「羽生結弦は捧げていく」「羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界」などで知られるエッセイスト高山真(たかやま・まこと)さんが死去されたことがわかりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

高山真さんの年齢や学歴などプロフィールなどについては不明な点も多いので、高山さんの経歴などを調べてみました。

高山真(エッセイスト)wiki経歴

高山真(たかやま・まこと)さんの素顔については明かされていません。
しかし、「Fm yokohama 84.7」のWebサイトに、高山真さんが本で顔を隠した姿の写真が掲載されています。

2016年のお写真ですので、既に闘病されていたこともありますが痩せ型の男性であることがわかります。
興味のある方は、以下、Fm yokohama 84.7のサイトをご覧ください。

高山真さんの写真はこちら(Fm yokohama 84.7)

ad by google

高山真の学歴や年齢は50歳?

高山真さんの最終学歴は、東京外国語大学外国語学部フランス語学科です。
東京外国語大学の2020年現在の偏差値は60〜67.5となっています。

高山さんは外国語学部でしたが、この学部は2012年4月に改編されており、言語文化学部、国際社会学部が設置されています。

高山さん著書の「愛は毒か 毒が愛か」の著書略歴には、1970年生まれだとの記載があります。
そのため、高山さんの年齢は2020年現在、50歳くらいということになります。

大学を卒業後は、出版社に勤務した後、フリーの編集者・エッセイストとして活躍されていました。




マツコ・デラックスやミッツ・マングローブは旧知の仲

高山真さんは、マツコ・デラックスさんやミッツ・マングローブさんと旧知の仲ということで、著書「愛は毒か 毒が愛か」ではマツコ・デラックスさんとの対談も掲載されています。

世間の声

「感謝しかない」「言葉に染みる言葉ばかり」「とても美しい言葉選び」など、高山さんファンは高山さんの文章をそう評しています。

若すぎる死

高山さんは50歳前後という若さでお亡くなりになられました。
生前は素晴らしい文章で、ファンの心をつかみ、亡くなる直前まで素晴らしいメッセージを残されたエッセイストです。

才能ある方が早くに亡くなられることはとても残念でなりません。
高山さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです