失恋した後に、後悔してしまう事も多いのではないでしょうか?

エムコ
失恋した時、
あの時、好意を伝えていれば良かったと後悔しました。
恋愛部部長エイミー
そこで今回は、失恋した後に後悔する5つのことと、
失恋の後悔から立ち直る方法についてみていきましょう。

ad by google

失恋した後に後悔する5つのこと

失恋した後に、「あの時ああしていれば良かった」と
後悔してしまう女性は多いものです。

お付き合いしている・片思いに関わらず恋愛に後悔はつきものです。

失恋した後に後悔すること1.好意を伝えていれば良かった

私は、1年半、1人の男性に片思いをしていました。
ですが、同じコミュニティー内の男性であり自分はとても受け身な性格。
なかなか、デートに誘うことすらできない状態が続いていました。

そんな中で、何度も喧嘩しては好意を伝えるタイミングも逃し、
結局、最終的には告白することができたのですが、その頃には彼女が出来ていました。

恋愛はタイミングや縁だと分かっていますが、

「あの時、好意を伝えていたら・食事に誘っていれば?」
と「もし・・・〇〇だったら」と、後悔してしまいました。

相手に、好きだと告白しなくても相手に分かりやすい好意を示していれば、
発展する恋愛は数多くあります。

しかし、素直になれずに好き避けのような事をしてしまう女性は多いのではないでしょうか?

後で後悔しないためにも、好きだと言えるときに好きだと言っておきましょう。
人生は一度きりです。

失恋した後に後悔すること2.素直になれたら良かった

付き合いが長くなればなるほど、「素直になれない」と悩む女性も多いと思います。
特に、彼氏が愛情表現が得意でない場合は、「私の事、本当に好きなんだろうか?」
と悩むことも多いですよね。

そんな時は、相手の愛情を試すように「もういい」と拗ねたり、
「別れる」と怒ってしまうこともあるのではないでしょうか?

1度や2度であれば可愛いものですが、
それが何度も続くと彼氏も、うんざりしてくるものです。

彼氏になかなか会えない時には、
「そんなに、私に会いたくないならもういい!」
などと切れる事なく、

「本当は寂しいし、会いたい。顔見るだけでいいから時間を作って」

と素直に気持ちを伝えていたら、今の関係はどうなっていたんだろう?

と考えて後悔することもありますよね。

恋愛は、素直が1番です。
素直になれずに後悔したあなたは、次の恋愛では素直になって
幸せな恋愛をして欲しいと願っています。

失恋した後に後悔すること3.相手の気持ちを考えてあげられなかった

女性というものは基本的にはワガママです。
とは言え、相手の気持ちを考えてあげられないようなワガママが続くと
男性側も疲れてしまいます。

特に、彼氏の愛情を試すような行為は自分の事だけを考えた自己中心的な行動です。

さらに、浮気もしていないのに彼氏を信用せずに疑ってばかりいたりすると、
男性からすると「彼女に信頼されていない」と感じるものです。

結局、恋愛関係も「思いやり」で成り立っています。

恋愛関係になると、友人間のような遠慮がなくなり自分と相手との距離感が
わからなくなって、ひどい事を言ってしまうことももちろんあるでしょう。

しかし、それにも限度があります。
失恋して冷静になって、「ああ、もっと相手の気持ちを考えてあげられれば良かった。」
と後悔してしまうのです。

失恋した後に後悔すること4.喧嘩別れしなければ良かった

彼氏と喧嘩してしまって、お互いに謝ることなく
別れてしまった女性も多いのではないでしょうか?

喧嘩をすると、その時の感情に流されて「もう、いい別れる。」
「ああ、じゃあいいよ。別れよう。」と突発的に別れを切り出してしまう事もあるものです。

その時、どちらかが折れて話し合いができれば、
もしかすると今も、仲良くできていたのではないか?と後悔する事もあります。

喧嘩した流れで別れを決めてしまった場合、相手も後悔していることが少なくありません。

もし、あなたが喧嘩別れしてしまった直後であれば、
変なプライドを持たず、相手と連絡をとりましょう。

後で、後悔しても遅いのです。

失恋した後に後悔すること5.自分に自信があれば良かった

恋愛は、自分にある程度、自信がないと上手くいきません。

自分に自信がないと、彼氏が自分を好きでいてくれる自信がありませんし、
他の女性と話しているだけで、不安になったりするものです。

そしてその不安やイライラが募ると、相手の男性にぶつけてしまって
最終的には彼氏に振られてしまうケースも多いでしょう。

自分に自信があれば、相手の事も信頼できてドンと構えていられたはずです。

しかし、今からでも自分に自信を持つことは出来ます。
興味のある方は、以下の記事もご覧ください。

恋愛に自信がない女性へ|今日から自信を持てるようになる14の方法

失恋・後悔ばかりの恋愛を繰り返している女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

 

恋愛傾向チェック

失恋の後悔から立ち直る5つの方法

では、失恋の後悔から立ち直る具体的な方法を見ていきましょう。

失恋の後悔から立ち直る方法1.自分と向き合う

まず、失恋の後は様々な後悔や未練・思い出などが頭でぐちゃぐちゃに
なっていて混乱している状態です。

まず、失恋後の混乱から冷静に戻るためには、一旦、頭の中を整理する必要があります。

頭の中を整理する方法として「紙に感情を書き出す」という方法があります。

これは、ストレス発散法としても良く知られている方法です。

また、紙に自分の感情を書き出すという行為は、「自分の気持ちと向き合う」という
自分自身を大切にすることでもあります。

自分自身と対話することで、自分を大切にでき失恋で傷ついた心を少しづつ
癒すことができるのです。

紙に感情を書き出す方法のポイントとしては、頭で深く考えないで
その時、思いついた事を何も考えずに書き出して行く事です。

また、「こんな事思ってはダメ」というような感情も素直に書き出しましょう。

頭が疲れるまで書き出していくと、そのうち「頭がスッキリ」したような
感覚を感じるかと思います。

失恋後に辛くなった時には、何度も紙に感情を書き出していき
徐々に傷を癒していきましょう。

失恋の後悔から立ち直る方法2.自分を責めない

失恋後に後悔してしまう女性というのは、とても優しくて
自己成長ができる素敵な女性です。

しかし、だからこそ「私がこうすれば良かった」と自分を責めて自信を失くしてしまうものです。

片思いで失恋した場合には、タイミングや縁が関係していることがほとんどです。
そして、お付き合いをしていて失恋した場合、あなただけが一方的に悪いという
ことは絶対にありません。

また、お互い悪いところがなくても「波長」が変わってくれば、お別れするのは
必然の事なのです。

ですから、反省することは大切ですが、自分を必要以上に責めないようにしましょう。

失恋の後悔から立ち直る方法3.思い切り泣く

失恋しても、強がって「私は大丈夫」と悲しむ時間を持たない女性もいます。

しかし、失恋して辛くない女性はいません。

脳内では失恋の痛みは、肉体的な痛みを感じる場所で処理されているため、
失恋すると肉体的な痛みを感じているのと一緒だと言えます。

その痛みは、平均3ヶ月程度で消えていくというデータがあります。

失恋すると、大きな傷を肉体に受けた事と同じです。
そこで、痛いのに痛くないと否定するのは、自分をいじめる行為です。

失恋したら、素直にその痛みを認め大泣きして、
おもいっきり悲しんでください。

おもいっきり悲しむことができるからこそ、前を向いて生きていけます。

失恋の後悔から立ち直る方法4.恋愛以外に集中する

失恋すると、麻薬中毒者が薬をやめたような「離脱症状」に陥ります。
これは、恋愛中はワクワクなどを感じるドーパミンの分泌が増えて、
失恋後に、分泌が減ってしまうからです。

ですから、失恋後は、なるべくドーパミンの分泌が増えるような事に集中するといいでしょう。

人は好きな事を夢中になってやっていると恋愛中と同じように
ドーパミンの分泌が活発になるのです。

ですので、失恋した後はあなたが夢中になれるスポーツや趣味などに
集中して失恋から立ち直りましょう。

失恋の後悔から立ち直る方法5.自分をもっと好きになる

失恋後に後悔すると、「こんな私を愛してくれる人はもういない」と
自分に自信を失くしてしまいがちです。

特に失恋前後は、たくさん傷ついたり不安になったりとあなた自身の心が
ズタズタに傷ついていることも少なくありません。

そんな時は、まず優先して自分のことをケアしてあげましょう。
あなたが、自分の事を優先してケアしてあげる事で、
徐々に、自分の事を好きになっていけます。

例えば、失恋してご飯が喉に通らない時、このように自分に語りかけてみましょう。

「大丈夫?辛くてご飯も食べられないよね?何なら食べれるかな?」

このように自分に優しくしてあげてください。

これを繰り返すうちに、自分自身を大切にできることができるようになり、
自分を好きになって自信を持てるようになります。

また、自分の心に質問していると、涙が出てしまうことも。
その時は、その傷をしっかりと感じて悲しんであげてください。

以下の記事も参考になります。

失恋が運命の人と出会う前兆である5つの理由とは?

失恋後に後悔しても前をむけば素敵な恋が待っている

失恋後には、「ああしておけば良かった」と後悔する人は多いものです。
しかし、後悔しても好きだった人は戻ってきません。

そして、失恋するということは「彼はあなたに合わなかった」という証拠でもあります。
彼は、運命の人ではなかったのです。

とは言え、彼に出会うことであなたもたくさん成長できたかと思います。
彼と出会って、失恋したということは、これから運命の人に出会う準備期間だったのです。

たくさん泣いてたくさん悲しんだら、前を向いて生きていきましょう。

【おすすめ恋愛記事】

年齢・外見関係なく一生深く愛される女になる方法:【アラサーからの恋愛マニュアルはこちら→】

■男に深く愛されるマニュアル完全版【人に好かれる会話術】はこちら→


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです