水曜日のカンパネラ|コムアイの父親は解説者&兄弟も秀才?


『ヤフオク』のCMで人気急上昇中の、独特の世界観を持つ「水曜日のカンパネラ」。
インディーズのままでミュージックステーションへの出演が決まった今注目のバンドです。

ステージに立つのはボーカルのコムアイ1人ですが、実は、水曜日のカンパネラは3人のメンバーで構成されています。
最初は女の子は3人いたそうですが、いつのまにか2人はやめてしまってコムアイ1人になったのだとか。(引用元:qetic.jp

なぜ、男性は表にでないかというと、「男性メンバー2人が、「Every Little Thingやmihimaru GTを見て、男が邪魔だと思った」から出ないことに決めた」そうです。(引用元:wikipedia)

水曜日のカンパネラ」の語源は、カンパネラはイタリア語で「鐘」
水曜日に打ち合わせが多かったことなど、様々な理由から名付けられたそうです。

スポンサーリンク

水曜日のカンパネラのメンバー

ボーカル:コムアイ

生年月日:1992年7月22日(23歳)
本名・輿美咲(こしみさき)
コムアイ出典:コムアイTwitter

父親は、輿 亮(こしまこと)さん。富士通株式会社のサービスプラットフォーム人材開発部で働いており、アメリカンフットボール・XリーグI部所属のチーム富士通フロンティアーズ(ふじつうフロンティアーズ)の副部長でNHKでアメフトの解説も行っています。

コムアイ 兄弟出典:輿亮さんFacebook

兄弟もいらっしゃるようで、輿亮さんのFacebookに写真も載っています。
コムアイさんは、慶應大学出身ですが弟の将央さんも慶應大学の学生さんのようです。
お子さんとの写真もトップ画像にしており、子煩悩なお父さんであることが伝わってきます。

コムアイTwitter→

作曲・編曲:ケンモチヒデフミ

ケンモチヒデフミ出典:h-kenmochi.com

釼持英郁
生年月日:1981年8月2日(34歳)

会社員として生活する傍ら、趣味として音楽製作をされているとのこと。
会社より大阪への転勤を命じられて大阪にいましたが、現在は関東在住とのことです。
本人ブログより)
レーベル会社「Hydeout Productions」に所属していました。

『Kenmochi Hidefumi』ソロ名義でアルバムも出しています。

ブログ↓
h-kenmochi.com

マネージャー兼・ディレクター:Dir.F

Dir.F出典:ototoy.jp

Dir.F(ディレクター・エフ)

コムアイとケンモチを引き合わせた人で、つばさレコードの社員。
共通の知り合いの映像作家のパーティでたまたまコムアイに出会い「面白い」と思ったそう。
また、もともとケンモチさんのことは知っていて、CDも買って聴いていたそうで、何回か会っているうちに
「何かやろう」という話になったそうです。
(引用元:ototoy.jp

まとめ

インディーズながらにミュージックステーションに出演した「水曜日のカンパネラ」。
独特の音楽性も魅力ですが、曲のタイトルも面白くて、曲名だけで注目した方も多いのではないでしょうか?
彼らのメジャーデビューの日も遠くはないでしょう。

また、個人的には今年の野外フェスでの出演も果たして欲しいと期待しています。
今後の、水曜日のカンパネラの活躍に注目です。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る