スマホを使っている人は、月に携帯代1万円という人も多いでしょう。
携帯代を安くしたいけど、ガラケーは嫌だ。
なんか2015年5月「SIMロック解除」が義務化されて「スマホ代が安くなる」聞いたけど、
正直、よくわからないからそのままという人もおおいと思います。

しかし格安SIMに乗り換えるとスマホ代が今の半分以下になる場合もあるので、格安SIMについて知っておいて損はないでしょう。

そこで、今回は『スマホを安く使いたい』という方の為に、SIMロック解除によってどうスマホが安くなるのか?
また『どういった流れでスマホ代が安くなるのか?』を簡単に説明します。

そもそも、SIMというのは、スマホの中に入っているカードのようなものです。これを入れることにより電話したりメールしたりすることができます。
例えば、今までだと、ドコモで買ったスマホはドコモでしか使用できませんでした。

ですが、「SIMロック解除」できるようになったので、ドコモで買ったスマホは、ドコモ以外の会社とも
契約し、使用が可能となりました。

SIMロック解除の条件は会社ごとに異なりますので、以下公式サイトをご覧ください。

ドコモのSIMロック解除について(docomo公式ページ)→
ソフトバンクのSIMロック解除について(SoftBank公式ページ)→
auのSIMロック解除について(au公式ページ)→

SIMロック解除をすると、他社のSIMカードと入れ替えてスマホを使えるようになります。
それで現在、『格安SIM』が流行っているのです。

『格安SIM』といわれても正直、わたしは、はじめピンときませんでした。
簡単にいうと『格安SIMを売っているところ=auやドコモみたいなところ』と思っていただいていいと思います。

電話番号そのままでスマホを月額の安い格安SIMに乗せ換えするための流れ

1:スマホのSIMロック解除を現在使っている携帯会社に申請する
もしくは新しくSIMフリー機種を購入

2:MNPの予約番号を現在使用している携帯会社から取得する
(番号そのまま他社乗り換えする場合と同じです。)

3:格安SIM提供会社に申し込む(番号をそのまま使いたい場合MNP予約番号必要)

4:SIMカードが格安SIM提供会社から送られてくるのでSIMカードを入れ替え・設定
※設定は各会社のHPをご覧ください。

【注意事項】
格安SIMに乗せ換えする前に、注意点をご紹介します。
・まず、格安SIMに変えるとキャリアメール(@docomo)などは使用できなくなります。

電話番号のメール(ショートメールやCメールといわれるもの)は使用可能です。
みなさん、GmailやYahooメールに切り替えているようです。

・また今のところiPhoneユーザーは、SIMフリーのiPhoneをアップルから直接購入しないと
格安SIMを使用できません。(2015年7月)
APPLE公式サイト→

格安SIMの提供会社によって、対応していない機種もあるので、注意が必要

 

このような流れで、乗せ換えをしていくのですが、その格安SIMを提供している主要4社を下記に記載し比較しています。
ここでは、「通話+ネットができる」プランで比較しています。
※SIMカードには通話もできるカードもありますが、ネットだけできるSIMカードもあるので注意しましょう。
※対応機種が分からない面倒臭いという人は各会社でSIM+スマホセットもあるので各HPをご覧ください。

以下、すべて番号乗換(MNP)に対応しています。また、通話エリアは全てドコモエリアと同じとなります。

会社名 プラン(通話+ネット) 月額費用
もしもシークス UNLIMITED・プラス:
通話+ネット(ネットし放題)
月額3,980円(税別)
DMMモバイル 高速プラン(LTE対応):
通話+ネット(ネット:1G~20GBまで選択可)

ライトプラン(LTE非対応):
通話+ネット(容量無制限)
高速プラン:月額1,970円
(5GBの場合)ライトプラン:月額1,140円
U-mobile 通話もプラン:
通話+ネット(容量無制限)
LTE使い放題2:月額2,730円
5GBの場合:月額1,980円
NifMo(nifty) 通話+ネット 通話+ネット(5GB)の場合:
月額2,300円

通話料金
通常、スマホのデーターは5GBが平均だと思いますので、
4社を比較してみても、格安スマホを使用すると5GBの場合、月に2,000円前後ですんでしまいます。

ここで、どのような人にどこの会社のSIMが向いているかを個人的に考えてみました。

ネット依存症気味の方へ

わたしは、毎月5GBはざらに超えるので、動画も見るしネットもガンガン使うという人にはネットし放題の
もしもシークスもしくはU-mobileが良いでしょう。

ある程度、自分が何GBつかうか分かっていて、契約後にプラン変更などをしたい方には
DMMモバイルがおすすめです。

わたしは、毎月6-7GB使用しているがわかっているのでDMMモバイル通話プラン(7G:2,580円)のほうが
安くあがるなぁと思っています。
興味のある方は下記公式サイトをご覧ください。

もしもシークス公式サイト→
U-mobile公式サイト→
DMMモバイル公式サイト→

毎月3GB程度しか使用しない方

ちょっと調べものをしたりLINEしたりするだけで、あまりネットを使用しない方には
DMMモバイル3GB(1,550円)がおすすめです。

DMMモバイル公式サイト→

ネット使用率ほぼ0に近い

ガラケーでもよさそうですが、
NifMoの1.1GBタイプ(1,340円)もしくはDMMモバイル1GB(1,260円)がおすすめです。

NifMo(nifty)公式サイト→

090表示の電話をそこそこ使う

0基本的に格安SIMの場合、090表示で電話できる通話アプリを使用する場合30秒ごとに20円かかることが多いですが、
U-mobileだと、無料アプリ『U-CALL』を利用すると30秒10円なので、U-mobileがお得です。

U-mobile公式サイト→

まとめ

比較してみるとデーター容量が1GB~20GBから選べて自由度が高く、月額使用料も安いDMMモバイルが個人的に1番おすすめです。
しかし、nifty光などをご自宅で使用されている方は、NifMo基本料金から月々200円割引さるので、NifMoがお得かもしれません。

最近では、ほとんどキャリアメールも使用しなくなり、電話料金もLINE・skypeで通話してしまえば無料という時代です。
なのに、スマホを使うだけで1万円近くも払っている。それなら、格安SIMへの乗り換えも1度検討してみてもいいのではないでしょうか?

ただし、ドコモやauであればは、何かあれば近所の携帯ショップに行けば質問できますが、
格安SIMにするとそうはいかないので注意が必要です。

今回ご紹介した格安SIMに興味のある方は以下公式サイトをご覧ください。

もしもシークス公式サイト→
DMMモバイル公式サイト→
U-mobile公式サイト→
NifMo(nifty)公式サイト→


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです