職場などの年下男性に食事に誘われ、おごられると「なんだか申し訳ない」と思うと同時に、「どういうつもりで、おごってくれるのだろう?」と疑問に思うものです。

そこで今回は、年下男性が年上女性におごる時の7つの男性心理についてご紹介していきます。

年下男性がおごる7つの男性心理って?

恋愛
では早速、年下男性が、あなたに「おごる 」男性心理について順番に見ていきましょう。

ad by google

1.支払いは男がするものという価値観がある

ある統計によると、付き合う前の食事において「全額支払いたい」・「多めに支払いたい」とおもっている男性は半数以上をしめているそうです。

年齢関係なく、“男性として”の見栄で支払っているのかもしれませんね。この場合は恋愛感情がない場合もあるかもしれませんが、あなたに対して好意を抱いていることに間違いありませんね。好感度アップを狙っていると思われます。

または、おごることをマナーだと考えている場合もあります。男性ならおごるものという概念を持っていることから年齢関係なくおごってくれているのでしょう。

年下男性から声をかけた場合も支払うことに義務を感じている場合もあるかもしれませんね。特に、金額によっては(1000円程度)さらっと払ってくれる男性は多いですよね。

コンビニやカフェのような場では割り勘するよりも男性がパッと払う方が印象もよくなります。すごく年の差がある場合でなければ周りから見て年の差がはっきりわかるわけではないと思うので「いいよ」と言われたら素直におごってもらいましょう。

2.お金に困っていない・余裕がある

相手の男性によっては、実際にお金に困っておらず金銭的に余裕があることが考えられます。

合コンやコンパでの出会いの場合は、あなたの知らない部分が多いです。実家がお金持ちであったり、稼げる職業についていたり、お金に余裕がある人は相手に対してごちそうすることが当たり前なのかもしれません。

さらっと質問してみたら良いかもしれませんね。
もしくは、相手の男性がギャンブラーの場合だと「パチンコに勝ったから」など一時的なお金の余裕から太っ腹になっていることもあります。

ギャンブルをする男性は女性、男性に関わらず買った方がおごるという習慣ができています。

相手に気のある場合は「負けたときは言ってね」などと年下女性っぽい余裕のある態度で接してあげると年下男性も気軽に誘えるようになるでしょう。

3.女性にモテたいと思っている

男性なら誰しもモテたいと思っています。多くの女性と食事に行ったり出会う中で食事をごちそうしたり欲しいものをプレゼントしてくれたりなど、“いい男”な振る舞いをすることで不特定多数の女性に好意を抱いてほしいと思っている場合もあります。

また、昔からの慣習で女性が料理を振る舞い、男性が外でお金を払うというものがあります。

そのイメージがあるため、同性カップルや夫婦の中には家での食事は女性が負担、外での食事は男性が払うという人たちもいます。このような慣習から、男性は“外で払うべき”という概念がずっと色濃く残っています。

そのことから、男性は外での食事は女性に払ってあげないとという一般論がいまだにあるのです。

4.カッコつけたい

恋愛
おごってくれる男性の多くはおごる男=かっこいい、おごらない男=ケチというイメージを持っています。自分の男としてのプライドを保ち、女性にかっこいいと思われたいのです。

年下男性に関わらず、男性はプライドを保ちたい・女性に素敵だと思われたいことがおごる一番の理由です。その中でも、年下男性は“年の差を埋めたい”や“年の差を感じさせたくない”という思いを抱いている人が多いのです。

そんな時は、「私も出すよ」ではなく素直に「ありがとう」という言葉をかけてあげましょう。

5.下心がある

いくら年下であると言っても、男性です。あなたのことを恋愛対象として見ているのかもしれません。「関係を持ちたい」「このまま2件目に」「またデートに行きたい」という理由でおごっている可能性があります。

特に、2人で飲みに行こうと誘われた場合は多くのケースで男性が女性に対して下心を持っている場合が多いです。あなたが相手のことを良いなとおもっているのなら「また行きたいから、今度は私におごらせてね」と声をかけてあげましょう!

酔った勢いで払う!と言ってくれる男性もいるかもしれません。

お互い飲んでいるのでしたら相手の男性の楽しい雰囲気に合わせてあげたらいいでしょう。払ってくれたお礼にタクシー代は出すねや2件目は私が!と声をかけてあげたら対等な関係になり恋愛に発展しやすいでしょう。もし、相手に対して気持ちがない場合はおごってもらった後に半分返すのもアリでしょう。

6.好意があるから

とくに、何度か食事やお出かけをしている場合はあなたに好意を持っていることが年下彼のおごる理由です。親しい男性の場合、学生だったらアルバイトで、社会人の場合は仕事を一生懸命頑張っておごっているのかもしれないです。

年上のあなたに必死になって追いつこうとしているのかもしれませんね。そんな姿勢を見てしまったら胸がキュンとしてしまいますね。

必死な姿こそが年下男性ならではの魅力です。

ほかのケースとして、初デートはおごり派の男性もいるようです。初めてのデートで男性が出してくれたら彼の態度や行動を見てみましょう。

ちょっぴりてれていたり、見栄をはろうとするようなしぐさが見られたらそれは脈アリかもしれません。あなたがその年下男性に好意があるならお会計の時に相手の表情や態度をよく観察してみましょう。

以下の記事も役に立ちます。

7.年上女性に「男」だと認めて欲しい

最後の理由としては「男らしさ」を感じてほしいと理由があります。あなたの大人っぽい魅力的な部分がネックで年下男性が年の差を気にしてしまっているかもしれません。

年下といえども、男です。見栄を張りたいという気持ちがあるのでしょう。

やっぱり、男性はプライドの高い方が多いです。嫌いな方にはおごることはないので、あなたに対して好意をもっている場合が多いと言えます。

あなたが相手に良い印象を抱いているのなら年下男性のことをしっかり男性として意識してあげたらいいのでは??さすが、男らしいねと冗談っぽく言ってみてはいかがでしょうか。

以下の記事も役に立ちます。

年下男性におごられた時の3つのマナー

恋愛
では、年下男性におごってもらった時はどのような反応や対応をするのが一番いいのでしょうか。

相手との関係によっては対応に非常に困ってしまうことがあるかもしれませんね。
ここでは、年下男性におごってもらった時に相手にいい印象を与えることのできるマナーを3つ挙げます。

1.笑顔でありがとうと感謝を伝える

まず、これは絶対です!おごってもらった時は財布を出すのではなく、「いくらだった?」と聞くのでもなく笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう。
ありがとう。の言葉に加えてもう一言加えるのもポイントです。

すっごく美味しかったね、楽しかったなどの気持ちをプラスしてあげることで相手が一緒に来て良かったなと感じます。男性は払ったことに気持ちがよくなっているので、女性の喜ぶ顔を見たらその気持ちよさは倍になるでしょう。

男性が女性を可愛いと思う瞬間は女性の笑顔がダントツの一番です。この2つのポイントを押さえることは忘れないようにしておきましょう。

2.カフェや二次会で「ここは私が払うね」と伝える

2つめのポイントは他の場所では私が払うということを伝えることです。
絶対におごらなければいけないというわけではありません、その言葉を伝えるということが大事なのです。

男性によっては女の子にはおごられたくないと思っている男性もいます。

なので、次は私に払わせてということが大事です。

この言葉を言うことで相手の金銭感覚や支払いスタイルを見ることもできるので言った後は相手の反応を見てみましょう。

じゃあお願いするねと言われた場合は2次会の場や、カフェなど別の場で支払いをしましょう。このような気遣いをすることで次の食事やデートにつながります。

お互いが気負いすぎずに出かけられることが年下の男性との上手な付き合い方です。

3.無理に割り勘にしたり支払いをしない。男を立てる

最後のポイントは男性を立てるということです。男性は誘った、食事にいく=おごる気でいるという場合が多いです。その男性の気持ちを否定するような行動をとることはNGです。

「半分出すから」としつこく言うなどしてお会計の前に店員さんの前で揉めることは男性の気持ちを虐げることになりますし、揉めたら店員さんがきまずくなってしまったりなどいいことはありません。

払うよと言ってくれたなら、無理にお金を渡そうとはしないようにしましょう。

年下男性に対して、ちょっと男前になってしまう女性は注意しましょう。

これ受けっとてな、とお金を渡すのではなく嬉しいと伝えることで年下男性は自信を持つものです。

「男を立てる」ということを意識して、一歩引いた姿勢で行動してみましょう。

おごってくれる年下男性の気持ちを今すぐ知る方法

あなたにおごってくれる年下男性が、本当はあなたのことをどう思っているのか今すぐ知りたい場合、電話占いヴェルニを利用するのも1つの方法です。

わたしは、好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、さらにたった3分で鑑定してもらえました。

初回の鑑定には、最大2500円の無料通話特典があるので、実質、無料で占ってもらえかなりスッキリしましたよ。

とはいえ、電話占いは怖いというイメージしかなかったので、あなたも「怖い」と感じているなら、是非、以下の記事もご覧になってみてください。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです