ロバート秋山・なりきり動画|ペリー・キーの設定・経歴とは?


 

公演「KEREN」は歌舞伎の世界で「奇抜な演出」を指す言葉です。

ステージ上で、ダンス・殺陣、ミュージカル・日本舞踊など様々なパフォーマンスが繰り広げられる舞台です。

その、「KEREN」のアンバサダーに就任したのが、6000年に1人のアジアスターのペリー・キーです。
ちなみに、ペリー・キーはすでに結婚しており、7人のお子さんがいらっしゃいます。

公演「KEREN」について

ad by google

ロバート秋山扮するペリー・キーの動画一覧

ロバート秋山のクリエーターズファイル
https://creatorsfile.com/

ペリー・キーのプロフィール・経歴

ペリー・キー(perry Kee)は、歌手としても「アジア歌謡大賞」を受賞し、
全アジアのトータルイメージキャラクターに就任。

映画の赤皇帝都「レッドキャピタル」では、
絶大な権力を持ったある国の首領役を演じました。

ちなみに、この映画では主題歌にもチャレンジしています。

ペリー・キーはアジアに生まれましたが、父親の転勤で、南アジアに移りました。
思春期を西アジアで過ごし、アジアの学校で常識を学び、

「アジアが、僕を育て、ペリー・キーをつくりあげた」

とインタビューで語っています。

ペリー・キーの嫁・家族について

ペリー・キーは、結婚しており、お嫁さんは460年に1人のアジア女優メリー・ユウ。

 

馴れ初めですが、出会いはペリー・キーが監督を務めた「水中警察2」で、
メリーさんに「一目惚れ」してしまったといいます。

そして、必ず「460年に1人のアジア女優になる」と確信したそうです。

なお、2人の間には7人の子供がいます。

それぞれのお子さんの名前は、キール、キース、キーリ、キートン、キーキー、キーローですが、

1人だけ、スティックマイヤーとのこと。

(以上、ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#41より)

ロバート・秋山のなりきり動画

シリエイター・MICO(ミコ)

メーキャップアーティスト・HARUKI

秋山扮するペリー・キー

ロバート秋山さんが、扮するペリー・キーのインタビューを見ていると、

「本当に、こんなアジアスターがいるのでは?」

と思ってしまいます。

しかし、ペリー・キーの設定(経歴)があまりにも、適当すぎて、逆に面白いです。

ペリー・キーはアジアに生まれたそうですが、どこのアジアなのか?

南アジアに移った後は、西アジアに移動したそうですが、一体、どこの国だったのでしょうか。

また、奥さんは460年に1人のアジア女優。

7人のうち6人までは、「キ」がついた名前ですが、

1人だけ、「スティックマイヤー」。

リサ・スティックマイヤーさんのファンなのかもしれません。

このように、秋山さんワールド全開の「なりきり」。

さらに、面白いなりきり動画については、以下のロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」をご覧ください。

ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る