志村けんさんが、新型コロナウイルス感染したと所属事務所が発表しています。
志村けんさんが、入院した病院や場所はどこなのか、また発症から現在までの経路を時系列でご紹介していきます。

志村けんが入院した病院はどこ?

原則、新型コロナウイルス感染症の患者及び、疑いのある患者は、「感染症指定医療機関」における「感染症病床」に入院させなければなりません。

ただし、法第19条第1項において、やむおえない場合、感染症指定医療機関における感染症病床以外に入院させること、又は感染症指定医療機関以外の医療機関に入院させることが可能と厚生労働省は発表しています。

そのため、志村けんさんも、以下の「感染症指定医療機関」に入院している可能性が非常に高いです。

ad by google

都内の感染症指定医療機関

東京都の特定感染症指定医療機関

国立研究開発法人:国立国際医療研究センター病院:4床

東京都の第一種感染症指定医療機関

東京都立駒込病院:2床
住所:東京都文京区本駒込3丁目18
東京都立墨東病院:2床
住所:東京都墨田区江東橋4丁目23−15
公益財団法人東京都保険医療公社 荏原病院
住所:東京都大田区東雪谷4丁目5−10
自衛隊中央病院 2床 
住所: 東京都世田谷区池尻1丁目2−24

志村けんさんがどこの病院に入院しているかは明らかになっていませんが、上記の指定病院である可能性が高いとみられます。

志村けんの発症〜現在の病状までの経緯【時系列】

志村けんさんの所属事務所は、新型コロナウイルスの発症から発覚までの経緯について、時系列で報告しています。

3月17日 倦怠感の症状があったため、自宅静養。(発症日)
3月19日 発熱・呼吸困難の症状が出現。
3月20日 訪問診察をした医師の判断により、都内病院に搬送。重度の肺炎との診察を受け、入院。
3月23日 新型コロナウイルス検査陽性が判明。
3月24日 保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了。
(引用元:fnn)

現在の病状は?

志村けんさんは、一時、気管挿入が必要、及び、人工呼吸器をつけての治療を行っていたと報道されています。
一時、重症化したものの、回復傾向にあるとの報道も。
ただし、現在の病状については明らかになっていません。

世間の声

志村けん、現在も闘病中

現在、志村けんさんは、実兄・マネージャーに見守られ闘病中とのこと。
1日も早い回復をお祈り申し上げます。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです