2020年2月に配信された楽曲「snow jam」で一躍、話題となったラッパーのRin音さん。
彼の大学や本名、兄弟など彼の素顔について迫ってみました。

スポンサーリンク

【顔写真】Rin音の大学や本名

一番左の画像が、Rin音(りんね)さん。

Rin音(りんね)
生年月日:1998年9月16日
出身地:福岡県宗像市
学歴:福岡工業大学

かつて、Rin音(りんね)さんは、ご自身のTwitterにて「福岡工業大学なんですか?」というファンの問いに対して「そうだよ」と答えていたとのこと。

ただし、現在そのツイートは削除されているようです。

しかし、以下の「僕一応福岡工業大学志望なんですが…」という問いに対して、「是非ともおいでください!」と返信されていますので、福岡工業大学出身である可能性が高いと思われます。

「僕の大学は医工連携っていって、工学系なんです。医学と工学を連携させて…例えば治療とかに使うロボットのような。その工学のほうを勉強してます。僕がメインでやってるのは、細胞が動いているのを追いかけるトラッキングっていう技術です。」
(引用元:web-real.jp

なお、以前、テレビに出演された際も福岡県の理系大学4年生と紹介されており、インタビューでは「大学は医工連携」と答えています。

福岡工業大学は、「医工連携」であることもあり、この情報の信憑性は高いと思われます。

Rin音の本名は非公開

Rin音さんの本名は、非公開です。

ただ、これまでに本名を「パンチライン」や、「クボタカイ」と名乗ったことがあるようです。
もちろん、これらの本名は冗談でお答えになっているのでしょう。

Rin音の兄弟には妹が

インタビューで、Rin音さんはさんがいることを明かしています。

僕は妹がいるんですけど、PUNPEEさんと5lackさんの「男兄弟ならではの関係性」みたいなものが羨ましいというか。
(引用元:realsound.jp

Rin音の生い立ち

Rin音さんは、高校1年のときにラップバトルに魅了され、大学に進学した18歳のときからラッパーとしてのキャリアをスタートさせます。

その後、「戦極MC BATTLE」に出場するも1回戦で敗退。しかし、「U-20 MC BATTLE」に出場し見事、優勝されています。

福岡を中心にライブ活動をし、「snow jam」がTikTok上でバズリ、YouTubeの再生回数も伸びロングヒット。

 

 

それまでは、普通に就活をして、趣味でラップを続けようと考えていたようです。

ごく普通の大学生の人生を一曲が大きく変えた。それまで「社会人になってもラップを趣味として続けられたら」という堅実な考えのもと、インターンシップや会社説明会へ参加。学生らしく就活に打ち込む日々を過ごしていた。

 「Mステとかテレビ出演が増えた時、周りは就活真っただ中でした。自分は『もう間に合わんやん。もう音楽やるしかねぇわ!』と直感的に思った。この曲が音楽1本でやっていこうという気持ちに火を付けてくれた」
(引用元:YAHOO(デイリー)

スポンサーリンク

映画「キャラクター」の主題歌を担当

菅田将暉さんが主演を務める映画「キャラクター」の主題歌「「Character」はRin音さんが担当しています。
正確には、「ACAね(ずっと真夜中でいいのに。) × Rin音 Prod by Yaffle」という形のコラボになります。

スポンサーリンク

今後のRin音さんの活躍に期待

少し前までは、Rin音さんは福岡の大学に通う普通の学生でした。
彼の楽曲「snow jam」がバズリ、一躍有名になった彼の楽曲には、それだけ魅力があるということでしょう。
今後のRin音さんの活躍に期待しています。

関連記事

【映画】キャラクターの撮影場所・ロケ地・目撃情報|日立で小栗旬&菅田将暉が

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです