こんばんは!夏フェス好きのエムエムです。

2019年のサマーソニックは20周年ということもあり、3日間行われました。

2020年は、サマーソニックの会場が東京オリンピック・パラリンピックで使われることになり、お休みが発表になっています。

それに変わって登場したのが、2020年限定の「SUPERSONIC(スーパーソニック)2020」です。

スーパーソニック2020も、サマソニと同じく東京・大阪で開催され、東京では9/19、20、21の3日間。
大阪では、9/19、9/20の2日間で行われる予定です。

しかし、4月2日の時点で、新型コロナウイルスの感染拡大は収まるどころか、拡大傾向です。

政府が「緊急事態宣言」を出すか出さないかで、緊迫している状態。

一体、SUPERSONIC(スーパーソニック)2020は本当に開催されるのでしょうか。
また、同じく夏のビックイベント・フジロック2020もどうなるのか、中止の可能性などを解説していきます。

スーパーソニック2020 コロナで中止の可能性は?フジロックも

クリエイティブマンは、スーパーソニック2020の開催について以下のようにHP上で発表しています。

クリエイティブマンとしては、海外アーティストの公演は2/24のPIXIESから始まり、5月までの来日アーティストは全てキャンセル、または延期の判断を下しました。

一度決めたら、今の気持ちは9月のシルバーウイークのSUPERSONIC開催に向けてポジティブに向かっています。
世界のこの情勢の中で多くのアーティストが出演を快諾してくれて、ステージに帰ってくる事を約束してくれました。私達もそれまでには万全の状態にするべく準備を進めて行きます。
(引用元:クリエイティブマン

クリエイティブマンとしては、新型コロナウイルスの影響で世界情勢が混乱する中、多くのアーティストが出演を快諾。

その気持ちに答え、「開催を信じて準備を進めている」状況と言えます。

しかし、中止の可能性は0とは言い切れないのが現状です。

スーパーソニック2020の中止を不安視する声

医療崩壊寸前の日本

NYやイタリアのように、日本では、まだ医療崩壊・オーバーシュートは起きていません。

しかし、3月30日の段階で、東京では受入可能な500床の内、すでに400床近くが埋まっている状況です。

なお、NYで働く日本人医師が医療崩壊について語っていますが、日本でもNYのようにならないとは限らないのです。
現在の、コロナウイルスの現状を深くしれば知るほど、「開催はして欲しいけど、中止になる可能性が高いのでは?」と思ってしまいます。

コロナウイルスの現状については以下の記事も参考になります。

ad by google

SUPERSONIC 第1弾アーティスト発表

スーパーソニック 中止
4月2日、スーパーソニックは第1弾アーティスト発表しました。

THE 1975、SKRILLEX、POST MALONE、LIAM GALLAGHER、POST MALONE、WU-TANG CLAN、Official髭男dism

DIGITALISM DON DIABLO、IAN BROWN、TONES & I、WarNymph (Grimes DJ Set)、ALEC BENJAMIN、AURORA、BEABADOOBEE

BLOSSOMS、CONAN GRAY、DOMINIC FIKE、EASY LIFE、IDKHOW、JAX JONES、SQUID、WATERPARKS

フジロック2020のコロナウイルスによる中止の可能性は?

この投稿をInstagramで見る

 

Fuji Rock Festival(@fujirock_jp)がシェアした投稿

スーパーソニックより開催が1ヶ月ほど早いフジロック2020

フジロック2020は、8月21日(金) 22日(土) 23日(日)の3日間で行われます。

スーパーソニックより、約1ヶ月ほど早い開催ですので、夏フェスファンの間では、「フジロックのほうが開催中止の可能性が高いのでは?」と不安視する声が上がっています。

フジロックのモデルとなった「グラストンベリー・フェスティバル2020」も新型コロナウイルスの影響で中止されることが決定しています。

フジロックの中止を不安視する声

まとめ:スーパーソニック・フジロック共に中止の可能性

現状のところ、スーパーソニック2020の主催者は「開催を信じて準備を続けている」と発表。
フジロックについては、4月2日時点で、第三弾のアーティスト発表までがあり、今のところ何もアナウンスはありません。

新型コロナウイルスの感染は、アメリカ・イタリアなどで特に拡大が爆発。

現在、発表されているアーティストたちが、8月9月に日本に入国できるのか、感染しないのかも予測ができません。

世界の野外フェスも中止が決まり、日本でも感染が拡大している中、「開催は難しいのでは」と捉えている人が多いようです。

サマソニ10周年を迎えた年には、今は亡きリンキンパークのチェスターの歌声を生で聞き、興奮したものです。
夏フェス好きにとっては、サマソニ、フジロックは1年に1度の大イベント。
この日を楽しみにして、仕事・学業を頑張っている人も少なくありません。

しかし、2020年の開催は厳しく中止の可能性が高いと言えるのではないでしょうか。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです