付き合ってはいないけれど、男性といい感じになって「このまま付き合うんだろうな」と思うことがあります。
しかし、そんな男性からそっけない態度などを取られると「私に冷めてしまったのかな?」と不安を感じてしまうものです。

そこで今回は、付き合う前に男が冷めたときの行動9選&LINEの特徴7選について解説していきます。
また実際に気持ちが冷めてしまっても、気持ちが戻る瞬間についてもご紹介します。

スポンサーリンク

付き合う前に男が冷めたときの行動9選

1.話しかけてこない

男性の本気度は行動に現れますが、その逆も同じことで冷めた時にもその気持が行動に現れます。男性心理として気になる女性ができると、まずは積極的に話しかけてこようとします。

これは、あなたと仲良くなりたいといった心理が働いているのはもちろんのこと、「もっと自分の事を知って欲しい」と思うからです。

しかし、気持ちが冷めてしまうとその動機自体がなくなってしまうので、以前よりも極端に話しかけてくる回数が減ってきます。

2.目が合わなくなった

男性は好きな女性や美人を見ると、無意識のうちに目で追ってしまう習性があります。

また男性の視野は狭いため、女性も同じだと考え遠くからあなたを見つめていてもバレないと思ってあなたをガン見していることも多々あります。

さらに男性としては、好きな女性は近くでじっくりと見たいという本能があるので、会話中はあなたの目を真っ直ぐと見つめてくれています。

しかし冷めてしまうと、あなたに興味がなくなっているため無意識のうちに遠くから見る回数も激減します。
わかりやすい男性であれば、会話中に目を反らしたり、前よりも目を合わしてくれる時間が減るなどの変化が見られます。

男性の視線というのはとても正直ですので、冷めたときには残酷なほど男性の「本音」が現れるのです。

3.会話している時にスマホをいじる

あなたと会話しているときや、デートをしているときにスマホをいじる回数が増えたら「冷めた」可能性が高いです。

もともとあなたと一緒に居るにも関わらず、スマホをいじる男性の行動は脈なしサインの1つです。

あなたが好きな男性は、あなたに嫌われたくないという心理がとても強いです。あなたに好かれたくて必死かつ嫌われたくないので、スマホをいじる余裕など全くありません。

いかに目の前のあなたを楽しませてあげれるか?ということに集中しています。一方で、スマホをいじり出す男性は、「あなたにどう思われても構わない」と思っており、目の前のあなたと向き合うつもりがないという気持ちの現れです。

4.一緒にいても楽しそうじゃない

付き合う前というのは、お互いにとっても最も楽しい時期だと言っても過言ではありません。
男性の気持ちが1番高まるのは、付き合う前後だと言えますので、この時期はあなたと一緒にいると楽しくて仕方ないのが恋する男性です。

それにも関わらず、これまでと違って一緒に居るにも関わらず楽しそうでないなら気持ちが冷めてしまった可能性があります。

スポンサーリンク

5.自分の話をしなくなる

男性は好きな女性に対して、もっと自分を知って欲しい・もっと自分を好きになって欲しいという気持ちが強くなり、自分の話をよくするようになります。

例えば、過去の話や両親や親友・友人などプライベートな話をよくする事が多いなら脈ありサインです。

これまで彼が自分の話をしてくれていたにも関わらず、急に自分の話をしなくなったらあなたに興味がなくなってしまっているのかもしれません。

以下の記事も参考になります。

自分の過去を話す男性心理6つ|男が過去を語るのは好意があるから?

6.以前よりも態度がそっけない

男性の気持ちの状態というのは、行動や態度になってストレートに現れます。
あなたと一緒に居ても男性の態度が急にそっけなくなってしまったら、あなたへの気持ちが薄れている可能性があります。

喧嘩などをしているわけではないにも関わらず、そっけない態度になってしまったら「冷めた」とサインかもしれません。

7.会話を続けようとしなくなった

プライベートで誰かと話をしているとき、男性は相手に興味がなければ会話を続けようとはしません。
しかし、相手が好きな人なら「彼女を楽しませたい」「もっと話していたい」という気持ちが強くなるので、必死になって会話を続けようとするものです。

これまであなたに質問してくれたりと会話を続けようとしてくれていた男性が、突然、会話を続けようとしなくなったら冷めた可能性が高いです。

8.デートの回数が極端に減る・会ってくれない

これまで毎週のようにデートしていたのに、デートに誘ってくる事がほとんどなくなったら冷めた可能性が高いです。

男性の気持ちが冷め始めたら徐々にデートの回数が減っていき、最終的にはあなたが誘っても会ってくれないという状態になります。

予定を聞いても、「その日はまだ予定が分からない」などとはぐらかされることが多くなるでしょう。

9.他の女性と仲良くする

男性は好きな女性に勘違いされたくないので、他の女性と仲の良い姿をあなたに見せつけたり、他の女性の話をすることは滅多にありません。

これまで、あなたの前で他の女性と仲良くしたりしなかったにも関わらうず、気にせず他の女性と会話したり、他の女性の話をよくするようになったらあなたへの気持ちが薄れてきている可能性があります。

スポンサーリンク

付き合う前に男が冷めたときのLINEの特徴7選

では続いて、付き合う前に男が冷めたときのLINEの特徴についても解説していきます。

1.絵文字がなくなった

一般的に男性がLINEで絵文字を使う相手というのは、彼女か好きな女性かのどちらかです。
絵文字を使って相手に好かれたいという気持ちが強くなった時に絵文字を多用するようになります。

これまで絵文字を使っていた男性が、絵文字を使わなくなったらあなたへの興味が薄れた可能性が高いです。
あなたのことが好きという状態から、女友達や知人程度の気持ちへと変化したことも考えられます。

以下の記事も参考になります。

急に絵文字を使わなくなった 彼氏の心理5つ|怒ってるor別れを考えてる?【男性心理】

2.返信が極端に遅くなる

どんなに仕事が忙しい男性でも、好きな相手にはだいたい24時間以内には返信をするのが一般的です。

5分、10分程度、返信が遅いからといって男性の気持ちが冷めたとは言えませんが、それが2日、3日と極端に返信が遅くなったら冷めた証だと考えていいでしょう。

徐々に返信を減らして、あなたに「察してほしい」といった気持ちもあるのです。

3.男性発信のLINEがなくなった

男性心理としてLINEというのは、ただの用件を伝えるツールで用事がなければ一般的には連絡しません。
しかし、好きな女性ができると、用事がなくてもLINEしたりと男性の好意はLINEの頻度をみればすぐ分かってしまうものです。

これまで男性から「おはよう」などの挨拶lINEや、報告LINEなど、雑談的な内容のLINEがよく来ていたにもかかわらず、そのようなLINEがなくなれば冷めた証です。

あなたがLINEを送れば返信してくれるものの、彼発信のLINEが全く無い場合は、興味が完全に薄れた証拠でもあります。

4.未読・既読スルーが増えた

未読・既読スルーをすることが増えたら、あなたに冷めた証です。

男性の返信が極端に遅くなった場合にも冷めた可能性が高いですが、未読・既読スルーは男性側があえてそうすることによって、あなたに「もうLINEしてこないで」というのを遠回しに伝えているサインです。

5.LINEが続かない

LINEがどんなに苦手な男性も、好きな女性となら繋がっていたい・デートに誘いたいなどの心理からLINEを続けようと努力します。
1つの会話が終わっても、新たに質問してきたりするのが恋する男性です。

一方で、LINEが全く続かなくなってしまって男性が早く終わらせたい雰囲気を出しているなら、冷めている可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

6.返信がほぼスタンプのみなどそっけない

もともと男性のLINEやメールは、冷たい・そっけない印象のものが普通です。

しかし、これまで絵文字を使ってくれていたり返事を丁寧にしてくれていたのが、突然、スタンプだけや「うん」などそっけないものになれば、冷めた可能性が高いです。

7.予定を聞いてもはぐらかされる

男性の気持ちが冷めてくると、自分からデートに誘うことはほぼありません。
すると女性側は不安になって、デートに誘いますが「今週の土曜日空いてる?」などと予定を聞いてもはぐらかされてしまうことが多くなります。

結果的にデートの日程が決まっても、ドタキャンすることも増えてきます。
予定を教えてくれずデートの日程が決まらない、決まってもドタキャンされることが多いなら冷めた証と言えるでしょう。

 

以下の記事も参考になります。

【男性心理】付き合う前に本命にだけ送るLINEの内容11選とサインとは?

付き合う前に男が冷める理由5選

突然、いい感じの雰囲気であった男性の態度がそっけなくなると「私、何かしちゃったかな?」と不安になるものです。
そこで、ここからは付き合う前に男が冷める理由5つについて解説していきます。

1.あなたが追っかけすぎた

どんなに草食系の男性でも、本能的には「好きな女性を追いかけたい」という心理があります。
そのため、あなたが男性を追っかけすぎると男性側の気持ちは急激に冷めてしまうこともあるのです。

例えば、デートに誘うのは毎回あなただったり、付き合う前にも関わらず「会いたい」とLINEしたり。
また、男性が頼んでもないのに尽くしたりすると男性はあなたの気持ちが重いと感じてしまいます。

「今の状態でこんなに重いのに付き合ってしまったらどうなるんだろう…」という心理が働き、あなたから逃げたいという気持ちが強くなっていくのです。

2.価値観が違いすぎる

恋人同士は同じレベル同士で付き合うのが一般的です。

分かりやすい例で言えば、ヤンキーの男性は同じくヤンキーの女性と付き合います。
あなたがどんなに魅力的でも、あなたが高学歴のキャリアウーマンで超真面目であれば、ヤンキーの男性は一緒に居るのがしんどくなります。

それは、あなたと彼の価値観が違いすぎるからです。
この場合はあなたや彼が悪いというのではなく、ただお互いの価値観が違いすぎたからだと言えます。

以下の記事も参考になります。

恋愛は同じレベル同士が付き合う。レベルが上がれば人間関係も変わる

3.会ってみたらイメージと違った

付き合う前にLINEのやり取りをしていて、実際に会ってみたらイメージと違ったということはよくあることです。
これまでLINEやメールで積極的にアプローチしてきたにも関わらず、会ってから態度がよそよそしくなったらその可能性が考えられます。

一般的には「外見」のイメージがかけ離れている場合に起こりやすいですが、それ以外にも会話をしてみて違ったと思うこともあります。

4.何かに対して幻滅した

彼があなたの何かしらの行動や、言動によって幻滅してしまったパターンです。
極端な例で言えば、あなたが店員さんに対して暴言を吐いたり性格の悪さなどを目の当たりにしたなどです。

特に女性に「理想の女性像」がある男性というのは、ちょっとしたことで幻滅してしまうこともあります。
とはいえ、ちょっとしたことで幻滅するくらいの気持ちだったとも言えます。

5.別に好きな子ができた

あなたとどんなにいい雰囲気であっても、出会いというのは突然あります。
あなたとデートしているにも関わらず、男性側に他に好きな人ができたなどの場合も気持ちが冷める可能性があります。

また婚活などをしている男性の場合は、複数の女性とデートしていることが多いのであなたの優先順位が下がったことも考えられます。

付き合う前に男が冷めてまた気持ちが戻る瞬間3選

では、男性の気持ちが冷めてしまっても気持ちが戻ることはあるのでしょうか?
ここからは、付き合う前に男が冷めてまた気持ちが戻る瞬間について解説していきます。

1.会えない時間が増えて…

女性は好きな男性と会えば会うほどに好きになっていきます。
一方で男性は、好きな女性と会えない時間が増えるほどに彼女の大切さに気付いていくものなのです。

男性側があなたと会っている間、「冷めた」と思っていたものの、会えない時間が増えてくると「あれ、俺、実は彼女のことものすごく好きだった」と自分の気持ちに気付くケースがあります。

このように男性というのは、自分の恋心に鈍感なものなのです。

2.あなたが追いかけてこなくなった

あなたが必要以上に男性を追いかけていると、男性は「重い」と考え気持ちが冷めてしまいます。

しかしあなたがパタッと追いかけるのをやめて、男性側が「彼女が自分のもとから離れていく」と実感すると、突然、自分の好きという気持ちに気付く場合があります。

これまで自分の女だと思っていたあなたが、突然、他の男の女になる可能性が高くなり男性の本能としては追いかけずにはいられなくなるのです。

以下の記事も参考になります。

男が別れを後悔する期間は2〜6ヶ月|冷却期間を置く事が復縁成功のポイント

3.他の女性とデートしてみて

他の女性とデートしてみて初めてあなたの良さに気付くケースも少なくありません。
「彼女だったら、こういう時、ああしてくれたのにな」などと思ってしまうのです。

とはいえ、このタイプの男性は常に誰かと「比較」する癖がある可能性があります。

付き合う前に冷めた男性の気持ちを戻す方法

では、実際に冷めた男性の気持ちを取り戻すには、具体的にどうすればいいのでしょうか。

1.あなたからLINEはしない

冷めた男性には必ずといって「冷却期間」が必要です。
そのため、あなたからLINEは一切せずに彼の前から姿を消すことです。

男性は、好きな女性が自分から離れていくと思った時に自分の気持ちに気づいたり、寂しいと感じたりするものなのです。

2.一歩距離を置いて接する

あなたと男性が物理的に会えない時間が取れない時は、一歩距離を置いて接することです。
例えば、これまでは恋人のように接していたのを友人や知人のように接するのです。

効果的なのは、男性が接してくる態度よりもより他人行儀で接することです。
そうすることで男性は、「あれ、もう俺に興味ないのかな?」とあなたのことが気になり始める可能性が高くなります。

3.素の自分でいること

人間は好きな人の前ほど、自分を作りたがり素の自分を隠します。
しかし本来、人間の魅力というのは「素」にありますので、作った自分を相手に見せて好かれてもすぐに飽きられてしまうのです。

もしこれまで彼に素の自分を見せていないなら、好かれようとせず素の自分でいることです。
そうすることで、あなたの本来の魅力が相手に伝わる可能性があります。

例え、相手の男性が振り向かなくても、素を出すことで本来、あなたにあった男性が引き寄せられることもあるのです。

4.笑顔は最強の女の武器

女性にとって最強の武器は、笑顔です。
男性に最も愛されるのは、隣でただ笑ってくれている女性というのは良く言われることですがこれには理由があります。

男性は彼女がいつも笑顔でいてくれると、「俺は彼女をいつも幸せにすることができる凄い自分」だと実感でき、男としてのプライドが満たされるのです。そうして男性としての自信がつき仕事なども頑張れるため、いつも笑顔の女性を男性は離そうとしないものなのです。

もし、冷めた男性と接することがあれば、「笑顔」で接して損はありません。

以下の記事も参考になります。

男性の一度冷めた気持ちが戻る瞬間|90日で彼氏の気持ちが戻る?

冷めた男性はあなたをどう思ってる?

付き合う前に男が冷めたときの行動&LINEの特徴を解説してきましたが、実際に彼があなたをどう思っているのか分からないという女性も多いかと思います。

そんな女性には、以下の記事もおすすめです。

3回目のデートに誘わない5つの男性心理と誘われない理由とは?

話しかけてもそっけない男性心理3つと突然そっけなくなる場合も!脈なし?

これらの記事を読んでも、「彼は私のことを具体的にどう思ってるの?」とモヤモヤしている女性には占いで彼の本音を鑑定してもらうことをおすすめします。

 

私の場合は片思いの彼の気持ちが分からずイライラしていたのですが、老舗ということもあり電話占いヴェルニという占いを利用してみました。

 

というのも、彼の気持ちを聞きたいだけだったので、数分で終わるなら無料で鑑定してもらえると思っていたからです。

(ヴェルニには初回無料通話特典があるため)

 

 

実際、鑑定してもらったところ数分で終了し無料通話分でまかなえたのですが、驚いたのが、片思いの男性の性格をズバリ言い当てられたことです。

しかも、「彼が私に対して思っていたこと」が、後になって当たっていたことが判明したのです。

正直、子供騙しだと思っていましたが、「今すぐ彼の気持ちを知りたい」「ちょっと質問してスッキリしたい」という方は、1度、試してみることをおすすめします。

 

とはいえ、私は当時、「電話占いは怖い」「怪しい」「騙されそう」だと不安を感じていました。

おそらく、同じように思っている方も多いかと思いますので、電話占いについて徹底的に調査し、悪い口コミなどもないかくまなく探してみました。

 

その結果を以下の記事にまとめていますので、興味のある方は、ご覧になってみてください。

【当たらない口コミあり】ヴェルニは詐欺か徹底検証【後悔しない電話占い】

スポンサーリンク

脈なしでも大逆転はとても簡単

女性は恋をすると脈アリなのか、脈なしなのか色々考えてモヤモヤしてしまう人が多いものです。
しかし、男性は目の前に女性が10人いれば8人は「アリ」だと判断します。

もし今、あなたが脈なしだと判断していても、相手の男性にとってアリの8人に入っていれば今後のやり方次第で、好きになってもらうことは難しいことではありません。

 

男性は美人や可愛い人しか好きにならないと思っている女性は多いです。確かに、一目惚れが多かったり、第一印象がいいのは外見の良い女性です。しかし、どんなに美人の女性を最初にいいなと思っても、最後に選ぶ女性は普通の女性だったということは意外と多いものです。

 

実は、そのような最後に選ばれる女性にはある共通点があります。それは「会話」です。とはいえ、ホステスさんや営業ウーマンのように高度な会話力は全く必要がありません。

とても単純で当たり前だけど、ほとんどの女性が出来てないことをできる女性が、男性に最終的には深く愛されているのです。

その会話の秘密については、以下の記事について詳しくご説明していますので、興味のある方はご覧になってみてください。

マニュアル完全版「人に好かれる会話術」はこちら→

以下の記事も並行してご覧頂くと更に分かりやすいです。

年齢・外見関係なく好きな男に一生深く愛される女になる方法

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです