手塚治虫が考案!あんかけ焼きそばがある高田馬場の一番飯店とは?


手塚治虫(てづか おさむ)さんといえば、
日本を代表する漫画家です。

手塚さんは1989年に60歳でお亡くなりになるまで、
作品を発表し続け、「マンガの神様」とも呼ばれています。

手塚治虫出典:tezukaosamu.net

手塚治虫さんは漫画家でありながらも、
医師免許を持っているという経歴の持ち主でもあります。

そんな、「マンガの神様」と呼ばれた
手塚治虫(てづか おさむ)さんが足繁く通った中華料理店があります。

その中華料理店が創業60年以上の「一番飯店・本店」です。

スポンサーリンク

手塚治虫が考案した「あんかけ焼きそば」とは?

手塚治虫 あんかけ焼きそば 高田馬場出典:高田馬場新聞

手塚治虫さんの事務所「手塚プロダクション」は、
高田馬場4丁目にありますが、
同じく「一番飯店・本店」も4丁目にあります。

当時の手塚さんを知る山本店長は、

手塚さんに、「好物の八宝菜を焼きそばに乗っけてほしい。」
というリクエストを受け、今や名物の「特製上海焼きそば」をつくったのだとか。

しかも、「あれもこれも入れて。」
ということで、イカ、あさり、2種類のエビなど、豪華なあんかけ焼きそばが完成。

 

そのため、お値段は他のメニューより高めの1,420円。
※変更の可能性あり

手塚さんは、1日一食だったそうで、
「特製上海焼きそば」は、かなり量が多いそうで、2人前の量だとか。
あんかけ焼きそばを頼む際は、2人で1つ食べる方が良いかもしれません。
(出典:高田馬場新聞

「特製上海焼きそば」の他にも、
「ニラ肉丼」「トマトタンメン」「レバニラ炒め」などが人気メニュー。

様々なメディアにも紹介されている人気の中華料理店です。

一番飯店・本店詳細

一番飯店(いちばんはんてん)

住所:〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-28-18
(JR高田馬場駅 早稲田口 徒歩7分)

営業時間:
【月・木・金】
11:30~24:30
【火】
11:30~22:30
【土・日・祝日】
11:30~24:30

定休日:水曜日

ぐるなび:一番飯店

地図▼

まとめ

手塚治虫さんは、
『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』をはじめとする
数多くの作品を生み出し、後世に大きな影響を与えました。

今、世界中で日本のアニメが注目されていますが、
その歴史の元祖は、手塚治虫さんと言っても過言ではありません。

さらに、ドラえもんを世に送り出した、藤子・F・不二雄、
オバケのQ太郎の作者・藤子不二雄Aなど、著名な漫画家にも影響を与えました。

そんな、マンガの神様が愛した一番飯店の「特製上海焼きそば」。
お値段は安くないものの、1度は食べてみたい一品です。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る