志村けんさんには、実兄の志村美佐男さん、志村知之さんがいます。
志村美佐男・志村知之さんと、志村けんさんの家系についてご紹介します。

志村けんそっくりな兄!志村美佐男 志村知之

ad by google

長男の志村知之

志村知之
https://news.livedoor.com/article/detail/13027264/

長男の志村知之さんは、東村山市役所の職員として48年間働いていました。
東村山市長が志村けんさんのお兄さんをご自身のツイッターで投稿していましたが、その際、「志村けんに似てる」と話題になりました。

上記は、お兄さんが「あいーん」をしている姿ですが、かなり似ています。

この話題をきっかけに、週刊FLASH 2017年4月に志村知之さんにインタビューしていますが、志村けんさんの「結婚」を心配していたそう。
志村けんさんは、『そのうちな』と言うばっかりで……。僕はしてほしいんだけど。でも、『だいじょうぶだぁ』って言われるかもね」と答えています。
livedoor

次男:志村美佐男

志村美佐男
https://pbs.twimg.com/media/EUQP_7XU8AAZ090?format=jpg&name=medium

志村けんさんのお兄さんで次男の志村美佐男さんは一般人です。
志村美佐男さんは、大学卒業後に公務員となっています。
志村美佐男さんは、2018年「ファミリーヒストリー志村けん〜東村山で生きた父 教師と柔道を貫く〜」に出演。
その際、志村けんさんについて「3人で遊んでいてラジオで夕方、お笑いの番組があると、遊びを抜けてラジオの前で正座してきいていた」
と語っています。

志村けんさんは、泣き言を言わず泣き言を言わなず笑顔の絶えない少年だったと語っています。

志村けんの家系・家系図


志村けんさんの家計は、東京・東村山市で300年続く志村家です。
志村けんの5代前は、志村権兵衛。
志村家は、先祖の土地を守りながら、サツマイモや麦の量産を行ってきました。

志村けんさんの父親

志村けんさんの父親は、憲司さん。
憲司さんは、農家として8人兄弟で長男として家計を支えなければいけませんでした。
憲司さんは農業を手伝いながら、学校を卒業するも、卒業するまで常に成績はトップ。
昭和9年に憲司は教員を要請する豊島師範学校に入学。
そこで憲司は柔道部に所属しており、柔道部は明治42年の創部以来全国優勝20回を誇る名門だったそうです。

志村けんさんの母親

志村けんさんの、母親は、東村山にある正福寺地蔵堂、境内で年に1度踊られる「浦安の舞」で初代踊り子を務めた小山和子さん。
小山和子さんの本家に残る年貢取立て記録では、名主の名は太右衛門で200年以上名主を務めていました。
和子さんは大正8年に小山家の分家に生まれ、8人兄弟の四女。
小学校を卒業すると家事手伝いをし、昭和15年には浦安の舞の初代踊り子に選ばれました。
昭和29年に、兄、登の結婚式がありましたが、妻になった志村トリさんには3歳上のお兄さんがいて、それが後に結婚する憲司さん。

(引用元:ファミリーヒストリー志村けん

志村けんさん死去

志村けんさんが、3月29日新型コロナウィルスに感染、肺炎で亡くなられました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

志村けん 関連記事



Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです