好きな人を食事に誘えない奥手な男の3つの男性心理とは?


 

 

「彼から、少なからず好意は感じるのに一向に食事に誘われない。脈ありだと思っているのは実は勘違いなのかな?」

と悩んでいる女性は多いのではないでしょう。

 

 

男性なら好きな女性ができたら、最後は「行動するだろう」と思いがちですが、実際のところ、どんなに好きでも相手の女性を誘えない超・奥手男子も存在しています。

そこで、今回は彼らの男性心理をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

とにかく傷つくのが怖い

 

女性が思うより、男性は繊細な心の持ち主が多いもの。特に自分に自信がなかったり、臆病な男性は

「もし、誘われて断れたらどうしよう・・・」

と怯えています。男ならそこは誘ってよ!と女性なら言いたいところですが、彼らの心は乙女並に繊細です。

彼らの場合、好きな女性からの好意に確信を持てなければなかなか積極的に動くことができません。

好きだけど付き合えない

男性心理は以外と複雑です。

「好きだから、付き合いたい。」

とは思わないものです。

 

例えば、結婚しているなどの理由の他、

 

「今は、仕事・勉強が第一で恋愛どころではない。」

「職場が一緒なので、ややこしい恋愛はしたくない。」

「お金がないから、デート代もない。恥ずかしい。」

などの理由が挙げられます。

 

男性は、女性と違って1度に1つのことにしか集中できません。

なお、男性にとって仕事・勉強は優先事項ですから、これからビジネスを始める・人生を決める資格を取得するなどここ1番の時には恋愛は邪魔だと考える男性も少なくないのです。

 

その他、お金がない等、好きな女性に「いい格好」ができない場合もプライドの高い男性の場合、デートにすら誘わないといった傾向もあります。

プライドが高すぎる

男性は少なからずプライドが高い生き物です。
だからこそ、女性に振られる=プライドが傷つくので、なかなか女性へアプローチすることはできません。

特に、プライドの高すぎる男性の場合、

常に自分が上の立場でいたいと考えています。

好きな女性を自分から誘う・告白することは「負け」であり、自分がその女性より「下」であることを認めることになります。

 

そのため、デートに誘わないどころか好きな女性に誘われたいと思っています。

一応、プライドの高い男性も女性が誘いやすいように、なんとなく誘ってよアピールをする場合もありますが、鈍感な女性の場合は気づく事はできないでしょう。

なお、プライドの高い女性は、「好き避け」行動に出ることも少なくありません。

男性にとって恋愛は重要ではない

女性にとって恋愛は人生の1番の優先事項だと言ってもいいでしょう。
ただし、男性にとって恋愛とは人生の1番ではありません。

 

男性は、もともと「狩り」をする生き物で、能力がなければ女性にも相手にされず自分の子孫を残すこともできません。
現代では仕事が狩りですし、お金を稼ぐ能力がなければ女性に相手にされないと思っている男性がほとんどです。

 

だからこそ、男性は恋愛よりも「仕事」が最優先になります。

しかし裏を返せば、恋愛したい・好きな女を守りたいからこそ、仕事を頑張るのが彼らなのです。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る