2020年3月28日から放送のサッポロビール黒ラベルのCM「大人エレベーター」27歳代表として出演する音楽家は、キングヌーの常田大希さんです。

常田大希さんは、芸大に入学するも中退。
過去には、小澤征爾が主宰する小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者して所属していた経歴を持つ、「鬼才」と呼ばれる若き音楽家なのです。

サッポロ黒ラベルCM音楽家は誰?大人エレベーター27出演者は常田大希

ad by google

キングヌー・常田大希とは

この投稿をInstagramで見る

 

常田大希 – Daiki Tsuneta(@daikitsuneta)がシェアした投稿

常田さんは、1992年5月15日長野県伊那市に生まれます。

幼い頃から、近所にチェロをやっているおじさんがいるとのことで、チェロをするように。

ちなみにお兄さんもいますが、お兄さんはヴァイオリンをされていて、兄弟で競演したこともあります。
お兄さんも、かなりのイケメンでしかも東大卒で、現在はお友達と一緒に共同経営をされており社長として活躍しています。

もっと常田さん、お兄さんについて知りたい方は以下をどうぞ。

キングヌーのボーカルの井口さんとは幼なじみです。
幼なじみですが、常田さんの方が井口さんよりは1つ年上となります。

2人は小学校が同じで、伊那市立東部中学校では合唱部に所属
その際の動画は、先ほどご紹介した記事に掲載していますので、興味がある方はご覧ください。

なお、常田さんの父・母はピアノをされていました。
常田さんは、2人からピアノは習っていませんが、自然に弾けるようになったそうです。

なお、父親はロボットエンジニアで、母はピアノの先生です。

この投稿をInstagramで見る

 

常田大希 – Daiki Tsuneta(@daikitsuneta)がシェアした投稿

常田さんが高校のときには、「最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門」で準グランプリを獲得。
芸大に通っている際には、小澤征爾が主宰する小澤国際室内楽アカデミーに所属

彼がそのままクラシックの道に進んでいたとしても、きっとクラシック界で成功していたことでしょう。

キングヌーとして活躍

キングヌーの中では、楽曲の作詞作曲を行いボーカルとしても活動しています。
「鬼才」であり、クール・かっこいい・お洒落担当と言っても過言ではありません。

男性からは、お洒落やその格好を真似たくなるようなカリスマ性があり、女性からはかっこいいと男女両者のファンが多いです。

以前、菅田将暉さんのオールナイトニッポンにボーカル井口さんが出演されたときは、「常田選手権」というものが開催され、
Twitterでもトレンド入りしました。

その中で、リスナーからは「(井口さんは)キングヌーのじゃないほう」と言われていました。

常田選手権の内容は、以下の記事に詳細を記載していますので、どうぞご覧ください。

キングヌーは、常田大希さんを中心に2013年にSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)という名前で活動を開始しました。
そのとき、常田さんは幼なじみの井口さんに声をかけています。

しかし、常田さんのお母さんは、井口さんをバンドに誘ったことを悪いと思ってるそうで、井口さんのお母さんに「あの子がバンドになんて誘っちゃってごめんねー」と言っているとのこと。

この投稿をInstagramで見る

 

新井 和輝(@kazukiarai_)がシェアした投稿

ベースの新井和輝さんは、キングヌーのサポートとして活動しており「バンドに入りたい」と常田さんに伝え、サポートメンバーを経て正式にキングヌーのメンバーに。

この投稿をInstagramで見る

 

勢喜遊(@hiibaasan_jamesbrown_sokkuri)がシェアした投稿

ドラムの勢喜遊さんは、セッションバーで新井さんに出会い、三味線ユニット「輝&輝バンド」の初期メンバーに。
別のミュージックバーでドラムを探していた常田さんと出会い、キングヌー へ。
なお、勢喜遊さんは「輝&輝バンド」で一緒だった白藤ひかりさんと結婚しています。

2017年にKing Gnu(キング・ヌー)に改名。

Gnu =ヌー とは、動物で、「春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っており、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたい」という思いから命名されました。

2019年に紅白歌合戦に登場。
ミュージックステーションにも連続で登場し、情熱大陸でも取り上げられるなど、今、若者を中心に絶大な人気を誇るミュージシャンです。

キングヌーに関する記事一覧




photo:https://pbs.twimg.com


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです