登山・トレランでの4つのマダニ対策


登山やトレランを楽しむ人にとって、

「もし、マダニに噛まれたらどうしよう。」
「マダニに噛まれないようにしたい。」

マダニ対策を考えている人は多いと思います。

そこで今回は、登山やトレランでの
まだに対策をご紹介します。

スポンサーリンク

虫除けスプレー

マダニの強さが認知されるようになって
薬局の虫除けスプレーにも、
マダ二対策用の虫除けスプレーが多く販売されるようになりました。

今に行く時は、
虫除けスプレーでまだに対策をすることが大切です。

しかし、虫除けスプレーは長時間聞くわけではありません、
こまめに、虫除けスプレーをかけて的に対策を心がけましょう。

笹の密集には注意

マダニ 登山
マダニは、笹ダニと言われているほど、
笹に、よく生息しています。

山に行く時は、笹の密集しているところに、
むやみに行かないようにしましょう。

また小竹だけではなく、
細長い草や、人があまり入っていないような、
草むらには注意することが大切です。

服の侵入口には注意

マダニ対策には、
露出を避けると言うことが言われています。

しかし、どんなにズボンや、
タイツで露出を避けていても、
靴下とズボンの境目から、マダニが侵入して、
内側の太もも等の柔らかい部分に、
マダニが付着していたと言うことも少なくありません。

靴下とズボンの境目や、

マダニが侵入してきそうな、衣服と衣服の境目には、
虫除けスプレーを、
重点的にふりかけるなどして、
対策を行うことが大切です。

刺された時の対策

まず、息の根を止める

マダニにもし刺されたら、
マダニを肌から離す前に息の根を止めましょう。

諸説ありますが、
また人の駆除方法としては、
アルコールを使用することが多いようです。

管理にも、消毒液を、
登山の際は持参しています。

ピンセットなどで除去

まだには、皮膚に食い込むようにして、
人間に吸着します。

そのためなかなか簡単には、
ピンセット等では除去できません。

下手に上京してしまうと、頭や、
体が皮膚の中に残ってしまう可能性があるからです。

最近では、
マダニを除去する専用の以下のようなアイテムが販売されています。

1つ持っておくといざと言う時に安心ですね。

心配なら皮膚科へ

まだには、刺されても痛くも痒くもないため、
山から帰ってお風呂に入っているときに、
初めて気がつく人が多いようです。

初めてマダニに噛まれてしまったら、
怖くて自分で対策的な人も多いかと思います。

その時は、迷わず皮膚科を受診しましょう。

まとめ

マダニ 登山登山やトレランで山へ行く際は、
虫除けスプレーや、
服装に注意して、できる限りまだに対策を心かけることが重要です。

しかし、必然的に山には笹谷草むらが多いものです。
そのため、マダニに刺されたときの対策をしっかりと
知識として持っていることが重要です。

まだ2の対策方法をしっかりと身に付けて、
トレランや登山を楽しみましょう。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る