本日、あまりにも衝撃的なニュースが世界を驚かせました。

コメディ俳優として日本でも人気のあったロビン・ウィリアムズさんが
2014年8月11日午前11:55(現地時間)
カリフォルニア州の自宅にて亡くなりました。63歳でした。

死因は、窒息死で自殺と見られています。

ロビン・ウィリアムズさんは20歳頃からアルコール依存症を患っており、
薬物乱用とも戦っていました。
2006年にはリハビリセンターへ入院しましたが、再発し今年7月には
再度、入院しミネソタ州の治療センターで数週間過ごしていました。

(引用元:アメリカYahooNews

ロビン・ウィリアムズさんが最後に載せた2週間前のInstagramの写真は
彼の娘であるゼルダさんの25歳の誕生日を祝い下記コメントと一緒にアップされています。

ロビンウィリアムズ 出演作品

出典:YahooMovies

「ハッピーバースデー、君が生まれて四半世紀過ぎたけど、
君はいつまでも僕のベイビーだよ。愛している」
(引用元:YahooMovies

 

多くの友人や俳優仲間が、彼の死を悼んでいます。
心よりロビン・ウィリアムズさんのご冥福をお祈りしています。

ロビン・ウィリアムズさんの代表出演作品

1993年『ミセス・ダウト』

離婚した子煩悩の父親が、子供たちと過ごしたいが為に
60歳近くの家政婦に変装し、子供たちの面倒を見るという映画。

筆者は、『ミセス・ダウト』が好きすぎて何度も見ました。何度見ても
面白く、家族愛について考えさせられる映画です。

1997年『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

マット・デイモン主演。1人の青年と最愛の妻に先立たれた心理学者との物語。

2007年『ナイト ミュージアム』2009年『ナイト ミュージアム2』

ベン・スティラー主演。セオドア・ルーズベルトの蝋人形を演じる。
主演ではないですが、ロビン・ウィリアムズさんでなければ出来ない役。
物語を面白くするためには必要不可欠や役だと個人的に思います。

ロビン・ウィリアムズさんは主演・助演問わず、存在感のある俳優さんでした。
また、コメディ・恋愛・家族愛など幅広い役柄を演じられる実力派でもありました。

なんといってもロビン・ウィリアムズさんの一番の魅力は、老若男女から愛される
雰囲気を持っていたところにあるでしょう。

筆者自身、彼の作品や彼自身の演じる役柄に何度、癒されたか分かりません。
小さい頃から大好きだった俳優さんだったので今回のニュースは本当にショックでした。

彼の演じる姿が、もう二度と見られないと思うと残念で仕方ありませんが、
彼の出演した作品たちは今後も、色褪せることはないでしょう。

今一度、ロビン・ウィリアムズさんのご冥福をお祈りします。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです