演歌歌手の紫艶(しえん)さんは写真集を出すほどの肉体美の持ち主


2016/03/04号のFRIDAYで、桂文枝(かつら ぶんし)さんとの20年間の不倫を認めた演歌歌手の紫艶(しえん)さん。

同誌では、2ショットのプライベート写真も掲載されています。
今回、報道された紫艶(しえん)さんとは、いったいどんな女性なのでしょうか?

ad by google

紫艶(しえん)さんについて

演歌歌手 紫艶
18歳の時、吉本演歌歌謡選手権で、優勝し本名の中江ひろ子として歌手デビューしました。
兵庫県尼崎市出身で、1978年1月17日生まれの38歳。(2016年現在)

紫艶さんが、桂文枝さんと交際を始めたのも彼女が、本名で歌手活動をしていた時でした。
2人は舞台で出会い、その後、関係は、20年もの間続いていました。

実は、「紫艶(しえん)」という芸名も、彼女の実家がタバコ屋だということもあり、
「煙」「艶」と表現し、桂文枝さんが名付け親となったといいます。
(引用元:2016/03/04号のFRIDAY

彼女のデビュー曲『渋谷のネコ』は、2000年に、日本有線大賞新人賞を受賞します。
紫艶さんは、演歌歌手でありながら、バストは90cmという肉体美の持ち主です。

その為、グラビアなどでも活躍し、2012年にはヌード写真集も出されています。
紫艶 写真集 『 ろまん 』→

週刊現代でも、その肉体美を披露し、話題になっていたようです。

ちなみに、2013年しか更新されていませんが、紫艶さんのブログも存在します。
ブログ↓
紫艶. ー紫艶のためいきー

まとめ

紫艶(しえん)さんは、フライデーのインタビューで「わたしが親密になった男性は生涯で師匠だけ」だと語っています。
演歌歌手には、「不倫」「叶わぬ恋」など、切ない恋心を歌った楽曲が多いだけに、哀愁漂う人生を送っている方も少なくありません。

今回の報道を受けても紫艶(しえん)さんも、今後も「叶わぬ恋」を続けていくのでしょうか?


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る