アルゼンチンのアンデス山脈の、標高4,000メートル超える地帯で
多く見られるという氷でできた針山地獄のような『ペニテンテ(Penitentes)』

ペニテンテ

出典:hiddenunseen.blogspot.jp

『ペニテンテ』の名前の由来は、懺悔(ざんげ)でひざまずく聖者たちの様子が
それに似ている事からきているといいます。
由来となった聖者たちは、「スペインの聖週間」の行進で、先の尖った
帽子を被っています。(en.wikipediaより)

針山地獄 アルゼンチン

出典:en.wikipedia

歴史文献では
ペニテンテは1839年3月22日に、
チャールズ・ダーウィンが初めて発見したと言われています。

ペニテンテは、数センチ~2メートル前後まで成長しますが、
中には5メートルにまで成長したペニテンテも確認されています。
(hiddenunseen.blogspot.jpより)

アルゼンチン ペニテンテ

出典:en.wikipedia

針山地獄

出典:hiddenunseen.blogspot.jp

針山地獄

出典:hiddenunseen.blogspot.jp

ペニテンテ

出典:hiddenunseen.blogspot.jp

見方によっては、『氷でできた針山地獄』ですが、
その光景はまさに『絶景』
この世のものとは思えない美しさです。

生涯に1度は、是非、訪れてみたい
場所ではないでしょうか?


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです