2018年3月25日(日)に開催された
「とくしまマラソン2018」に参加してきました。

 

今回は、ウェーブスタートで、
2ウェーブに分けてスタート!

制限時間は、7時間のフルマラソン初心者にも

おすすめのマラソン大会です。

ad by google

コースはとても平坦で楽なコース

徳島マラソン ブログ

徳島マラソンは、とても楽なコースだと聞いていましたが、
最初から最後まで、ほとんど高低差がなく、

とても楽なコースでした。

 

眉山、吉野川大橋、吉野川橋、西条大橋など、見所はありますが、

風景がほとんど変わらず、他のマラソン大会と比べると

飽きてしまうかもしれません。

 

徳島マラソン2018

しかし、

途中途中で、応援の方々や、阿波踊りなどで、

「頑張ろう!」

と思える大会です。

徳島マラソン2018

コース中に、ラーメン店が!

徳島マラソン

徳島で有名な食べ物といえば、徳島ラーメン。

徳島ラーメンの人気店「東大」が、

まるで屋台のように、選手たちにラーメンを振舞ってくれます。

ここまで本格的な屋台がコースに存在するのを見るのは

初めてでびっくり!

ゴール後にはフィニッシュカツ!

徳島マラソン

徳島マラソンをゴールすると、
徳島名物「フィニッシュカツ」が配布されました。

その場で食べられませんが、
帰ってチンして食べられるようになっています。

その後、

お接待で「うどん」が振る舞われます。

後夜祭会場にはクルーズで移動!

徳島マラソン 後夜祭

徳島マラソンで1番びっくりしたのは、

後夜祭会場まで、「クルーズ」で移動というもの。

田宮川を、クルーズでさっそうと後夜祭会場まで向かいます。

水しぶきが気持ちいし、1つのアトラクションとして
楽しめます。

徳島マラソン 後夜祭

後夜祭会場では、食べ物の他、すだち酎ハイ、ビールなどのアルコールも販売。

この日は、スラックラインのプロライダーさんが、その腕を披露していました。

CMにも出演している有名な方だそうです。

プロの技に、マラソン後も楽しむことができました。

まとめ

徳島マラソンは、
平坦なコースなので、タイムを狙うのには、おすすめの大会です。

景色が変わらず、飽きてしまうところは難点ではありますが、

本当に、おもてなしが素晴らしい大会です。

様々な形で、ランナーたちを楽しませてくれる大会だと思いました。

年々、参加者が増えているのもわかります。

今回、風邪で、完走するのがやっとでしたが、

来年は、体調を万全にしてタイムを狙いたいと思います。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです