スポンサーリンク


この記事では以下の内容を解説します

①別れが近いカップルが出すサイン7選
②彼氏彼女と別れない方法7つ

この記事では、心理学の視点から「別れが近いカップルが出すサイン7選」と「彼氏彼女と別れない方法7つ」について解説しています。

スポンサーリンク

別れが近いカップルが出すサイン7選

別れ

1.下の名前で呼ばなくなる

カリフォルニア大学のチャールズ・キング博士がカップル55組を対象に調査したところ、お互いに下の名前で呼び合わないカップルの86%が5カ月の間に別れているという結果が出ました。

特に付き合って間もないカップルで名前で呼び合っていない人は、破局を防ぐためにも下の名前で呼び合うことが懸命だと言えそうです。

反対に長年付き合っているカップルが、互いに下の名前で呼び合わなくなったら別れが近い可能性があります。

2.会う頻度が減少する

お互いの快適な結びつきが弱くなり、一緒に行う行動の種類が減ったり会う頻度が少なくなると別れのサインと言えます。

人間は、相手に会うメリットを感じなくなると会うことを回避するようになります。

またあるいは、仕事や趣味に没頭するあまり相手を思いやることを忘れてしまい、結果的に会う頻度が少なくなり「すれ違い」が生じ、別れに至るケースも少なくありません。

最終的に会う頻度が極端に減少すれば、2人でいる意味を見出だせなくなり破局へと向かってしまうのです。

以下の記事も参考になります。

連絡はくれるけど会ってくれない彼氏の本音&男性心理8つ|別れるべき?

3.交際期間が3年以上

交際して3年(4年という説も)以上経つと、恋愛のときめきやドキドキを生み出す恋愛ホルモンフェニルエチルアミンやドーパミンの分泌が減少し、一緒に居ることが当たり前になり緊張感がなくなっていきます。

こうなると、お互いの欠点が目につくようになり破局へ向かうこととなります。

当然、交際期間が3年以上経っても円満なカップルはたくさん存在します。

そのようなカップルは、価値観が一緒で相性が良く、内面的に惹かれている部分が大きいと言えるでしょう。

例えドキドキ感がなくなっても、お互いに信頼関係を築きなくてはならない存在になっていれば、恋は愛に変わり円満な関係を長年続けることができるのです。

4.恥じらいがなくなる

付き合いが長くなると恥じらいがなくなり、彼氏の前で平気で全裸になってしまう女性も少なくありません。
特に男性は、パートナーの「性的魅力の減少」によって別れを決意することが多いのです。

これは何も外見の変化だけの事を言っているのではありません。
男性は、女性が恥じらいなどの「女性らしさ」を忘れた時に、パートナーを異性として見られなくなってしまうのです。

この傾向は男性に特に強いですが、男女共に「恥じらい」を忘れない事が良好な関係を築く上で大切なポイントとなります。

スポンサーリンク

5.どちらかが相手に尽くしすぎる

恋愛関係というのは、報酬とコストのバランスで成り立っています。

人間は、相手から得られる報酬が自分の費やすコストよりも大きいと満足度が増します。
ここで言う報酬やコストというのはお金のことだけでなく、安らぎや信頼感、楽しさ、身体の関係なども含みます。

しかし、どちらか一方が相手に尽くしすぎると、尽くされた方は「大きな報酬」を得ることになります。

大きな報酬が得られると、満足度が増すと思われがちですが、報酬があまりに大きすぎると相手に対する罪悪感などから関係への満足度が低くなってしまうのです。

その結果、尽くされた側は相手の愛情を負担に感じるようになり破局に至ってしまうのです。
あなたもしくは相手のどちらかが、尽くしすぎていたり愛情が大きすぎる場合には、危険信号が出ているといっていいでしょう。

以下の記事も、参考になります。

尽くしてくれた彼女との別れを後悔する瞬間&冷める理由11選! 愛してくれたのに…

6.破局に向かうコミュニケーションを取る

あるデータによると、離婚の原因の65%はコミュニケーションの問題によるものだということです。

アメリカの心理学者ジョン・ゴットマンと共同研究者らによれば、愛を終わらせる「ネガティブなコミュニケーション」は次の4つの段階を踏むとしています。

第1段階:非難
第2段階:自己弁護
第3段階:侮辱
第4段階:逃避

 

第1段階の「非難」では、お互いに嫌な行動をなくしてもらうために話し合うのではなく相手を非難します。

次の段階「自己弁護」では、パートナーから受けた非難に対して言い訳をしたり、逆に相手を責めるなどネガティブな反応をします。

第3段階の「侮辱」では、相手に侮辱的な態度を取り、あからさまな軽蔑を顔に出します。こうなると、お互いに尊重し合う気持ちを取り戻すためには、お互いに大きな努力が必要になります。

最終段階の「逃避」では、相手と顔を合せたり気持ちを通わせたりすることを避けます。
避けられた相手は、見捨てられたように感じてしまいます。

あなたやパートナーが、このいずれかの段階にいるとしたら早めにお互いに歩み寄る努力が必要でしょう。

7.関係がマンネリ化している

人間は多かれ少なかれ飽きっぽい習性を持っています。
特に男性にとって恋愛のゴールは相手を手に入れることなので、手に入れたと実感した途端に相手に対しての興味を失っていきます。

お互い、もしくはどちらか一方が相手に対する興味を失っている場合、「マンネリ化」していると言えます。

この状態が続くと、パートナーへの気持ちが冷め、どちらかが浮気してしまったり破局に向かってしまうことも少なくありません。

マンネリ化による破局を防ぐには、「ツァイガルニク効果」と呼ばれる心理作用を利用するのが効果的です。

ツァイガルニク効果とは、人間は、途中で終わったもの(例えば、「続きはCMの後で」など)や達成できなかった事柄をよく覚えていたり、魅力を感じてしまう心理作用のことをいいます。

この「ツァイガルニク効果」により、振られた側は続けたかった関係が意図せず関係が終わってしまうため、未練を残しやすいと言われています。

マンネリ化を防ぐには、自分の情報をすべて相手に開示するのではなく、少し「謎」を残していたほうが丁度いいのです。

スポンサーリンク

彼氏彼女と別れない方法7つ

結婚

1.穏やかなスタイルのコミュニケーションを取る

カップルが喧嘩などをした際に、相手を非難し侮辱してばかりいるとその2人は破局へと一直線に向かってしまいます。

とは言え、喧嘩を避けて互いに言いたいことを我慢していると関係は深まらず結果的に良い関係を築くことはできません。

心理学者のジョン・ゴットマンは、ひどい口論のあとでカップルが関係を修復し、立ち直るためには「相手の話しを積極的に聞く」ことをはじめとする、「穏やかなコミュニケーション」を取ることが重要だとしています。

例えば、口論になって相手に反論すれば会話はヒートアップし、その後の関係修復が困難になります。

その場合、反射的に否定するのではなく1度冷静になり、「自分の振る舞いが相手に嫌な思いをさせていたのではないか」考えることが大切です。

また、会話をする際は「一般論」ではなく、自分はどう感じてどう思ったか自分の感情を相手に伝えることで、会話を穏やかなものにできるとしています。

ジョン・ゴットマンによると、「(あなた)は、聞いていないでしょう」と「あなた」を主語にして話すのではなく、「(わたし)は、話を聞いてもらえていないと感じている」と「わたし」を主語にして話すことを勧めています。

喧嘩してヒートアップしてしまうと、その時に感情で別れてしまうカップルも少なくありません。

その場合は、1度、深呼吸して相手の気持ちになって考えてみて、意見を言う場合も「私は、こう感じて寂しかった」など「私」を主語にすることで穏やかなコミュニケーションを取れるようになります。

2.小さな罪や欠点を許す

人間には、完璧な人はいません。

しかし、関係が親密になるとついつい相手の欠点に目が行くようになり、小さな罪も許せくなってしまうものです。
長期的に良好な関係を保つには、欠点は些細なことと捉え、互いの長所に目を向けて欠点も受け入れることです。

3.互いの友人を共有する

いくつかの研究では、カップルの間に共通する友人が多いほど、2人の親しさが強いということがわかっています。

共通の友人をもつことは、元の関係をより密接なものにする効果があると言えます。

とは言え、共通する友人ばかりだと対立したときに正当な反論や批判を行いにくくなり、互いに傷ついてしまうというマイナス面もあります。

そのため、お互いに共通の友人を持ちつつも、自分独自の交友関係も大事にすることが重要です。

4.互いの公平感を保つ

「別れが近いカップルが出すサイン7選」の項目でも解説しましたが、人間は「報酬」と「コスト」のバランスが極端に偏っていると不快に感じてしまいます。

円満なカップルというのは、「お互いに公平である」と感じており、尽くしすぎるのも尽くされすぎるのも良くないのです。

一方は、パートナーの幸せのために尽くしていると思っていても、相手にとっては「ありがた迷惑」であることも少なくありません。

また、自己肯定感の低い人は見捨てられ不安を感じやすいため、「見捨てられないため」「愛してもらいたいがため」に相手に尽くしているケースもあるのです。こうなると、相手に尽くしているように見えて実は、自分が愛されたいが為に尽くしていることになります。

独りよがりな行動にならないためにも、お互いがお互いに求めているものは何か、また公平性を妨げているものは何かを探ることが大切です。

5.笑顔と感謝を忘れない

いくつかの国内外の研究によると、感謝をすればするほど幸せホルモンのオキシトシンが分泌され、幸福感があがり恋愛関係の修復に有効であることがわかっています。

また、特に男性は「女性の役に立っている」「彼女を幸せにしている」と実感すると、男としての自信が持てるようになり、その自信を持たせてくれるパートナーを離そうとはしない傾向が強いです。

そのため、彼氏の前でいつも笑顔で幸せそうにしている女性というのは、男性に愛されるのです。

このように、円満な関係を続けるには笑顔と感謝を忘れないようにしましょう。

6.相手を思い通りにしようとしない

心理学者ジョン・ゴットマンはアメリカでカップルカウンセリングを多数手がけていますが、「恋愛関係を妨害する4つの行為」として、批判・侮辱・防衛・妨害を挙げています。

批判と侮辱は相手を見下すことであり、防衛と妨害は相手の自由を奪い、自分の思い通りにしようとすることです。
関係が親密になってくると、時に相手を見下したり、思い通りに動かしたくなるものです。

しかし、そんな時には1度立ち止まり、相手を尊重できているかどうか、相手を思い通りに動かそうとしていないか見直すことが大切です。

7.新しい・初めての体験を共有する

恋愛関係が3年も4年も続くと、恋愛ホルモンは分泌されなくなりマンネリ化してしまうケースも少なくありません。
そんな時には、一緒に新しいことや初めての体験を共有することです。

心理学の研究では、共通のレジャー活動が多い夫婦は結婚生活の満足度が高く、離婚の危機が少なくなるというデータがあります。

新しい体験を一緒にすることで、共通の話題が増え、ドキドキ・わくわくといった恋愛初期のような気持ちを取り戻すことができます。

また、今までの習慣を変えてみるのも1つの方法です。例えば、いつも家でご飯を食べているなら、たまには外食をしてみたり、一緒に海外旅行に行ってみるなど「変化」をつけることが大切です。

さらに、マンネリ化してしまうとパートナーが浮気してしまうリスクが高くなります。

人間には、自分の知らない魅力を第三者から指摘され、「自分にはこんな一面があったんだ」と気付く「自己拡大」への欲求があります。

浮気しやすいタイプは自己拡大への欲求が強いとされており、「自己拡大」への欲求が浮気に走らせる原因となることもあります。

しかし、一緒に新しい体験を共有することで、第三者からの誘惑に免疫をつけることも可能になるのです。

以下の記事も、参考になります。

彼氏が別れを思いとどまる方法9つ|これで男性の決意が揺らぐことも…

彼氏彼女の本音を今すぐ確認するには?

復縁

このように、別れる直前のカップルには何かしらのサインが出ているものです。

とは言え、実際には彼彼女が自分との関係をどう思っているのか、もっと詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、パートナーの本音を知る方法の1つとして「占い」「スピリチュアル」があります。

占いを信じない方もいらっしゃるかと思いますが、目に見えない力(透視・波動修正など)を活用することで、相手の気付いていない本音を探ることも可能です。

 

えむえむえむえむ

実際、私は片思いを続けていて苦しかった時期に、占い師に「彼もあなたを好きだけど彼からの告白は期待しないで」と言われ、決心が付き自分から告白して付き合う事ができました。

占いには対面鑑定だけでなく、自宅で気軽に当たる占い師に占ってもらえる「電話占い」「メール占い」もあります。

ただ占いサイトの選び方を間違えるとデタラメな事を言われる事もあるので注意が必要です。

私や恋愛サイコのスタッフが利用しているのは、厳しい審査基準を満たした占い師しか所属できない業界大手の老舗「電話占いヴェルニ」です。

(体験談はこちら▶「えむえむ電話占い体験談」「うさ子メール占い体験談」)

 

今なら初回無料(最大2000円分)で占ってもらえるので、興味のある方は以下より詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※19歳以上限定

 

うさ子うさ子

無料通話分で占ってもらうには、「彼と結婚できるのはいつ?」「相手は自分に冷めてる?」など、具体的に質問したいことを決めておくことがポイントだよ!

スポンサーリンク

【結論】別れのサインは無視せず早めに対処

えむえむえむえむ

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

別れが近いカップルが出すサイン7選

1.下の名前で呼ばなくなる
2.会う頻度が減少する
3.交際期間が3年以上
4.恥じらいがなくなる
5.どちらかが相手に尽くしすぎる
6.破局に向かうコミュニケーションを取る
7.関係がマンネリ化している

彼氏彼女と別れない方法7つ

1.穏やかなスタイルのコミュニケーションを取る
2.小さな罪や欠点を許す
3.互いの友人を共有する
4.互いの公平感を保つ
5.笑顔と感謝を忘れない
6.相手を思い通りにしようとしない
7.新しい・初めての体験を共有する
うさ子うさ子

別れのサインは無視せず、早めに対処することが円満な関係を続ける為には大切だね

(※)参考文献

斎藤 勇「男女がうまくいく心理学辞典」(朝日新聞出版)
金政裕司/相馬敏彦/谷口淳一「図解 史上最強よくわかる恋愛心理学」(ナツメ社)
黒木俊秀/小野良平/「ひと目でわかる心のしくみとはたらき図鑑」(創元社)
大坊郁夫/谷口泰富/日本応用心理学会/現代社会と応用心理学〈2〉クローズアップ 恋愛(福村出版)

【無料占い】彼氏彼女の気持ちを占う

・相手は結婚を考えてる?
・相手は別れようとしてる?

などのお悩みを、電話占いヴェルニなら圧倒的な的中率を誇る占い師に相談することができます。
メール占いもあり)

◎今だけ初回無料(最大2000円分)

【初回最大10分無料】ヴェルニ詳細はこちら▶
※19歳以上限定


スポンサーリンク


こちらもおすすめです