自分の過去を話す男性がいると、「どうしてそんな事まで話してくれるんだろう?」と疑問に思うものです。
基本的に、男性は自分の過去を無闇に話そうとはしないもの。

では、なぜ、あなたに過去の話をするのでしょうか?

そこで今回は、自分の過去を話す男性心理6つについて解説していきます。




男性は興味のない相手に過去は話したがらない

恋愛
男性と話している際に、急に過去の話を打ち明けられた経験はありませんか?
急にそんなこと言われても、なんて返せばいいかわからない……と思うかもしれませんし、彼の意外な一面を見てドキッとしたり、嬉しくなったことはないでしょうか。

過去の話をされて嬉しく思うのは、いったいなぜでしょうか。

少し重めの話から、恋愛話など、過去の話といっても様々かもしれませんが、共通して言えるのは
過去の話=その人のプライベートな話、であるということです。

男女問わず、自分が好きでない人に個人的な話をすることはあまりないのではないでしょうか。
つまり、過去の話をされるということは、相手はあなたと仲良くなりたい、心を許してもよい人だと認識している可能性が高いのです。

あなたも同じように、自分の過去を打ち明ける相手は選んでいるのではないでしょうか。

なので、男性から過去の話をされた時は「自分はこの人にとって過去を打ち明けてもらえるような特別な存在なんだ」と

察して嬉しくなるのでしょう。

自分の過去を話す6つの男性心理

ad by google

1.過去の恋愛→あなたが好きで付き合いたい

過去の恋愛話をすることで、自分と付き合うとこんな感じなんだよ、とあなたに想像させ、自分を恋愛対象として見てもらおうと仕掛けているのかもしれません。

例えば、こんな人と付き合っていただとかこんなデートをすることが多かったとか……
友人から恋愛モードに切り替えるには、なにかきっかけが必要になるかもしれません。

この人と付き合ったら楽しそうだな。なんて考えてもらうためにあえて過去の恋愛話をしてアピールしているのかもしれません。

また、まだ恋愛モードに突入していない場合は過去の恋愛を語ることで自分とあなたの恋愛観が合うか合わないか、を探るためにそれに対しての反応を見計らっているというパターンもあるかもしれませんね。

2.誰にも言ってない過去→あなたを心底信頼している

なかなか人に話せない過去、誰にでも一つくらいあるのではないでしょうか。
話せない過去とはつまり、あまり良い内容でないことが多いと思われます。
誰にでも話せるわけではない内容をぽろっと打ち明けてしまう。

つまり他の誰よりもあなたに心を許し、特別な存在だと認識しているのでしょう。
もしかすると、それは恋愛感情ではなくて友人としての信頼の可能性もありますが。

3.みっともない過去→ありのままの自分を認めて欲しい

普通、自分のカッコ悪い話なんてあまりしたくありませんよね。
それなのに、あえてみっともない姿をさらす意味とはなんでしょう。

おそらく、あなたのことを気に入っていて、嫌われたくないと思っている可能性が高いのです。

そして一時の関係でなくこの人とずっと過ごしたい、と考えると、その間1回もカッコ悪いところを見せないでいることなんて無理に決まっていますよね。

それであれば、早めにかっこ悪いところも見せて、それでもあなたが自分を嫌いにならないか、など確認している可能性があります。

かっこ悪い部分を見て幻滅するような相手とはずっと一緒にいることができない、なんて思っているかもしれません。

あなたも、常に「完璧な女性」を求められることは苦痛ですよね。

少し失敗したり残念に思われてしまいそうな姿を見られても、むしろ「そんなとこもかわいいな」と思ってくれるくらいの関係性が最高ですよね。

なので、彼がみっともない話をしてもドン引きしてはいけません。あなたが彼に好意を持っているのであれば、そんなこともあるんだな、可愛いな。なんて思うこともできるでしょう。

4.過去の武勇伝→「かっこいい・頼りになる」と思われたい

こちらは、武勇伝のような過去を聞かされた場合。
過去の話をするとき以外も、男性はカッコつけていたいもの。

そして、好きな女性であれば「かっこいいなあ、頼りになるなあ、尊敬できるなあ」と思ってもらうために特に「かっこいい自分」を演出するのに必死なのです。

興味がない人の武勇伝は聞くのもしんどいと感じるかもしれませんが、好意がある男性であれば素直に「素敵だな」と思うのではないでしょうか?

男性とは単純なものなので、好きになってもらうためには「かっこいい俺!」を見せるのが手っ取り早い!なんて思っていることでしょう。

5.辛い過去→癒して欲しいor強い愛情を持っている

急につらい過去を打ち明けた時の男性は、大体が「慰めてほしい」「優しくしてほしい」という気持ちが強いのでしょう。
誰だって、つらい話をすることは極力避けたいですよね。

それなのにあえてその話を切り出すのはそれよりもプラスになる状況を求めているため。
好きな人から「大変だったね」なんてねぎらいの言葉をかけられると、そのつらい過去も吹っ飛ぶような気持ちになるのではないでしょうか。

「かまってちゃんなのかな?」なんて思って突き放すのではなく、彼のつらい過去を認めてねぎらい、前向きな気持ちになってもらえるような言葉をかけられる女性を目指しましょう!

6.幼い頃の話→自分を知って欲しい!

男性が自分が幼い頃や、若いときの話をするときは、相手の女性に「もっと自分について知って欲しい」という気持ちの表れです。
あなたに自分を信頼して欲しい、心を開いて欲しいという気持ちから、幼い頃の話をするのです。

基本的に好意のない女性に対して、幼い頃の自分の話はしないものです。
ですから、男性があなたに幼い頃の話をするのであれば、少なくとも何かしらの「好意」がある可能性が高いと言えます。

以下の記事も役に立ちます。

秘密を話す6つの男性心理|秘密を共有することで恋愛が進展する?

総合的に過去を話すのは信頼されている証拠!

上記の通り、過去を打ち明けるといっても内容は様々ですが、結局のところ心を開いているという証拠なのです。

自分のプライベートな話を打ち明けることであなたとの距離を縮めたい。という気持ちがあることは間違いありません。

 

重い話をされたとしても、信頼されているということを受け止めてしっかりと耳を傾け、場合によってはアドバイスをしたり勇気をもって過去を打ち明けてくれた相手の気持ちを無下にしないよう努めましょう。

 

 

逆に言えば、「過去の話」を男性にさせてしまえば、あなたに強い恋心を抱くようになる可能性が高いということです。

男性に過去やプライベートについて打ち明けてもらい、愛されるために必要な「会話」については以下の記事も是非、ご参照ください。

過去以外にこの話をされたら脈ありかも!

1.結婚や将来について→真剣交際を考えている

男性が結婚や将来について語る相手は、シンプルにあなたとの将来を考えています、という意味合いが強いでしょう。

興味がない、その気がない人に将来の話をしても勘違いされてしまうかもしれないですし、リスクといっても過言ではありません。

あえてそんな勘違いされてもしょうがない話を振ってくるということは、逆に言えばそう思ってくれてもいいのだということ。

好意がある男性であれば素直に受け取り、同じように自分の結婚観などについて話してみると盛り上がり関係性が深まるかもしれませんね。

逆に、あなたが全くもってその男性に興味がない場合は変に同調してしまうと、向こうに勘違いされる可能性もあるので注意してください。

2.弱音を吐かれる→本気度がかなり高い

男性は基本的に女性の前では強くかっこよい存在でいたいもの。
それなのに弱音を吐くということは癒しを求めているのであったり、この子の前では素を見せてもいいのでは、と信頼している可能性が高いのです。

そして、弱音を吐いた自分に対してあなたがどのような対応をとるか、も気にしているかもしれません。

もしあなたが弱音を吐いた男性のことを気になっているのであれば、むしろこれはチャンス!
わざとらしくならないように彼を慰め、つらいときは自分がサポートするよ!なんて雰囲気を醸し出して彼の好感度を上げましょう。

3.家族や友達などプライベートな話をする→好意がある

過去の話以外にも、プライベートな話題ってありますよね。

特に、家族や友達など人間関係については個人の問題なのであまり口出しされたくないし、詮索もされたくないのではないでしょうか。

そんな話題を自ら打ち明けるということは、あなたに心を開いている証拠。
親しい人から身の周りの人の話をよくされると、どんどん相手の周りの人にも詳しくなり、会ったことのない相手の話でも

「あ~、○○で働いている✖✖君ね!」などまるで自分の友達かのように話してしまうことはありませんか?
また、そんな話をしているとなんだかテンションが上がってしまいますよね。共通の話題の一つになってくるのかもしれません。

更に、家族や友人の話をする場合は、あわよくば将来的にあなたを紹介して、自分の家族や友人とあなたも仲良くなってほしいなという希望の表れかもしれません。

4.元カノやタイプの女性の話→あなたは恋愛対象

タイプの女性の話をわざわざ振ってくるのは、あなたに自分との恋愛を考えてみてほしいため。
例えば、あなたが「この人ちょっといいな」と思った場合、その人のタイプが気になりますよね。

そして、自分が好きな人のタイプに当てはまったらテンションも上がって「頑張ろう!」という気持ちになるでしょうし、逆に全くかすりもしないようなタイプであればそのタイプに近づくことも少し諦めたくなるのではないでしょうか。

さらに、特に嫌いでもない男性だとしても、その人の好きなタイプが思いっきり自分と被っていると、少し意識をしてしまったりもするかもしれません。

つまり「好きなタイプ」の話題は恋愛感情を引き起こさせるきっかけの一つになりえるのです。

しかし悲しいことに、その男性の理想をあなたに押し付けている可能性もなきにしもあらず。

まだ関係性が浅く、あなたのことを深く理解していない場合は、自分の理想像とあなたを重ね合わせて話している、なんてこともゼロではありません。

また、元カノの話をされた場合。

元カノとあなたは一切関係ないので「そんなこと言われても困るんだよなあ」というのが本音でしょう。
しかし、それも彼にとってはあなたの気を引く一つの手でしかありません。

「元カノの話をしたら嫉妬してくれないかな」なんて子供っぽいことを考えている可能性もあります。

5.自慢→好意orナルシスト

シンプルに自慢をされると、いい気持ちにはならないかもしれません。
元々そういった性分の方なのかもしれませんが、単純に自分のかっこいいところをあなたに聞かせて、尊敬してもらいたいという好意の表れかもしれません。

あなたにとっては自慢にしか聞こえない言い方でも、相手にとっては単なる自分のアピールでしかないかもしれません。

明らかに不快な気持ちになった場合は無理に良い反応をする必要はないですが、社交辞令でもいいので受け入れてみることも悪くはないでしょう。

6.将来の目標や夢を語る→本気度が高め

男性が自分の仕事についての目標や、夢について語る心理としては、「僕はこれだけ真剣に将来を考えている」「向上心がある男である」ということをアピールしたいがためです。

つまり相手の女性に信頼されたい・付き合っても安心できる男性だと思われたいという心理が隠されています。
男性が本気で自分の将来の目標や、夢を語るならあなたに本気である可能性が高いです。

少なくとも、あなたのことを女性としてみており恋愛対象範囲内であることは間違いないでしょう。

以下の記事も参考になります。

男性が女性を好きだと気づく11の瞬間|男が自分の気持ちに気づく時【男性心理】

過去の話をされた時、恋愛を発展させるための方法3つ

 

1.突っ込んだ質問をしてもOK!相手はあなたに話したい

重い話をされると、いまいち何と返していいのかわからないこともありますよね。
これは突っ込んでしまっていいものか、悪いものなのか……

こんなことを聞いたら相手を不快な気持ちにさせてしまうのではないか、なんて不安に思うこともあるかもしれません。

ただ、実はいろんなことを質問したほうが相手にとっては好印象を与えることだったあるんです。

突っ込んだ質問をする、ということは相手が話してくれた内容を理解している、彼の話を聞いているというアピールにもなりますよね。

もしかしたら、あなたの質問から会話が広がり、さらに深い話に発展していくことも。

質問をする際も矢継ぎ早にどんどん一方的に質問をするのではなく「大変だったね、今はこんな状況だと思うけど大丈夫なの?」

など相手をねぎらう言葉も含めるときっと印象が良くなるはずです。
もちろん、行き過ぎた内容はよくありません。常識の範囲内で質問をしてみましょう。

2.否定せずに、まずは受け止めてあげる

突っ込んだ質問をすることはOKですが、せっかく話してくれた内容を否定することは絶対にNG!
上記で述べた通り、過去の話を打ち明ける男性はあなたを信頼している、好意を持っている。

そのために話している内容なので、わざわざそれを否定されるとは思っていないのです。
そもそも、過去の話に限らず自分を否定されるのはつらいですよね。

「そうなんだ、大変だったね」「頑張ったね」など受け止める言葉を口にしましょう。
自分の過去を受け入れてくれた=自分のことを認めてくれたと思うはず。

もちろん、話す内容がどう考えたとしてもおかしいことであったり受け入れてしまうことが得策ではない場合は無理に肯定する必要はありませんよ。

わざわざ揉める必要はないと思いますので、肯定できないときも反論せずにっこり社交辞令で笑っておきましょう。

3.自分の過去も話してみる

相手が自分のプライベートな話を打ち明けてくれた場合、自分の過去も話してみましょう。
相手はあなたのことを信頼して過去の話をしてくれたのですから、あなたが自分の過去を打ち明けることで
あなたが自分のことを信頼してくれている!と喜んでくれること間違いなし。

過去の話を聞く流れで「実は私もこんなことがあって……」など打ち明けるきっかけも多々あるでしょう。

逆に、一方的に自分ばかりプライベートな過去の話を伝えるのにあなたが似たような話を何もしてくれないと

「自分はこんなに心を開いているのに向こうは心を閉ざしているのではないか……?」

なんて、あなたにそんなつもりはなくても誤解してしまう可能性だってあるんです。
無理に嫌な思い出を掘り起こす必要はありませんが、自分の口に出せる範囲内でチャレンジしてみるのもいいのかもしれませんね。

このように男性と深い話をすることが、その後、恋愛につながっていきます。
そして、男性と深い話をするには「会話」が最も重要です。

男性に深い話をさせる会話の方法について知りたい方は、以下の記事も是非、ご覧になってみてください。

気になる人の本音を今すぐ知りたいなら

気になる男性が、本当はあなたのことをどう思っているのか今すぐ知りたい場合、電話占いヴェルニを利用するのも1つの方法です。

わたしは、好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、さらにたった3分で鑑定してもらえました。

初回の鑑定には、最大2500円の無料通話特典があるので、実質、無料で占ってもらえかなりスッキリしましたよ。

とはいえ、電話占いは怖いというイメージしかなかったので、あなたも「怖い」と感じているなら、是非、以下の記事もご覧になってみてください。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです