タイタニック号の調査が14年ぶりに行われました。
BBCによると、バクテリアなどの影響により腐敗が進み、愛好家の中では好きな人の多い「船長のバスタブ」も
なくなっていたそうです。

ad by google

タイタニック号の現在の姿とは?

タイタニック号の調査が、カラダン・オーシャニックなどによって
14年ぶりに行われましたが現在のタイタニック号の姿は、
驚くほど良好な状態のところもありましたが、他の船体の部分は、消失していたそうです。

船長室があった右舷側も崩れ始めているといいます。

その他、デッキや豪華船室があった部分も劣化が進んでいます。

1996年には確認された船長のバスタブも、現在は消失。
タイタニック号 現在の姿出典:BBC

多くの部分が消失しています。

タイタニック 現在の姿出典:BBC

RMSタイタニック号はは、100年以上に渡って水中にあり、現在は
カナダのニューファンドランド沖約600kmほどのところにあります。

1912年、サウサンプトンからニューヨークへ初めての航海が行われたタイタニック号は、
氷山に追突し乗船していた2,200人の乗客と乗組員のうち1,500人もの方が亡くなるという悲劇の事件が起こりました。

今回の潜水では、長さ4.6m、高さ3.7mのトリトン潜水艇を使って調査が行われました。

タイタニック号 現在の姿
深海の圧力に耐えられるように作られたトリトン潜水艦
出典:BBC

今回の調査は、悪天候の中行われダイバーにとっても大変なリスクがある中、行われました。

今後、ドキュメンタリーに使うためアトランティックプロダクションによって映像が撮影されました。

なお、科学者は映像を確認するだけでなくタイタニック号に住み着いている生き物についても研究しています。

タイタニック号が沈んでいるのは、氷点下近くの温度で、真っ黒な水・そして大きな圧力がかかっている深海です。

それにも関わらず、繁栄している生き物たちがいるのです。

とはいえ、それらが、タイタニック号が腐敗する最大の要因であるとニューカッスル大学の遠征科学者クレア・フィッツシモンズは
述べています。

クレア・フィッツシモンズによると、タイタニック号には微生物がおり、
船の鉄を食い潰し、「殻」のようなものを作ります。

これは、金属よりも弱いものですが、タイタニック号からぶら下がって見える乳石は、
これらの微生物が作り出したもので、非常に壊れやすいため、粉塵の雲に砕け散る事もあるそうです。

科学者らは、大西洋の深海で、種類の異なる金属がどのように侵食するのかを研究しています。

(引用元:BBC

これまでのタイタニックの調査について

1985年に初めて、アメリカとフランスのチームがタイタニックを発見し、
1985年に潜水艦アルビンが調査を行いました。

1987年に1,800個のタイタニックの工芸品を収集。

その後、1995年にジェームスキャメロン監督がタイタニック号を訪れ、
その映像は彼の映画「タイタニック」で使用されています。

1998年に最初の観光客がだいぶし、同年、にタイタニック号のセクションを一部引き上げます。

2005年に潜水艦とダイバー2名が潜り、2010年に調査ロボットを使用。

2012年、タイタニックはユネスコによって保護されています。

そして、2019年、現在の調査に至りました。

(引用元:BBC

タイタニック号の現在の姿まとめ

タイタニック号が沈没してから、すでに100年以上が経過しています。
それでもなお、形が残っているのは、船が沈んでいる場所が氷点下ということと
深海ということが関係しているのでしょう。

とはいえ、深海にも様々な生物が生息しており、そこに住む微生物によって
タイタニック号の腐敗は進んでいます。

そのような深海に生き物が生息している方が驚きですが、
その生物を研究している科学者もいるため、

「タイタニック号は、まだ、我々にいいたい事がある」

と捉えている科学者もいるようです。

タイタニック号は、今後も腐敗が進み自然に帰っていくでしょう。

しかし、タイタニックが沈没した事で、深海に住む生物たちの研究が進み
これからの私たちの生活にとってより良い影響を与えるかもしれません。

また、ドキュメンタリーが作られるという事ですので、
タイタニック号の現在の姿がまた、見れる事でしょう。

私が、翌日から便秘から解放された方法とは?

翌日からどっさり出た
・しかも、お腹が痛くならない
3年以上続けて飲んでいても毎日スッキリ
便秘薬から解放された

その方法が知りたい方は以下よりご覧ください。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです