この記事では以下の内容を解説します

①【顔画像】内山拓也wiki風プロフィール
②King Gnuとの出会い&「The hole」のMVについて
③萩原みのりと結婚!出会い&馴れ初め

ここでは、映画監督の内山拓也氏のwikipedia風経歴&学歴、そして結婚相手の萩原みのりさんとの出会いと馴れ初めについて解説しています。

スポンサーリンク

【顔画像】内山拓也wiki風経歴

内山拓也(うちやま たくや)
生年月日:1992年5月30日
出身地:新潟県新潟市江南区
学歴:文化服装学院ファッション流通専門課程スタイリスト科卒業

昔からファッションが好きだったため、スタイリストを目指して高校卒業後は「文化服装学院」のファッション流通専門課程スタイリスト科に進学します。

在学中に映像の現場でスタイリスト・アシスタントとしての経験をしますが、その経験が映画に興味を持つきっかけになったのだとか。卒業後、アシスタントの仕事をされていたようですが、21歳の時にスタイリスト業をやめて、フリーターをしながら映画の世界を目指すことを決意。

その後、「浅田家!」「湯を沸かすほどの熱い愛」などで有名な中野量太監督に師事します。
そして、23歳という若さで「ヴァニタス」にて初監督を務めることに。同作品では、「PFFアワード2016観客賞」を受賞。

King Gnuの「The hole」のMVを手掛ける

King Gnuの常田大希さんとは、MV撮影より少し前に出会っており知り合いだったとか。

常田さんから「The hole」の音源だけが送られてきて、「いいね」といった話しで終わっていたものの、「MV興味ある?」という連絡があり、それまでMV撮影の経験はなかったものの、「やろっか」という軽い気持ちで引受たのだとか。

しかしその結果、この作品が内山さんを広く認知してもらえるきっかけとなり、「King Gnuとの出会いこそが、人生のターニングポイントだと思っています」と語っています。(参考:cinra.net

MVとしては、平井堅さんの「#302」や、Uruさんの「あなたがいることで」を手掛けています。

スポンサーリンク

萩原みのりと結婚!出会い&馴れ初め


2020年11月に公開された映画「佐々木、イン、マイマイン」で、内山さんは3つの新人監督賞を獲得しています。

まさにこの作品の撮影現場で、萩原みのりさんに出会ったのだとか。

「内山さんが監督をしていた『佐々木、イン、マイマイン』の撮影現場で出会いました。撮影期間中に内山さんのほうからアタックしたと聞いています。

映画がクランクアップするころには二人は付き合っていましたね。交際当初から萩原さんが内山さんの家に毎日のように通っていて、現在は半同棲状態です。

マンションの更新が4月末にあるらしく、最近は同棲をスタートさせるための新居を探しているそうです」(二人の知人)
(引用元:Friday(yahoo)

『FRIDAY』2021年4月16日号では、2人の半同棲愛が報じられ、そしてこの度、結婚という流れとなったようです。

スポンサーリンク

【まとめ】内山拓也は今、注目の若手監督

今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下の通りです。

・内山拓也は、1992年5月30日生まれの新潟県出身
・23歳で初監督作「ヴァニタス」を手掛ける
・萩原みのりと結婚・出会いは内山監督作品の映画「佐々木、イン、マイマイン」
・今年、半同棲愛が報じられる

内山拓也さんは、もともとスタイリストを目指していましたがその過程で映画の現場を知り、現在に至ります。
私生活では、女優の萩原みのりさんと結婚されました。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです