東洋の魔女・谷田絹子と淡島千景の関係とは?|フジクラブは国体で優勝


 

1964年東京オリンピックで、バレーボール女子は見事、金メダルを獲得しました。
当時、彼女たちは「東洋の魔女」として恐れられていました。

 

 

「東洋の魔女は、練習が厳しすぎて、嘔吐したものをすすって練習を続けた。」

 

 

という噂が管理人の小学校では広まっていましたが、嘘か本当かは置いておいて、それぐらい彼女たちの練習は厳しかったようです。

 

 

東洋の魔女の中で、回転レシーブを武器に持ち、エーススパイかーとして東京オリンピックで活躍した1人が、谷田絹子(たにだ・きぬこ)さんです。

そして、東洋の魔女を熱烈に応援していたのが、大女優の淡島 千景(あわしま ちかげ)さんです。

今回は、谷田絹子(たにだ・きぬこ)さんと淡島 千景(あわしま ちかげ)について見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク

強制的に盲腸の手術?谷田絹子について

谷田絹子 淡島千景出典:yomiuri online

谷田 絹子(たにだ きぬこ)さんは、1939年9月19日に大阪で生まれました。
お兄さんの影響でバレーボールを初め、強豪・「四天王寺高校」に入学しました。

 

 

在学中から、後に東洋の魔女に金メダルをもたらした大松博文監督率いる「日紡貝塚」と合同練習などを行ううちにスカウトされ、そのまま日紡に入りました。

 

 

今では、当たり前のように行われている「回転レシーブ」ですが、当時は誰もやったことがありません。
必死で練習して、やっとできるようになるまで1年ほどかかったといいます。

 

 

当時の日本は、9人制だったので、6人制に慣れるまでは、反則をよくとられたそうですが、
1961年にはヨーロッパ遠征し、22連勝を挙げて、一躍脚光を浴びました。

 

 

当時の練習は「スパルタ」で、レギュラーは、遠征先での腹痛により欠場を防ぐため、なんの症状もないのに
強制的に盲腸の手術をさせられたといいます。今では、考えられませんね。
(引用元:article.auone.jp

 

 

当時、世界で強豪国といえば「ソ連」でしたので、1962年の世界選手権でソ連に勝てば、大松監督も東洋の魔女たちも辞めるつもりだったそうです。

 

理由は、厳しすぎる練習から逃げたい思いと、選手らが結婚適齢期だったため。

 

この試合で、日本は強豪国ソ連に勝利し、優勝。日本の団体球技で、世界大会での優勝は初めてだったので、社会的なニュースとして取り上げられました。

 

 

2年後には、東京でオリンピックが開催されるとあって、日本国内の期待が高まり、辞めるどころではありませんでした。

 

 

そして、1964年の東京オリンピックでは見事金メダルを獲得し、一躍・歴史のチームとなりました。

谷田 絹子(たにだ きぬこ)さんは、その後、井戸川さんと結婚し、3人のお子さんをもうけて、現在は7人の孫を持つおばあちゃんです。

大阪・池田市の体育館に勤務しており、年に数回、指導を行っているそうです。

 

 

東洋の魔女については以下の記事もどうぞ!

東京オリンピック東洋の魔女メンバー「金メダルの勝因は猛練習!」

参考文献:sportiva.shueisha.co.jp

東洋の魔女の応援団長・淡島千景

谷田絹子 淡島千景出典:wikipedia

淡島 千景(あわしま ちかげ)さんは、1924年2月24日に東京で生まれ、宝塚に入団し、娘役スターとして活躍。
その後は、松竹の看板女優として活躍した、戦後の大女優です。

 

 

彼女は、東京オリンピックで東洋の魔女の試合を観戦し、選手たちと深い交流を築いていくことになります。

 

東洋の魔女の中村昌枝や谷田絹子、松村好子さんらは、「国体」に出たことがないというので、

淡島千景さんがオーナーとなりチーム「フジクラブ」が設立され、第20回国民体育大会バレーボール競技に出場し優勝しています。

 

 

淡島千景(あわしま ちかげ)さんは、晩年、「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、これが遺作となりました。

 

淡島千景 東洋の魔女出典:渡る世間は鬼ばかり

 

87歳まで現役を続け、2012年2月26日、膵臓癌のため亡くなりました。

 

おわりに

東京オリンピックでのソ連との決勝戦での視聴率は66.8%を記録し、スポーツ中継として歴代最高となっています。

戦後、「負けるわけにはいかない。日本のために。」と、今では想像を絶するような練習を経て、見事、金メダルを獲得しました。

彼女たちの優勝によって、「ママさんバレー」は大きく普及し、さまざまなバレーの技も生まれました。

一方で、東洋の魔女に魅了された大女優の淡島千景さんは、彼女たちの「国体に出たい」という思いを叶えるために
自らオーナーとなり「フジクラブ」を設立。 国体でも、フジクラブは優勝しています。

2020年に東京オリンピックが開催されますが、どんな感動が生まれるのでしょうか?


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る