さんま御殿に紫の髪の毛で登場した俳優の手塚とおるさん。
手塚さんの生年月日は1962年6月27日で、2021年2月現在58歳ですが現在も独身で結婚歴はありません。

しかし、息子と検索されたり大学が東京大学などと噂されていますが、その真相について調査してみました。
また、手塚さんの若い頃の画像もご紹介します。

スポンサーリンク

手塚とおるに結婚歴なし

手塚とおるさんは、2015年52歳の時点で独身であり過去に結婚歴もないことが判明しています。
その後、手塚さんが結婚したといったニュースなどは報道されていないため、現在も独身を貫いていると思われます。

手塚さんは以前、ご自身の結婚について以下のように語っています。

「独身主義者ではないですけど……どうなんですかね。『結婚というものに向いているのかな?』『僕って大変だろうな』と思うんですよ。
とりあえず芝居のこと以外考えていないし、他のことは何もできないんですよ。

本当に芝居しかやってきていないので、社会的なことが一切ダメだし、頓着がないんですよね。だから、今までつき合ってきた女の子たちはだいたい離れていきました。でも、僕から離れたことはありません。『できたらいいな』とは思いますけど」
(引用元:マイナビニュース

なお、2013年に「メレンゲの気持ち」に出演した際には、結婚したいと思った人もいたそうですがタイミングを逃してしまったと語っています。

インタビューから推測するに、手塚さんはとにかく芝居に夢中で、彼女がいた時期があったものの芝居に集中しすぎて、彼女は2の次になってしまったのではないでしょうか。

男性はシングルタスク脳と言われ、1度に1つのことにしか集中できないと言われていますが、手塚さんの場合は芝居一筋だったのかもしれません。

手塚とおる・息子とは?

手塚さんに結婚歴がないものの、手塚さんの名前を検索すると「息子」と出てきます。
かねてより、手塚とおるさんは漫画家の手塚治虫さんの甥・息子などと噂されており、これが原因であると考えられます。

 

なお、手塚治虫さんの娘・るみ子さんも息子はおらず、娘1人であることをTwitterにて投稿しています。

 

スポンサーリンク

手塚とおる若い頃の画像がイケメン

手塚とおるさんは、映画監督になるのが夢で役者の友だちを作りたいと思ったそうです。そんなときに蜷川幸雄さんの舞台オーディションの広告を見つけて、オーディションの見学をさせて欲しいと電話で頼んだのだとか。

その後、オーディションは見学するところではない、履歴書を送ってくださいと言われ地図が贈られてきたといいます。

手塚さんは、見学していいんだと思い8ミリカメラを持参しオーディションに。

当日は、8ミリカメラで撮影し続けていたそうですが、オーディションを受けにきていると思われているため、「舞台にでろ」と言われ、結果的に21歳のときに1983年の舞台で蜷川幸雄さん演出の「黒いチューリップ」で俳優デビューを果たしています。(参考:TBSラジオ

若い頃には奥菜恵さんと以下のCMでも共演していたようです。

手塚とおるの大学は東京大学?

手塚とおるさんは大学を卒業しているかも定かではないのに、なぜか東京大学を卒業したと噂されています。
調査したところ、手塚徹(てづかとおる)さんという、東京大学医科学研究所で助教授をされている方がいらっしゃいます。

そのため、この2人は全く別人ですが同姓同名のため、手塚とおるは東大卒では?という噂が出ていた可能性が高いです。

もしくは、研究者の手塚徹さんを検索されている可能性もあります。

世間の声

スポンサーリンク

癖になる魅力を持つ手塚とおる

手塚とおるさんのイメージは、嫌なヤツを演じさせるとピカイチといった印象です。
しかしなぜか、どこか憎めない魅力を持つハマると癖になる俳優さんだなと個人的に思います。

まだ40代だと思っていましたが、もう58歳であることにびっくりです。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです