すゑひろがりず・南條は、芸歴13年だが、2019年12月17日のサンスポの記事では、「今もアルバイトをして生計を立てている」と明かされています。

そのため、すゑひろがりず・南條は、少なくとも2019年の年末までは、サンスポ編集局運動部でバイトをしていたことになります。

すゑひろがりず・南條はサンスポ編集局運動部でバイト

ad by google

バイトの内容は?

すゑひろがりず・南條 サンスポ
https://www.sanspo.com/geino/news/20191217/owa19121705050001-n1.html

すゑひろがりず・南條は、サンスポ編集局運動部で新聞の切り抜き作業など、編集補助のアルバイトをしています。
M-1決勝への出場が決まった頃は、「まだバイトをしているファイナリストはいないんじゃないのか。優勝して辞められるように頑張ります!」
と退社宣言。

その宣言通り、優勝はしなかったものの、年末頃から仕事が増え、アルバイトを卒業したのではないかと予想されます。
さらに、すゑひろがりず・南條はR-1にも出場。
優勝はしなかったものの3位という好成績を残しました。
ちなみに7代目キングオブコントであるシソンヌもサンケイスポーツ運動部でアルバイトをしていました。

すゑひろがりず・南條はインテリ芸人

すゑひろがりず・南條は、大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)を卒業しているインテリ芸人。
1982年6月3日大阪府大阪市出身です。

2016年に『ナカイの窓』の番組内で公開プロポーズし、10月27日に結婚しています。
奥さんは経済的にも13年、南條を支え続けたそうです。

すゑひろがりず南條への世間の声

ななまがり森下さんとはルームシェアしていたんですね。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです