山﨑ケイさんと落語家の立川談洲さんが結婚したことがわかり、立川談洲たてかわ だんす)さんはイケメンだと話題になっています。
立川談洲さんは元お笑い芸人で、エレファンツのグループの1人として活動されていました。

ネットでは、「立川談洲さん、エレファンツの大江さんだったの!」と驚きの声もあがっています。

ここでは、山﨑ケイさんと立川談洲さんの馴れ初めや、立川談洲さんの芸人時代の写真や動画、経歴などをご紹介します。

山﨑ケイと立川談洲が結婚!馴れ初めとは

相席スタートの山﨑ケイさんが、5歳年下の落語家・立川談洲(たてかわ だんす)さんと結婚したことを「相席YouTube」で報告しました。
現在、立川談洲さんは落語家として活躍されていますが、過去にはエレファンツというお笑いグループとして活動されていました。

もともと山崎さんにとって立川談洲さんは吉本の2年後輩でした。
談洲さんは、話をほとんどしたこともない状態で山崎さんに好意を抱いていた状態だったそうです。その後、みんなと飲みに行っていたそうですが、談洲さんは好意がある風だったといいます。

山崎さんに好意を持っていたものの、それが本気の恋愛感情かどうかはわからなかったそうです。
それでも何度もアプローチしつつ、根負けする形でたまに2人で飲みにいけるように。

そして、落語家に転身した後に、「会えなくなって寂しい」と感じ、これは「本気の恋愛だ」と実感したそうです。
また、結婚したいという気持ちも強かったとのこと。

そして、結婚を前提に付き合ってくださいというも、「これからモテ期くるからごめんね」と言われ玉砕します。

しかし、何度もアタックすることで、山崎さんは根負けする形でお付き合いが始まったとのこと。
交際期間は3年ほどとのことです。

すごい執念ですね。




【顔画像】立川談洲の本名や芸人としての経歴

立川談洲(たてかわ だんす)
本名・大江 卓(おおえ すぐる)
生年月日:1987年10月14日
出身:富山県射水市
血液型:B型

ad by google

エレファンツ時代は、大江すぐる

大検を取得して玉川大学に進学するも、1年で中退し、NSC東京へ入ります。
NSC東京15期で、お笑いグループ「エレファンツ」に2013年4月27日に加入。
なお、ヒップホップダンス基本技能指導士の資格をもっています。
もともと「エレファンツ」は、4人グループでしたが大江さんが加入してから5人グループとなります。

2015年5月末に、エレファンツは解散。
解散後は、ピン芸人として主に漫談をこなっていましたが、2016年12月に吉本をやめて立川談笑さんに弟子入りし落語家に転身しています。




世間の声

ネットでは、「立川談洲さんかっこいい」「まさかの、エレファンツの大江さん!」「おめでとう」という声が多数見られました。

山﨑ケイと立川談洲どちらもすごい

山﨑ケイさんは告白され、「これからモテ期がくるからごめんね」と断り、何度もアプローチを拒否。
私生活でも、山﨑ケイさんは山﨑ケイさんだったことに驚きです。

そんな山崎さんに何度も玉砕してもアプローチし続け、執念でお付き合いを始め結婚した立川談洲さんもかなりすごいですね。
とにかく、ラブラブのようで、末長くお幸せに!


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです