1972年~1975年9月にかけて『日米対抗ローラーゲーム』と
いうスポーツ中継の番組に登場し人気を博した日本のローラーゲームチーム
『東京ボンバーズ』

東京ボンバーズ 小泉博

出典:Wikipedia

ローラーゲームは
1チーム男性5名女性5名となっており2チームが男女別に
得点を競い合うスポーツであった。
時には両チームが防御しながら攻撃する入り乱れた展開となり
反則妨害を加えるというアクションゲームの要素が詰まっている
スポーツとして人気を博した。(東京ボンバーズFacebookより)

番組は高視聴率を記録したが、視聴率が低迷し放送が打ち切られ、
東京ボンバーズは放送が打ち切られる前に活動を休止。
経営母体も失う。

しかし現在は、当時『東京ボンバーズ』のスケーターでもあった
小泉博(こいずみひろし)さんが『東京ボンバーズ』を運営している。

東京ボンバーズ 小泉博小泉博さん

出典:rgpj.biz

小泉博(こいずみひろし)さんは、1957年7月13日生まれ。
解散後は、スケートリンクスーパーバイザーとなり
光GENJIやSMAPなどのアイドルグループのスケートプロデュースを務める。

昭和63年にはローラースポーツ全般の企画制作などを行なう
『アール・ジー・プロデュースジャパン株式会社』を設立。

現在は、X−DOME海老名・アクションスケートパークを拠点に、
業界全体の普及活動や世界でもスケート教室などを行なっている。
最近では、パレスチナ国連難民キャンプでローラースケート教室を
実施したようだ。詳細はこちら→

X−DOME海老名は週末の夜に『ROLLER&DISCO』という
ディスコのような環境の中、踊ることが出来るイベントも開催。
なんだかとても楽しそうである。

X−DOME海老名のHPはこちら→

小泉博さんのブログはこちら→

『ローラースケート』といえば、既に『昔のスポーツ』というイメージがあるが、
今後また、『ローラースケート』の時代が来るかもしれない。

今後の、小泉博さんの活動にも注目だ。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです