「好きな人の前では、自然体でいられない」
「別の自分を演じて、ぎこちなくなる」

とお悩みの女性は多いのではないでしょうか?

本来、あなたの自然体にこそあなたの「魅力」があります。
そこで今回は、恋愛で自然体でいられる時が一番上手くいく理由と、自然体でいる方法などについて見ていきましょう。




自然体でいられる時こそ恋愛が上手く行く

恋愛をして人を好きになると、相手の男性に好きになってもらって
ついつい「他の自分」を演じてしまうものです。

いつも片思いばかり・付き合っても続かない女性というのは、
恋愛で「自然体」でいられないのです。

実は、あなたが「自然体」でこそあなたにしかない「魅力」が発揮されます。
好きな人には好かれないで、何とも思っていない男性から好かれるのはこの為です。

確かに自然体でいれば、あなたを恋愛対象でない・苦手だという男性も当然出てきます。

しかし、その分、自然体のあなたに魅力を感じる男性も多くなってくるのです。

自分を演じてしまうと、嫌われる事もありませんが反対に好かれる事もなく、
結果的には、恋愛が上手くいかない状態に陥ってしまうのです。

それなら、最初から自然体でいた方が
あなたを「いいな」と思う男性を引き寄せる可能性が高い。

そして、あなたの自然体に惹かれた男性とお付き合いすると、
あなたもとても「楽」でいられるので、結婚だとか長期的なお付き合いに
発展するケースが少なくないのです。

 

恋愛で自然体でいられない5つの理由

ad by google

自然体でいられない理由1.他人の目が気になる

私は好きな男性が出来ると、相手の男性よりも他の同性の女性の目が気になっていました。

ですから、本当は好きな人にたくさん話しかけたい・満面の笑みを浮かべたいのに、

「あの子、あんなに彼に媚び売って」
「年甲斐もなく、恥ずかしくないのかな?」

などと思われたくなくて、自分の素直な気持ちを抑制していました。

結果的に、同性に嫌われることはありませんでしたが、
彼に好かれる事もなく片思いで終わってしまった苦い想い出があります。

本来なら、他人の目を気にせず周りの女性にも「彼が好き」だと
表明しておいて、彼にアプローチしていればいいのです。

ですが、自然体でいられない女性というのは
他人の目・特に、恋愛になると同性の目が気になって自然体で
振る舞えなくなるケースが意外と多いです。

自然体でいられない理由1.嫌われるのが怖い

あなたの仲の良い友人は、あなたが自然体で居るからこそ、
相手も自然体で接することが出来るので、遊んでいて楽しいのです。

しかし、多くの女性がその事実を忘れてしまいます。

好きな男性が出来ると、「嫌われたくない」と思う気持ちが強すぎて、
自然体で振る舞えなくなるのです。

例えば、会話中でも
「こんな事、言ったら嫌われるかな?」
と言葉を発する前に頭で色々考えすぎてしまったり。

好きな人に話しかけたいと思っても、
「私が、今話しかけたら迷惑かもしれない」

と思ってしまい、結果的にぎこちなくなってしまうのです。

自然体でいられない理由3.自分を良く見せたい

好きな男性には、少しでも「可愛いなと思われたい」と女性であれば思うものです。

ですから、好感度アップの為に、いつもの喋り方より「可愛こぶる」
もしくは、料理を取り分けるなど女性らしさをアピールする人もいるでしょう。

しかし、自分を良く見せようとすればするほど「特徴のない女」になってしまい、
相手の男性からすると「特に印象のないいい子」で終わってしまうのです。

好きの反対語は「嫌い」ではなく無関心です。
例え、あなたが自然体で振舞って相手の男性をイライラさせたとしても
それだけ彼の感情を揺さぶったということ。

その先、彼があなたの事を好きになる可能性は十分あります。

自分をよく見せれば見せるほど、相手の印象には残らない事を覚えておきたいものです。

自然体でいられない理由4.受け入れられる自信がない

過去の恋愛や、幼少期に、ありのままの自分を否定されたり、
受け入れられた経験が少ないと、自分は相手に受け入れられないのではないか?
と考えてしまいます。

ですから、自然体で振る舞うのではなく
万人に自分を受け入れてもらう為に「いい人」を演じている女性は多いです。

あなたは恋愛だけでなく、友人関係でも
自分の感情を押し殺したり、意見を言わない癖は無いでしょうか?

自然体でいられない理由5.「自然体」がよく分からない

昔から、ありのままの自分を押し殺して生きてきた女性にとっては、
そもそも「自然体である状態」が分からなくなっているのです。

例えば、いつも友達の意見に同意するのが癖になっていると、
そもそも「嫌だ」「ムカつく」という感情すら感じなくなっているので、
本当の自分の気持ちが分かりません。

ですから、今さら自然体で振る舞うという事が正直、よく分からないでいるのです。
このように自然体でいる事がいまいち分からない人は、
これから「自然体」でいる方法をお伝えしますのでご覧ください。

以下の記事も役に立ちます。

素直な女性は男性心理的に可愛い!|素直な女性の特徴とモテる7つの理由

そもそも恋愛で「自然体」でいるとはどういうことか?

では、そもそも恋愛であなたが「自然体でいる」という事はどのような状態なのでしょうか?

それは、頭であれこれ考えずあなたが感じたまま・思ったまま振る舞う状態です。

例えば、あなたが好きな人に「話しかけたい」と思ったとします。

自然体でいられる人は、そのまま何も考えずに相手の男性に話しかけます。

一方で、自然体でいられない人は「今、話しかけたら迷惑かな?」
と考えて悩んでしまう人のことを言います。

自然体でいられる人は、相手に対して

「〇〇してはいけない。」
「〇〇しなくてはいけない。」

などの義務的な考えや思い込みがなく、ただただ自分が思うように振舞っているのです。

恋愛で自然体でいられる5つの方法とは?

では、具体的に恋愛で自然体でいられるようになる方法を見ていきましょう。

自然体でいる方法1.自己開示する

そもそも自然体でいられない人は、ありのままの自分を見せるのが苦手です。
特にそれが異性や好きな人であればなおさらです。

「彼は、私の事を知りたいと思っている訳が無い」

と考えて、ほとんど自分自身の事を語りません。

その為、「聞き役」に徹して聞き上手な女性もいますが、結局のところ
自分のことを話す自己開示をしなければ相手に信頼されません。

自己開示しなければ深い関係に発展することも無いので、
「結局のところ、彼女がよくわからない」
と思われている可能性があります。

でも、そもそも自己開示ってよく分からないという方に以下の会話例を挙げてみます。

自己開示がない会話

あなた「休日は、何されてるんですか?」
相手「最近は、ランニングにはまっています。」

あなた「ランニングですか!いいですね。毎日、どれくらい走るんですか?」

相手「毎日、10kmくらい走りますよ。」

あなた「凄い!最初からそんなに走れたんですか?」

相手「いやいや、僕も最初は全く走れなかったよ。」

この会話を見ると、あなたは聞き上手で、会話が上手に続いているように思いますよね?
ですが、相手に質問してばかりである意味「面接」のようになっているのがお分かり頂けるでしょうか?

では、以下の会話を見てみましょう。

自己開示をしている会話

あなた「休みの日は、何されてるんですか?」

相手「最近は、ランニングにはまっています。」

あなた「ランニングですか!いいですね。
私は、最近、山登りにはまってるんですけど体力なくて・・・・
ランニング始めてみようかな。
(自己開示)」

相手「僕は、逆に坂道を走るのが苦手で山登りをトレーニングに
入れようかと考えてたところです。」

あなた「そうなんですか!では今度、山に連れて行くので
一緒にランニング教えて欲しいです。」

相手「いいですね。行きましょう!」

2つ目の会話の流れを見てどうでしょうか?

1つ目の会話よりも、お互いが「より深い」話が出来ていて
会話を楽しんでいる様子がイメージ出来たのではないでしょうか?

自己開示とは、自分の情報を相手に伝えたり、
あなたが感じた感情を相手に伝えることにあります。

とはいえ、今まで自己開示して来なかった女性であれば
好きな人にいきなり自己開示するのは難しいかもしれません。

始めは、友人や知人から「自己開示」する事を意識して
会話をしてみましょう。

練習していけば、必ず上手くなります。

自然体でいる方法2.好かれようとしない

好きな人の前では、好かれようという気持ちが強すぎて自然体でいられなくなるものです。

そんな時は、「嫌われてもいいや」と開き直ってみましょう。

嫌われてもいい・好かれなくてもいいと意識的に考える事で、
100%自然体で振る舞うことが出来なくても、今よりも肩の力を抜いて
相手に接することができるようになります。

どうしても「嫌われてもいい」と思えない人はこう考えてみましょう。

今まで、好きでもない男性に好かれて来た経験のある女性は、
あなたが「自然体」でいられたからです。

あなたの好きな男性も、他の女性からすれば「普通の男性」で、
特別なことはありません。

ですから、あなたが好きな人に対して他の男性に接するように
自然体でいれば、今よりも「好きになってもらえる可能性」
が極めて高くなるという事を頭に置いてみてください。

自然体でいる方法3.頭で考えすぎない・感じる!

恋愛で自然体で居られない人は、相手の気持ちをあれこれ考えすぎてしまいます。

ですから、好きな人に「話しかけたい」と思っても、
相手の気持ちを考えすぎて行動できないのです。

しかし、これは相手の気持ちを考えているというよりは、
相手の男性に話しかけることによって、嫌な顔をされて「あなたが傷つく」
事を恐れているのです。

つまり、結局は自分の事しか考えていないのです。

相手の気持ちを考えてあれこれ考えて悩んでも、
結局は相手の気持ちは、相手にしか分かりません。

ですから、相手の反応や感情などを考えずに
あなたが「話したい」と感じたら、その感情のまま話しかければ良いのです。

その時、例え「恥」をかいたとしても死ぬわけではありません。
恋愛とは、かっこ悪いものです。

そして、かっこ悪くなれる人は、実は「かっこいい」のです。

自然体でいる方法4.自分の感情に敏感になる

今まで、自然体で振る舞うことに慣れていない女性は、
そもそも自然体であることの意味が分かりません。

自分の感情にフタをして生きてきた女性というのは、まず本当の自分を
知る必要があります。

その簡単な方法は、まず「自分の感情に敏感になる」事です。

例えば、友達とランチの話になって友達は「パスタ」を食べたいと言いました。
今まで、あなたは何の疑問もなくパスタを食べていたかもしれません。

しかし、これから友達に「パスタ食べに行かない?」
と言われたら、まず自分の心の聞いてみましょう。

「私は、パスタが食べたいだろうか?」

それで、もしあなたが「和食」を食べたいと思ったのなら、

「私は、和食食べたいから、パスタもあるファミレスに行かない?」

と提案すればいいのです。

それでも、自分の意見が言いづらい場合には
まず、自分の心の中だけの問いかけで構いません。

「私は、和食が食べたいな。でも、それを言って嫌われるのが怖いから言えないんだな。」

と、今、感じている感情を自分で認めてあげるのです。

自分の感情に敏感になって、自分の感情を認めていく事を
続けていくうちに、自分に自信が持てるようになり、少しずつ自然体でいられるようになります。

自然体でいる方法5.ありのままの自分を受け入れる

自然体でいられない女性は、「自然体の自分は愛されない」と思い込んでいるからです。

ですから、自然体でいられない女性は自分の事が嫌いだったりします。

そこで、まずは「ありのままの自分」を受け入れる事から始めましょう。

世間では、「自分を好きになる方法」がたくさん出回っていますが、
今、自分を嫌いなのにそもそも、すぐに好きになれるわけがありません。

ですから、自分を好きになる準備段階として、「今の自分を受け入れる」事が重要になってきます。

例えば、あなたは自分の顔が嫌いだと思っているとします。

そこで、無理に「可愛い」と思い込もうとしても難しいものがあります。

そんな時は、

「ああ、私は自分の顔が嫌いだと思っているんだな。」

と、自分が自分の顔に対して感じている感情を受け止めるのです。

これを、暇なときに頭で繰り返したりする事で、
何となくホッとした気持ちになっていきます。

それは、あなたがあなた自身の感情を受け止めたからです。

そのほか、自分の気持ちを紙に書き出す事もおすすめです。

自分を嫌いな人は、自分の感情に鈍感になっており、他人の事ばかり気にしてしまいます。

ですから、毎晩、日記を書くように
あなたが今、抱えている問題などについて「気持ち」を紙に書き出すのです。

これは、ビジネスマンが頭を整理するのに使ったり、
ストレス発散するために使う方法でもあります。

あなたの気持ちを紙に書き出すことは、あなたがあなた自身の会話を
聞いてあげているという事でもあります。

あなたがあなたの心の声を聞けば聴くほどに、
徐々にありのままの自分を受け入れられるようになり、自然体でいられるようになります。

 

恋愛で自然体でいられれば恋愛は上手くいく!

あなたの魅力は、あなたが自然体である時にこそ相手に伝わります。

そして、自然体のあなたを好きになってくれる男性は、
ありのままのあなたと相性が良いという事でもあります。

好きな人には好かれない女性は多いですが、これは自然体で振舞えていないからです。

あなたが好きになる人ですから、ほとんどの場合は相性が良いはずです。

にも関わらず、相手に好かれないということは、
あなたが自然体で接しないからこそ、相手に「相性が良い」と感じさせる
事が出来ていないのです。

自然体のあなたは、とても面白くて魅力的です。

今、自然体でいられない女性も徐々に自分を受け入れて
自然体でいられるようになる事で、恋愛も上手く回り始めます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです