スポンサーリンク


この記事では以下の内容を解説します


①敬語を話す男性心理5選【対面での会話編】

②敬語を使う男性心理5選【LINE編】
③敬語の男性からの3つの脈なしサイン【LINE&会話編】


何回か既に会っているにも関わらず、男性が対面での会話やLINEで敬語を使う心理
が知りたいという方は是非、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

敬語を話す男性心理5選【対面での会話編】

1.まだ心を開いていない

あなたに対して敬語ということは、まだ心を開いていない証だとも言えます。
初対面や付き合いの浅い人に対しては、どうしても警戒してしまいよそよそしく接してしまうものです。

また、会ったばかりの人はどんな性格か把握しきれていない部分が多いので、失礼があって気分を害してはいけないとどこか気を使っているものです。そういった心理から敬語を使っているのです。

仲が深り心を開いていくうちに、タメ口へと変化していくことも少なくありません。

2.これ以上は、仲良くなるつもりがない

あなたとこれ以上、仲良くつもりがないという事をアピールしたくてあえて敬語を使い続ける男性もいます。
男性があなたに許している「関係性」というのがあって、あなたと知人の状態でいたい、友達にはなりたくないなどがあります。

その場合は、あなたに敬語をつかうことであえて「壁」をつくり、これ以上関係を進展させるつもりがないことを遠回しに伝えているのです。
また、あなたに対してあまり良い印象を持っておらず、できれば関わりたくないといったときにも敬語を使います。

そのほか、あなたが男性に対して積極的にアプローチしていて男性にその気がない場合にも、あえて敬語を使うことで「恋愛対象ではない」と無言で伝えているのです。

3.あなたが目上や年上だから

あなたが職場の先輩や上司であったり、年齢が上の場合は例え仲良しであっても敬語を使い続ける可能性があります。

目上の人に対して敬語を使う男性は礼儀正しい性格だと言えますが、あなたが男性と打ち解けていると思っている場合には少し寂しく感じることもあるでしょう。

お互いに心を開いていて、仲が良い場合でも年上や目上の人にタメ口を使うという人は実際に少なくありません。

筆者自身、毎週のように一緒に遊んでいて何度も泊まりで遊びに行っている5歳年上の女性がいますが、未だに敬語でタメ口に変えようという気持ちにはならないものです。

それだけ相手に対して敬意を払っている証拠だともいえます。このタイプの男性は、女性と親友レベルで仲良くなるか、付き合うかしないとタメ口には変えない可能性が高いでしょう。

以下のタメ口を使う年下男性の心理についての記事も参考になります。

タメ口の年下男性の心理5つ|好意か脈なしサインか確認する方法とは?

4.心に壁を作っている人見知り

人見知りで、なかなか人を信頼しないようなタイプの男性は心に壁を作っておりなかなか心を開いてくれません。
彼らはあえて敬語を使うことで、「ここから先は入ってこないで欲しい」といった壁を無言でアピールしているのです。

例えフランクな感じでコミュニケーション能力が高い男性も、実は人見知りで心に壁を作っているという人は多いです。
このようなタイプは、コミュニケーションを積極的にとるものの敬語で接し、また当たり障りのない会話の内容しか話さないといった傾向が強いです。

スポンサーリンク

5.敬語を使っておけば間違いないから

初対面では、ほとんどの人が相手に悪い印象を与えないためにも敬語を使います。
このように、どんな相手であっても日本では敬語を使っていれば、相手に不快感を与えるリスクが少なくなります。

例え、何度も会っている間柄であってもなかなかタメ口に切り替えるタイミングは掴めませんし、タメ口に切り替える時にはそれなりの嫌われるリスクを犯す必要があるものです。

あまりコミュニケーションが得意でなかったり、極度に人に嫌われることを恐れているようなタイプは、「敬語を使っていれば間違いない」という思いから敬語を使い続けている可能性があります。

スポンサーリンク

敬語を使う男性心理5選【LINE編】

ここからは、LINEで敬語を使う男性心理について解説していきます。

1.タメ口に切り替えるタイミングが掴めない

初対面でタメ口で話す男性は少なく、敬語で話すのが一般的です。

あなたと敬語で話すことが多く、LINE上でも敬語を使うのが当たり前になっていた場合、タメ口に変えるタイミングがわからないといった理由で敬語を使い続けている可能性があります。

これまで、あなたに対しての会話は敬語が当たり前の状態だったので急にそれを急に変えるのは恥ずかしいですし抵抗があるのです。

例えば、私のラン友さんに10歳以上年上の男性がいるのですが、既に数年も付き合いがあり打ち解けているにも関わらず、会話もLINEも敬語という人がいます。

彼らにとってみれば、敬語を使うのが当たり前の状態でありタメ口に変えようという気持ちすらない男性も少なくありません。

2.悪い印象を与えたくない

あなたに何かしらの好意を持っている男性は、「嫌われたくない」と思っています。
特にLINEでは、あなたに全く悪気がなくとも相手に不愉快な思いをさせてしまうようなリスクが対面よりも高くなります。

対面であれば、あなたのリアクションなどを肌で感じ取れるために、「タメ口をちょっと使ってみようかな?」と思えても、LINEではあなたの顔が見えないため、下手にタメ口に切り替えて、あなたに嫌われたくないのです。

LINEで敬語を使っていれば、あなたに悪い印象は与えないので、そのまま敬語を使っている可能性が高いです。
ただ、対面でタメ口を使うようになれば自然と、LINEでも敬語は使わなくなるでしょう。

3.LINEでのやり取りに馴れていない

男性にとってLINEは、用件を伝えるためだけの道具に過ぎません。また、男性は女性よりも言語機能が発達していないため、コミュニケーションを取ったりLINEやメールをするのは苦手な人が多いです。

中でも女性とのLINEでのやり取りの経験がほとんどない男性の場合は、どんな内容のLINEを送っていいのかわかりません。
そのため、内容も固く敬語を使いがちになってしまうのです。

特にLINEでの女子トークに馴れていない男性の場合は、その傾向が強くなります。

4.敬語を使うのが癖になっている

男性の場合、LINEで他愛もない事を友人と語りあうなどということはほとんどありません。
そのため、仕事などのビジネスメールでしか文章を作成しないし、やり取りしないという男性も少なくありません。

そのため、プライベートであってもビジネスメールの癖が抜けずにそのままLINEでも敬語になってしまっている可能性があります。

5.あなたに興味がない

あなたに連絡先を聞かれてLINEを交換したものの、あなたに興味が持てない場合も敬語を使うことがあります。
例え、あなたに興味がなくとも律儀な男性であれば、LINEが来れば最初のうちは返信してくれることも多いです。

しかしながら、LINEの頻度が多くなったり面倒になってくると、内心では「これ以上、LINEを送って来ないで欲しい」と思っていることもあります。

その場合には、「わかりました」「はい」など、敬語かつ短文で返信をする可能性が高いです。

反対にあなたに興味がある場合には、敬語であっても絵文字を使ったり質問したり何かとLINEを続けようとしてくれるでしょう。

 

もし彼が、敬語でも必ず返信してくれるなら以下の記事がおすすめです。

必ず返信してくれる男性心理10選と脈あり&脈なしサインとは?【LINE・メール】

スポンサーリンク

敬語の男性からの3つの脈なしサイン【LINE&会話編】

男性が敬語を使うからと言って全てが「脈なし」ではありません。
では、敬語を使う男性にどのような態度や行動がみられたら脈なしなのか詳しく見ていきましょう。

1.長年、ずっと敬語を使われる

最初は敬語を使っている男性も、あなたとの仲が深まっていけば自然とタメ口になっていくものです。
しかし、何年もの付き合いがあるにも関わらずずっと敬語を使われ続けているのなら脈なしの可能性が高いです。

あなたに気がある男性というのは、どこかのタイミングで仲良くなれるきっかけをつかもうとするものです。しかし、ずっと敬語ということは、あなたと仲良くなろうとする努力はしておらず、「別に今の関係のままで良い」と考えている可能性が高いのです。

あなたが男性と積極的に仲良くなろうと努力しているにも関わらず、男性がずっと敬語を使い続けているのなら、あなたとこれ以上仲良くしたいとは思っていないというサインです。

とはいえずっと関係が続いているのであれば、あなたのことを嫌いではないのでしょう。
ただし、恋愛対象ではない可能性が高いです。

2.相手発信のLINEがほぼ0

LINEで敬語を使うだけでなく、男性発信のLINEがほとんどない場合には脈なしの可能性が高いです。
この場合の「男性発信」というのには、用事や用件などは含みません。

男性側から、デートに誘われたり意味のないLINEが送られてこないならほぼ脈なしだと考えていいでしょう。

男性は好きな人ができると、例え敬語だとしても、「今、何してるんですか?」「僕は今日、ここに行きました」など、用件や用事以外のLINEが必然的に増えるものです。

そのようなLINEがない場合は、今のところ脈なしだと考えられます。

3.なんとなく避けられている

LINEが敬語だけでなく、実際の生活でなんとなく男性に避けられているなら脈なしです。
男性は本当に嫌いだったり、関わりたくない女性に対しては、「嫌い」という態度は出さずになるべく関わり合いを減らそうとします。

そのため、会えば普通に接してくれるものの、なんとなく避けられているなら脈なしである可能性が高いです。
あなたのLINEに返信してくれる場合は、あなたが職場の関係者だったり、共通の友人・知人がいるから仕方なく返信していることが考えられます。

ただこれだけでは、「脈なし」だとは断定できませんので、男性の脈あり・脈なしサインについては以下の記事も是非、ご参考ください。

 

男性のLINEから分かる好意サインと脈なしサインについては、以下の記事も参考になります。

男性のLINEでの好意サイン23と男性心理|脈なしサインも丸わかり!

 

【まとめ】「敬語=脈なし」と決めつけるのは早い

敬語を話す男性心理5選【対面での会話編】は、以下の通りです。

1.まだ心を開いていない
2.これ以上は、仲良くなるつもりがない
3.あなたが目上や年上だから
4.心に壁を作っている人見知り
5.敬語を使っておけば間違いないから

Lineで敬語の男性心理5選は、以下の通りです。

1.タメ口に切り替えるタイミングが掴めない
2.悪い印象を与えたくない
3.LINEでのやり取りに馴れていない
4.敬語を使うのが癖になっている
5.あなたに興味がない

敬語の男性からの3つの脈なしサイン【LINE&会話編】は以下の通りです。

1.長年、ずっと敬語を使われる
2.相手発信のLINEがほぼ0
3.なんとなく避けられている

LINEや会話で敬語を使う男性は、まだあなたに心を開いていない可能性が高いです。

ただし、「敬語=脈なし」ということではないので、男性の行動を見極めて脈ありか脈なしかを判断したいものです。

敬語で話す彼の本音を今すぐ確認するには?

今回の記事だけでは、どうしても確認できない「彼の具体的な気持ち」「今後の2人の関係」を今すぐ知りたいという方は、老舗の電話占いヴェルニを利用してみるのもおすすめです。

えむえむえむえむ

私は好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、数分の鑑定だったので実質無料で鑑定してもらえました

初回鑑定では最大で5,000円分の無料ポイントがもらえるので、最大で25分、実質無料で占ってもらえます。(1分190円の占い師だと約7〜25分間は無料で占ってもらえる計算です)

とは言え最初は、電話占いは怪しい・怖いと思っていたので、同じ不安を抱えている方は私の体験談&口コミを掲載した「ヴェルニは詐欺か徹底検証」という記事も是非、ご覧になってみてください。

▶電話占いヴェルニの詳細はこちら

↓今すぐ最大25分(5千円分)無料ポイントゲット

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです