくて、長い長い時間、二人で話し合いを重ねてきました。

引用元:路真輝さんのブログ

その後、2011年8月18日には内野聖陽さんと離婚を発表。

親権は一路さんが持つことになり、一路さんは「娘さんとは会わせない」と頑なで、
そのため、内野さんと娘さんは会うことはなくなってしまったといいます。

離婚後、内野さんは都内に建てた推定2億円の豪邸に住み続けた。

しかし離婚後も、娘さんは内野さんがテレビに出ると「パパだ」と大喜び。
一路さんもこの子にとってはあの人は父親だ。悲しませてもいいのだろうか?と
考え直したそうです。

今では週末に娘さんが内野さんの家に泊まりに来たり、娘の行事に内野さんが参加することもあるという。
(引用元:NEWSポストセブン)

結婚生活は数年で終わり、離婚し泥沼化した一路さんと内野さんの関係でしたが、
その2人を和解に導いたのは2人の間にできた娘さんでした。

しかし、いくら不倫報道が出る前から夫婦間が冷え切っていたとはいえ、
育児をがんばっていた一路さんのかたわら、内野さんの不倫報道。

女として、いくら娘のためとは言えど、なかなかそんな旦那と和解はできないであろう。
そこに一路さんの女性として母としての器の広さが表れているように思います。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る