最高視聴率25.5%を記録した韓国の大人気ドラマ「サイン」が
大森南朋さん主演で日本でリメイクされました。

ad by google

ドラマ「サイン」の原作は韓国ドラマ

ドラマ「サイン」の原作は、韓国で高視聴率を博したドラマ「サイン」です。

韓国ドラマ「サイン」のあらすじ

ある晩、人気アイドルグループ「ヴォイス」の公演中に、リードボーカル、ソ・ユニョンの遺体が楽屋で発見された。

警察庁科学捜査班の新米検視官コ・ダギョンは初めての現場検証に意気込むが、
有力な物証を見つけられず、その死は謎に包まれていた。

死因究明のため、遺体は国立科学捜査研究院(科捜研)に回され、天才法医官として知られるユン・ジフンが解剖を担当することに。

一方で刑事チェ・イハンは聞き込み捜査をする中、ユニョンの恋人カン・ソヨンの存在を知る。

解剖手術当日―、検察の圧力により執刀医が、
急きょジフンとは犬猿の仲であるサンムン大学法医学学科長イ・ミョンハンに変更された。裏で陰謀が働いていることを察したジフンは…。
(引用元:BS朝日

日本ドラマ「サイン」のあらすじ

国民的人気歌手・北見永士(横山涼)がライブ会場の控室で死んでいるのが発見された!
だが、事件現場からは指紋もろくに採れず、北見の遺体が唯一の証拠と言っても過言ではない状況…。

そこで、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は遺体をすぐさま、死因究明に特化した国家機関「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示を出す。

一方、地道な捜査を続ける警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、北見がただの病死ではないとにらむ。

所属事務所の社長・会田幹彦(猪野学)、そして第一発見者であるスタイリスト・宮島清花(柳美稀)がそれぞれ、北見と揉めていたとの情報を入手したからだ。しかし、紀理人から報告を受けた千聖は、解剖結果が出るまで捜査は一旦保留だと一蹴し…。

そんな中、「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭(西田敏行)はもっとも信頼する解剖医・柚木貴志(大森南朋)に、北見の司法解剖を一任する。

ところが、どんな力が働いたのか…解剖直前になって、想定外の横槍が入ってしまう。なんと、警察庁の依頼を受けたという
国立大学の法医学教授・伊達明義(仲村トオル)が突然現れ、自分が北見を解剖することになったと告げたのだ!
(引用元:テレビ朝日

韓国と日本の「サイン」の第一話のあらすじを比べてみると、ほとんど内容は同じです。

天才法医官として知られるユン・ジフンを演じるのは、パク・シニャン。
ユン・ジフンの日本版は柚木貴志で演じるのは、大森南朋さんです。

ちなみに、大森南朋さんはパク・シニャンさんの3つ年下です。
年齢設定的にも同じ感じになっていますね。

韓国ドラマ「サイン」のキャスト

サイン ドラマ 原作

出典:BS朝日

柚木貴志(大森南朋):ユン・ジフン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thanks for coming! My 1st exhibition in Jeju.

PARK SHIN YANGさん(@park_shinyang)がシェアした投稿 –

日本では柚木貴志役にあたるユン・ジフンを演じるのは、パク・シニャン。

パク・シニャンさんは1966年11月1日生まれの50歳。(2019年7月現在)
2004年のドラマ『パリの恋人』は大ヒットを納めて日本でも話題となりました。

パク・シニャンさんは2002年に13歳年下の一般女性であるペク・ヘジンさんと結婚。
当時、奥さんは大学生だったそうです。お二人の間には娘さんがいらっしゃいます。

設定
20年前に父親を亡くし、死因を突き止めてくれたチョン・ビョンドを見て法医官になることを決意。絶対的信頼を抱くビョンドの影響力は計り知れない。
(引用元:BS朝日

和泉千聖(松雪泰子):オム・ジウォン

 

この投稿をInstagramで見る

 

I need some rest…

엄지원さん(@umjeewon)がシェアした投稿 –

松雪泰子さん演じる和泉千聖にあたるチョン・ウジン役を演じるのはオム・ジウォンさんです。
チョン・ウジンは35歳。和泉千聖は43歳と、日本版の方が年上の設定になっています。

ドラマ内の設定
貧しい境遇の中、必死で勉強してソウル大学法学部に入学。
ジフンの後輩で6年間付き合っていたが、プロポーズを断った過去あり。
(引用元:BS朝日

オム・ジウォンさんは1977年12月25日生まれの41歳。(2019年7月現在)

私生活では、2014年に2歳年上の建築家オ・ヨンウクさんと結婚されています。

中園景(飯豊まりえ):キム・アジュン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chu~💋

AJoong Kimさん(@ashia_kim)がシェアした投稿 –

日本で飯豊まりえさん演じる中園景にあたるのはコ・ダギョン役のキム・アジュンさん。
キム・アジュンさんは1982年10月16日生まれの36歳。(2019年7月現在)

2006年に初出演した映画『カンナさん大成功です!』で大成功を納めました。

現在、独身です。

ドラマの設定
研修医時代にドラマ「科学捜査班:CSI」の影響で、検視官に志望転向。一方では、妹を植物状態にさせた未解決の暴行事件も転向の要因。検視官としての初仕事でユン・ジフンに出会い、法医官を目指す。
(引用元:BS朝日

高橋紀理人(高杉真宙):チョン・ギョウン

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️

정겨운さん(@gyuwoon_rim)がシェアした投稿 –

高橋紀理人を演じるのは、高杉真宙です。これにあたるのがチェ・イハン役のチョン・ギョウンさん。

チョン・ギョウンさんは1982年6月28日生まれの37歳。(2019年7月現在)

チョン・ギョウンさんは2014年に1歳年下の一般女性と結婚していますが2年後に離婚。
その後、10歳年下の音大出身の一般女性と再婚しています。

一般女性とは言え、芸能人顔負けの美人でチョン・ギョウンさんのインスタに度々登場しています。
上記のインスタの隣にいる女性は奥さんです。

設定
警察大学を卒業後、江南署の麻薬取締部に配属されるエリートコースだったが、上司に逆らい1人で犯人を追い降格。異動、減俸と謹慎処分を受けた。
(引用元:BS朝日

韓国ドラマ「サイン」の全話あらすじ・ネタバレ

韓国ドラマ「サイン」では、コ・ダギョン(日本では中園景)が、
妹を植物状態にさせた未解決の暴行事件がキーポイントです。

そして最終回は、韓国版ドラマでは、おそらく誰も予想していなかった
だろう展開です。

ここでネタバレしても良いのですが、この最終回は韓国でも物議を醸した内容です。

是非、日本のドラマ「サイン」を見てからご覧ください。

日本ドラマ「サイン」の最終回はどうなる?

韓国ドラマ「サイン」は、解剖医と事件を組み合わせたよくある内容かな?
と感じましたが、なかなか深いドラマなようです。

さらに、最終回は本当に衝撃です。

果たして、日本版でもこの最終回のストーリーが採用されるのか?
採用されてしまっては、日本でも物議を醸す恐れもあります。

これから、日本版「サイン」の放送が楽しみですね。

淵上泰史の実家のパン屋キッチントムトム|サッカーで挫折・母の死を乗り越える


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです