北海道独自の競馬「ばんえい競馬」の鈴木恵介騎手は、12年連続リーディングジョッキーであり、年間最多勝利記録を達成するなどトップジョッキーです。

そこで今回は、鈴木恵介騎手の経歴をwiki風にまとめてみました。
また、ご家族(嫁・子供)についてもご紹介します。

スポンサーリンク

【顔画像】鈴木恵介騎手のwiki風プロフィール

鈴木恵介(すずき けいすけ)
旧姓:水嶋恵介
生年月日:1976年10月7日
出身地:北海道森町
血液型:AB型
所属:服部義幸厩舎

鈴木恵介騎手の家には、繁殖馬と、鈴木騎手の地元・森町で行われていた馬の大会「ばん馬大会」用の馬がいたそうで、祖父は馬に乗っていたのだとか。
ただ、小さいころは馬に乗ることはなくただ、見ているだけだったそうです。
高校卒業後に、騎手になりたくて試験を受けるものの1度は落ちて、2回目で受かったそうです。

1998年1月10日にデビューし、同年の19日に初勝利されています。
なお、2008年〜2019年の12年間もの間、リーディングトップでした。
2021年には、地方通算2900勝を達成されています。

ばんえい競馬の競走馬で重賞を25勝し、重賞勝利数歴代最多記録を保持する「オレノココロ」に乗って優勝を飾ることが多く、ベストコンビだと言われていたようです。

鈴木恵介騎手の家族について

鈴木恵介騎手は、元騎手の鈴木勝堤さんの娘さんとご結婚されています。
旧姓は、水嶋となっていますので結婚後にお婿さんになったのでしょうか。

時期的には、2003年4月より鈴木姓になられたようなので、27歳頃にご結婚し鈴木性でのジョッキー生活のほうが長いようですね。

お子さんは、お二人いるようです。おこさんは、恵介騎手にとてもそっくりなのだとか。

なお、義父の鈴木勝堤さんは2016年4月に57歳という若さで亡くなられています。
2006年には、ばんえいの騎手会長を務め、引退後は旭川で牛の育成をされており人望の厚い人物だったそうです。

参考:ばんえい競馬情報局

スポンサーリンク

世間の声

スポンサーリンク

12年連続でリーディングトップ

鈴木恵介騎手は、12年連続でリーディングトップに君臨した実力のある騎手だと言えます。
正直、筆者は競馬のことはあまり詳しくありませんが、素人から見ても彼の実績は凄いと感じます。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです