あなたは、
「彼と付き合っているのか、いないのか?はっきりしない。」
そんなお悩みはありませんか?
「体の関係があるけど、付き合っているのかわからない。」
「たくさん、LINEしたりデートしたりしている。
これって付き合ってるの?」
などと、お悩みの女性も多いと思います。
実際に、「友達と恋人の境界線」はどこにあり、
付き合っている基準には、どういった条件があるのでしょうか?
ここでは、「彼と付き合っているのかいないのかはっきりさせたい!」
という女性のために「付き合っている基準の6つの条件」をご紹介します。
是非、チェックしてみてください。

ad by google

1「付き合って」「好きです」という言葉

男性から、「好きです付き合ってください。」と正式に申し込まれた場合。
「付き合って下さい。好きです。」
というこの2つの言葉をセットで相手の男性から言われれば、
あなたは恋人である可能性は、とても高いです。
そのため、「付き合って下さい」という言葉がないのに、
体の関係を求められた場合は注意が必要です。
男性は、相手の女性が好きでなくても、体の関係を持てるものです。

2.外でのデートが複数ある

付き合ってる わからない
「付き合ってください。好きです。」

と言われたけれど、安心できない場合があります。
中には、「付き合って下さい。」を体の関係を持つために
使う男性が、いるからです。
付き合ってから今まで、外で食事をしたことはありますか?
いつもお家デートばかりじゃないですか?
外で食事をするということは、
2人のデートが誰かに、目撃される可能性があるということ。
外でデートをする回数が、複数回あれば、彼にとって「恋人」として認識されている
可能性が高いでしょう。
ただし、「付き合って下さい。」という言葉がないけれど、
外でデートを何回もしている。体の関係がある場合、
「セフレ」の関係である可能性があります。
あくまで、「付き合って下さい。」という言葉の後、
外でのデートが複数回あることがポイントです。

3.エッチの回数は複数回ある

彼とのエッチは、複数回ありますか?
1回、2回体の関係を重ねたあと、
「彼から連絡があまり来なくなった。」
「彼が、冷たくなった。」
場合、あなたは「遊び目的」であった可能性があります。
恋人同士であれば、エッチの回数も増え、
1、2度関係を持ったからといって、連絡はなくならないものです。

4.深夜に電話すると心配してくれる

深夜に電話をすることは、友達の間でも非常識。
と思われがちです。
しかし、もし彼に、あなたが深夜に電話をかけた時、
「どうしたの?何かあった?」と心配してくれるようなら、
彼の中で、あなたは彼女です。
もし彼があなたと付き合っているつもりがないなら、
深夜の電話という面倒なことは嫌がるはずです。

5.彼の友達や親に紹介してくれた

彼の友達や親、彼女として紹介してもらえたら「付き合っている」といっていいでしょう。
もし、いつまでたっても親、もしくは友達に紹介してもらえない場合、

・他に本命の彼女がいる
・そろそろ別れたいと思っている

いずれかの可能性が高いです。
男性の中には、「彼女を取られたくない」「彼女を見せるのが恥ずかしい」
といった理由で友達に紹介しない場合もあります。
また、地元が別の県で友達、親が近くにいない場合もあります。
なかなか、友達に紹介されずに思い悩んでいるのならば、
彼氏に、率直に聞いてみましょう。
ただ、彼氏・家族に紹介された場合は、喜んで良い条件の1つです。

6.誕生日・イベントをお祝いしてくれる

誕生日や、イベントを
一緒にお祝いしてくれるならば、付き合っているといえるでしょう。
本当に好きな女性であれば、
彼は誕生日や、クリスマスなどのイベントであなたを楽しませようと考えます。
ただ、クリスマスなどのイベントは、もともと気にしない男性もいますので、
注意が必要です。
しかし、誕生日をお祝いしない男性は、あなたと付き合っている意識がないかもしれません。

まとめ

1「付き合って」「好きです」という言葉
2.外でのデートが複数ある
3.エッチの回数は複数回ある
4.深夜に電話すると心配してくれる
5.彼の友達に紹介してくれた
6.誕生日・イベントをお祝いしてくれる

付き合っている条件として、最低でも上記6つは、満たしていたいところです。
きちんと付き合っている関係であれば、このような内容は、ほぼしてクリアしているはずです。
逆に、ほとんどの条件を満たしてない場合は、
彼との関係を見直したほうがいいかもしれません。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです