「好きな人ができると、いつも不安になってブルーになる。」
「恋愛すると、いつも相手を疑って不安になって辛くなる。」

こんな恋愛の悩みを抱えた女性は多いのではないでしょうか?

エムコ
私は、恋愛するといつも不安になって
不安を彼氏にぶつけてばかりでした。
恋愛部部長エイミー
恋愛において多少の不安や寂しさはつきものです。
ですが、それが過度になってしまうと
上手くいく恋愛も上手く行かなくなってしまいます。
そこで今回は、恋愛で不安になる5つの原因と解消法をお伝えしていきます。

ad by google

恋愛で不安になる5つの原因

1.両親との関係に問題がある

恋愛で不安になってしまう女性には、両親との関係に問題がある
ケースは意外と多いものです。

特に幼少期の両親との関係は恋愛に大きく関係してきます。

例えば、私(エムコ)の場合ですと小さい頃から両親に
「私は、愛されていない」と感じて生きていました。

至って普通に育てられてきたのですが、両親が昭和気質の人間だったので、
女の子なのに、怒るときはお尻を叩いたり家を出されたり怖い思いをしました。

今では、虐待だと言われるのかもしれませんね。

また、父親も母親も愛情表現がとても苦手で、抱きしめたりすることも少なく、
父親も娘を溺愛する感じではありませんでした。

ですから、どこかで「愛情不足」を感じていたのでしょう。

それが顕著に恋愛にも現れてしまい、
彼氏の愛情を試したり、彼の好意を信じられなくて不安になって
怒って振られるという経験を何度か繰り返してしまいました。

このように、両親との関係が影響して、恋愛で過度に不安を感じてしまう女性も多いです。

2.恋愛でトラウマがある

過去の恋愛でダメ男とばかり付き合ったり、
浮気された経験などのトラウマがあると恋愛で不安を感じやすくなります。

例え、とても紳士で愛情深い人と付き合っても、

「何か裏があるのではないか?」
「この人もまた裏切るのではないか?」

と相手を疑いやすくなってしまい、ネガティブな妄想ばかりしてしまって
不安になってしまうケースです。

この場合、過去のトラウマで男性を信じられなくなっているだけでなく、
そんな男性を選ぶ自分自身を信じられなくなっている場合が多いです。

3.愛される価値がないと思っている

例えば、自分の顔にコンプレックスがあったり、性格に問題があると
考えていると、「自分は男性に愛される価値がない」と考えてしまう
女性も少なくありません。

そして、愛される価値がないと思っている女性は、
無意識にそれを証明したいが為に、「彼が自分を愛していない証拠」を
探したがります。

とはいえ、一方で「彼は私を愛してくれている」という証明もしたい為、
両方の感情の狭間で苦しむこととなります。

例えば、彼は私を愛していないから浮気しているはずだと疑い、
彼のSNSを詮索します。

そして、コメントを残している女性のSNSを探ります。

とはいえ、この時の心理としては「彼女とは何でもない関係でいてほしい」
という期待もあります。

それで、何でもないと証明されると安心するのですが、
また自分で不安を探し出して、同じことを繰り返して苦しむのです。

4.自分が思ったようにいかない

恋愛経験がなかったり少なかったりすると、
「恋愛とはこういうもの」「彼氏なら、こうしてくれるはず」という思い込みのような
ものがあるものです。

例えば、
「彼氏が私の事を本当に好きなら、誕生日プレゼントはアクセサリーをくれるはず」
「本当に私を好きなら、クリスマスは盛大なデートを用意してくれるはず」

などという思い込みがあったとします。

しかし、男性それぞれに価値観の違いがあるので、女性が期待した通りのことをしてくれる男性は少ないです。

こうして、女性が期待通りの事を彼氏がしてくれないと、

女性は「私のこと、愛していないのかな?」と不安になって彼の気持ちが信じられなくなってしまいます。

5.恋愛依存症気味

彼氏が出来て嬉しいはずなのに、常に不安だったり相手の行動を全て把握しておきたい
と思うのは「恋愛依存症」である可能性が高いです。

あなたには以下のような症状はありませんか?

・彼氏と離れてすぐに寂しくなる・不安になる
・彼氏のSNSを詮索してしまう
・彼から連絡がないと不安
・浮気しているのでは?とネガティブな妄想がつきまとう
・自分は愛される価値がない
・彼氏に愛される事で自分に存在価値があると思う
・彼から期待通りの愛情が得られないと拗ねる・怒る

このような症状があれば、あなたは「恋愛依存症気味」でしょう。

また、恋愛依存症の女性は「共依存」の関係になりやすく、
この場合はお互いにさらに苦しい思いをします。

例えば、DVをしてしまう男性は、極度に相手を独占し束縛してしまいます。
彼らは暴力で相手を支配して自分のもとに縛りつけようと相手をコントロールしようと
しているのです。

つまり、極度に相手に見捨てられる事を恐れており、
相手の女性に強く依存している状態です。

一方で女性は、強く束縛される事で「自分は必要とされている」と自分の存在価値を
見いだす事ができます。

また、DVを振るう男性を受け入れる事で、「彼には私しかいないんだ」
と、思い込み依存状態に陥るのです。

恋愛で不安になってしまうのには、こういった「恋愛依存症」「共依存」の可能性もあります。

不安でいつも恋愛が上手く行かない女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

恋愛で不安になる時の5つの解消方法

1.不安は自分の中に原因がある

人は「鏡」だと一説では言われています。

あなたが相手を嫌いだと思う時には、あなたにも相手の「嫌」な部分があったり、
自分が本当はしたいのに、それを惜しげもなくしている相手を嫌いになったりするのです。

特に、あなたが好きな人は、自分を映し出す鏡です。

もし、あなたが好きな人に対して

「彼は、私を本気で好きなのか不安。」

という感情がある時は、あなたが自分自身を好きかどうか分からない時なのです。

恋愛で不安を感じた時に、
それを解決しようと、相手や環境など「外側」のことが変われば安心できると思いますよね?

しかし、恋愛で不安を感じた時にこそ、
自分の本心つまり、「内側」に原因があり、その原因を突き止めて解決しなければ、
本当の安心は得られません。

例えば、あなたは彼氏が仲良しの女の子と遊ぶことに
不安を感じていたとします。

もし、彼氏が仲の良い女の子と遊ぶのを辞めたとしても、
あなたは本当に安心を感じられますか?

一時的に心が安定しても、
「もしかして、私に内緒で遊んでいるのでは?」
「新しい仲の良い女の子ができているかもしれない。」

と不安になるのではないでしょうか?

このように、あなたの内側にある不安の根本を解決しなければ、
あなたはどんどん自ら不安を作り出し辛い恋愛を続けてしまうのです。

恋愛で必要以上に不安を感じている時は、
あなたがあなたの本音を無視していたり、
自分自身を大切にしていない時です。

好きな人や彼氏を変えようとするのではなく、
まず、あなた自身が自分の本音と向き合うことが大切です。

自分と向き合う方法はとても簡単です。
不安を感じたときは、ノートに自分の気持ちを洗いざらい書き出してみましょう。

2.恋愛は一種の病気

恋愛は、
「恋の病」
と呼ばれるように、一種の病気です。
好きな人の言動や行動に一喜一憂したり、
感情が不安定になってしまうのも、仕方ありません。
まずは、恋愛に感情の浮き沈みはつきものだと知りましょう。
恋愛をすると、
「自分だけが辛い」
と思いがちですが、恋をしている皆、それぞれ、
同じように感情の浮き沈みを体験しています。
ある程度の感情の不安定さは仕方ない。
と、まず、不安定な感情があることを認めてあげましょう。
それと同時に、不安定な感情がある一方で、
恋愛をしていない時には、感じない、嬉しさやドキドキする
気持ちを楽しむことも大切です。

3.ネガティブな妄想はしない

恋愛に、不安定な感情はつきものです。
しかし、あなたは、
ありもしないネガティブな妄想ばかりして、
自ら辛い思いをしてはいないでしょうか?
「彼は、私のこと嫌いかも。」
「彼は、浮気しているのかも。」

などと、一度、ネガティブな考えにとらわれはじめると、
ネガティブな妄想は、暴
走しはじめて、止まらなくなってしまいます。
ネガティブな妄想が始まったと、自覚したら、
他のことを考えたり、意識的に、ネガティブな妄想を
やめるように心がけることが大切です。

4.夢中になれるものを見つける

恋愛中に、感情が不安定になってしまう理由の一つに、
「ネガティブな妄想をしてしまうこと」が挙げられます。
妄想を膨らませてしまうのにも、原因があります。
それは、妄想する時間があるということです。
ネガティブな妄想をしないためにも、
恋愛以外に、夢中になれるものを
1つでもいいので見つけましょう。
あなたが、ドラマ好きなら、レンタルビデオを借りてみたり。
もし、体を動かすことが好きなら、スポーツを始めてみたり。
まず、妄想する時間がないほど、
あなたの生活を充実させましょう。
恋愛以外に夢中になれるものがあると、
精神的に安定するだけでなく、
女性として輝いてみえるものです。

5.不安な気持ちに寄り添う

あなたが不安で押しつぶされそうな時は、
心の中の小さなあなたに語りかけるように、

「不安だよね。彼のことが大好きだもんね。」
「大丈夫だよ。」
「どうして不安なの?」

と、あなた自身が不安な気持ちに寄り添ってあげる事が大切です。

あなたが不安な気持ちを打ち消そうとすればするほど、
あなたの本心は、「無視された」と感じてしまい、さらに不安が増長します。

まず、あなた自身の心が不安を感じていることを
受け止めてあげて、寄り添ってあげることで不思議と不安が軽減します。

多くの女性が恋愛で不安を感じてしまいます。
不安を感じたときは、自分が自分と向きあうチャンスでもあり、
成長するタイミングでもあるのです。

いつも振られてばかりの恋愛をしている女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

まとめ:恋愛で不安を感じるには原因がある

恋愛をすると、感情が不安定になるのは誰もが経験があることです。
しかし、マイナスの感情にとらわれすぎると、
せっかくの楽しいはずの恋愛が辛いものへと変わっていきます。

そしてそれが行き過ぎると「恋愛依存症」「共依存」に陥ってしまいます。

恋愛とは本来、楽しいものです。
それがどんどん、辛く苦しくなってくるには相手に問題があるのではなく、
あなた自身の心に問題がある可能性があります。

その原因を分析し、解決することであなたのこれからの恋愛は楽しいものとなります。

30代からの「運命の恋」の始め方

当アラサー恋愛マニュアルでは

年齢・外見関係なく一生深く愛される女を目指しています


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです